« 覚せい剤捜査で女と知り合う 逮捕の千葉県警警部補(16日) | トップページ | 読売旅行社長ら5人書類送検 観光地写真を無断掲載容疑(16日) »

2009年12月16日 (水)

機動力で勝負? 警視庁に野球部誕生 甲子園経験も3人(16日)

警視庁に16日、野球部が誕生した。甲子園経験者3人を含む選手18人と監督の計19人の布陣。来年秋にも日本野球連盟に警察として初めて加盟し、将来は都市対抗への出場を目指す。部は機動隊に置かれ、部員は特別扱いせず、本業と両立させる。少子化で警察官の人材確保が厳しくなる中、野球部活動を呼び水に、心身ともに鍛え抜かれた優秀な人材を集めたい、との狙いもある。

 機動隊の出動服をイメージした濃紺地の胸に「警視庁」「MPD(メトロポリタン・ポリス・デパートメント)」、袖にマスコットのピーポくん――。19人は16日朝、東京・霞が関の警視庁本部で発足式に臨んだ。米村敏朗警視総監が「警視庁史に新たな一ページを刻むという誇りと自覚を持ち、フィールドでも力強く、頼もしい警視庁を体現してほしい」と激励した。

 野球部は第4機動隊(東京都立川市)の所属。選手18人は22~34歳の巡査、巡査長、巡査部長だ。このうち甲子園出場者は聖光学院(福島)のレギュラー中堅手だった巡査長(26)、控えでベンチ入りした千葉経大付属高(千葉)出身の巡査(22)と柏陵高(千葉)出身の巡査長(26)。主将の森山誠巡査長(27)は14日の初練習後、「みんなブランクがあるが、思ったより体が動いており、頼もしく思う」と話した。

 監督は日大三高(東京)のエースとして79年夏の甲子園のマウンドを踏んだ中瀬洋警部補(47)。毎晩5キロの走り込みを続けている。大学卒業後、警視庁に入り、機動隊など警備部門を長く歩んだ。「苦しい時も、野球部時代の厳しい練習で養われた体力や忍耐力で乗り切れた」と振り返る。

 警視庁では、40年ほど前までは官公庁大会に出場するためその都度臨時の野球部を編成していたが、グラウンド確保の難しさなどもあり常設されていなかった。 臼井祐一・警備部参事官は同庁の新人採用を担当する人事2課長だった4年前から野球部構想を温めていた。「少子化で優秀な人材の確保が難しい時代。高校時代に野球に打ち込み、チームワークや臨機応変に考える力を鍛えた人を積極的に採りたい」と、野球部発足の意義を話す。

 民間企業の野球部の休部が相次ぐ中、選手の「受け皿」になれる側面もある。木村隆行巡査(28)は企業のチームに練習生として入ったが、チームは解散。警視庁に入った。「一度はあきらめた野球がまたできる。うれしさでいっぱいです」  警視庁は今後、ほかにも甲子園経験者を異動させるなどし、野球部員を30人近くまで拡充する方針という。

 課題は厳しい勤務との両立と活動費の確保だ。「特別扱い」はなく、非番の日をやりくりして練習する。公費は充てられず、用具などにかかる費用は職員やOBのカンパに頼る。練習場所は自治体や企業にグラウンドを貸してもらえるよう掛け合っていくという。(渡辺丘)  

◇〈警察の運動部〉 警視庁の各機動隊には、ハンドボール、卓球、ボート、ラグビー、近代5種、フェンシング、サッカー、空手、レスリング、バスケットボール、ウエートリフティング、相撲、アメリカンフットボール、バレーボールの各部がある。このうちレスリングは五輪メダリストが輩出、フェンシングでも五輪出場選手が出ている。空手なども全国レベルとされる。大阪府警の機動隊には、トップウエストリーグAグループに所属するラグビーのほか、陸上などがある。柔・剣道は運動部の活動ではなく、職務の一環としてすべての警察官に鍛錬のため義務づけられている。http://www.asahi.com/national/update/1216/TKY200912160227_01.html Logo3_3

 

« 覚せい剤捜査で女と知り合う 逮捕の千葉県警警部補(16日) | トップページ | 読売旅行社長ら5人書類送検 観光地写真を無断掲載容疑(16日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47036861

この記事へのトラックバック一覧です: 機動力で勝負? 警視庁に野球部誕生 甲子園経験も3人(16日):

« 覚せい剤捜査で女と知り合う 逮捕の千葉県警警部補(16日) | トップページ | 読売旅行社長ら5人書類送検 観光地写真を無断掲載容疑(16日) »