« 千葉低額宿泊所暴行死:他の入所者の金銭管理 起訴の3人(21日) | トップページ | 自殺予防の街頭キャンペーン(21日) »

2009年12月21日 (月)

「押尾容疑者へMDMA譲渡した」友人の男が認める供述(21日)

元俳優の押尾学容疑者(31)が飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に合成麻薬MDMAを譲渡したとされる事件で、押尾容疑者にMDMAを譲渡した麻薬取締法違反の疑いで逮捕された友人のネット販売業、泉田勇介容疑者(31)が警視庁捜査1課の調べに対し、容疑を大筋で認める供述を始めたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 押尾容疑者はこれまでの調べに「田中さんからMDMAをもらった」などと否認を続けているが、捜査1課は泉田容疑者の供述により、押尾容疑者がMDMAを用意して田中さんに譲り渡した容疑が裏付けられるとみている。

 捜査関係者によると、押尾容疑者は泉田容疑者に「頼む」「会う」など物の受け渡しをうかがわせるメールを送り、7月31日に東京・六本木の六本木ヒルズの一室で落ち合ったとされる。泉田容疑者はこの際、押尾容疑者に相当量のMDMAを譲り渡した疑いが持たれている。

 泉田容疑者は当初、容疑を否認する供述を続けていたが、捜査1課がメールの内容について説明を求めるなど事情を聴いたところ、最近になって容疑を大筋で認める供述を始めた。

 押尾容疑者の逮捕容疑は2日後の8月2日、同じ部屋で田中さんと会った際に、このMDMAを田中さんに譲渡したとしている。田中さんは押尾容疑者と一緒にMDMAを服用した後、手をけいれんさせるなど異変を起こして急性MDMA中毒で死亡し、押尾容疑者は自ら119番通報を行わなかった。

 捜査1課は田中さんの死亡につながったMDMAを押尾容疑者が用意したことが裏付けられれば、田中さんに対する押尾容疑者の保護責任の度合いが強まるとしており、適切な救命処置を怠った保護責任者遺棄容疑でも捜査を進めている。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/338004/

 

« 千葉低額宿泊所暴行死:他の入所者の金銭管理 起訴の3人(21日) | トップページ | 自殺予防の街頭キャンペーン(21日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47074036

この記事へのトラックバック一覧です: 「押尾容疑者へMDMA譲渡した」友人の男が認める供述(21日):

« 千葉低額宿泊所暴行死:他の入所者の金銭管理 起訴の3人(21日) | トップページ | 自殺予防の街頭キャンペーン(21日) »