« 所在不明だった泉田容疑者「身辺整理…」最後は捜査員が説得(7日) | トップページ | ネット購入、代金集めず背任容疑 佐川急便元社員ら逮捕(7日) »

2009年12月 7日 (月)

「中国で指を手術」 指紋認証すり抜け入国容疑、女逮捕(7日)

入国審査時、指名手配犯や過去に強制退去処分になった外国人の指紋のデータベースと照合する指紋認証システムをすり抜け、不法に入国したとして、警視庁は、中国国籍の女の林蓉容疑者(27)=電磁的公正証書原本不実記録などの罪で起訴=を出入国管理法違反(不法入国、不法在留)の疑いで再逮捕した、と7日発表した。林容疑者は調べに「中国で130万円かけて指の手術を受けた」と容疑を認めているという。

 組織犯罪対策1課によると、林容疑者は中国国内で両手の人さし指の腹に傷をつけて指紋を変え、他人名義で旅券を取得。2008年12月7日、関西空港から不法に入国し、今年10月まで国内にいた疑いがある。林容疑者は日本人の男と偽装結婚したとして今年11月に逮捕されたが、07年3月に強制退去処分を受けていたことが判明。当時の指紋と08年12月の入国時のものが異なっていたことがわかったという。左右の人さし指の皮膚を移植したとみられる。

 法務省は07年11月、空港や港で入国を希望する外国人を対象に、機械で指紋を読み取り、データベースの指紋と照合するシステムを導入。しかし、過去に強制退去処分になった韓国人の女が指に特殊なテープを張り、同システムをくぐり抜けて再入国したとして東京入管が08年8月に強制退去処分とした。これを受け同省は今年1月から、読み取った指紋が不鮮明だった場合、入国審査官が指紋を目視するように改め、3月からは指紋を画面で確認する機器を導入した。

 法務省入国管理局によると、今年1~10月に指紋に細工をして成田や関西空港などで入国審査をすり抜けようとした中国人ら8人が窓口で見つかり、警察に不法入国容疑で告発したという。Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1207/TKY200912070150.html

 

« 所在不明だった泉田容疑者「身辺整理…」最後は捜査員が説得(7日) | トップページ | ネット購入、代金集めず背任容疑 佐川急便元社員ら逮捕(7日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46962853

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国で指を手術」 指紋認証すり抜け入国容疑、女逮捕(7日):

« 所在不明だった泉田容疑者「身辺整理…」最後は捜査員が説得(7日) | トップページ | ネット購入、代金集めず背任容疑 佐川急便元社員ら逮捕(7日) »