« 胸に刃物、女性が死亡 自殺と事件の両面で捜査 東京・目黒の民家(5日) | トップページ | 山口組対策、傘下の弘道会に照準 全国で取り締まり強化(5日) »

2009年12月 5日 (土)

出会い系解約時「有料サイト登録を」 成功報酬目的か(5日)

出会い系サイトの登録を解除する条件として、別の複数の有料サイトの契約を結ばされた――。こんな相談が関西各地の消費生活センターに寄せられ、被害は少なくとも3府県で計16件に上っている。出会い系業者は他の有料サイトの登録に誘導することで成功報酬を得ているとみられ、消費生活センターは注意を呼びかけている。

 兵庫県尼崎市内に住む20代の男性は2月、携帯電話で懸賞サイトに登録した。ところが登録した覚えはないのに、出会い系サイトから1日に約300通のメールが届くようになった。男性が出会い系サイトの管理者にメールで解除を要請すると、解除の条件として、音楽や占いなどの情報をダウンロードできる携帯有料サイト計15カ所(各月額約2千円)に登録するよう求められた。

 男性は、出会い系サイトからの大量のメールを止めたい気持ちから、業者からのメールに添付されていた15の有料サイトのアドレスをクリックし、暗証番号を入力して登録した。後日、15サイトの登録は解除できたが、1カ月分の利用料として計約3万円を請求された。

 これら15の有料サイトの利用料の回収は携帯電話会社が代行している。男性は尼崎市立消費生活センターを通じて携帯会社に掛け合ったが、会社側は「自分の意思で暗証番号を入力し登録しており、誘導された事実も確認できない」として、請求は取り下げてもらえなかった。

 この携帯電話会社や同センターでは、有料サイトの登録に誘導することで、出会い系サイト側が成功報酬を得ているとみている。同センターの担当者は「有料サイトの料金は携帯会社が一緒に回収するため、出会い系サイト側からすれば、誘導できれば確実に成功報酬が得られる仕組み」と説明する。

同様の相談は今年に入ってから少なくとも兵庫県で5件、大阪府で9件、滋賀県で1件あった。兵庫県立生活科学総合センターによると、1人で26カ所のサイトに誘導され、1カ月分の利用料として計約5万4千円の請求をされた人もいた。自分で暗証番号を入力した負い目などから泣き寝入りしている人も多いとみられ、被害は拡大している可能性が高いという。

 こうした誘導で成功報酬を得る仕組みは、ネット上で増えている「アフィリエイト広告」と呼ばれる手法に似ている。サイト管理者が商品の広告を掲載し、閲覧者がクリックして商品を購入などすれば広告主側から管理者に報酬が支払われる。

 携帯最大手のNTTドコモの広報担当者は「アフィリエイト広告の仕組みを原因とするトラブルがあるのは認識している。しかし、私たちはサイト利用料の回収を代行しているだけなので、料金については直接、有料サイトの運営会社とやりとりしてもらうのが原則だ」としている。

 一方で、半ば強制的に別の有料サイトへの登録を誘導する手口が横行しているとして、携帯各社は連名で、有料サイトの運営会社などに対し、アフィリエイト広告を出す媒体を選ぶ際の基準を厳格化するよう文書で求めている。(山崎聡)http://www.asahi.com/national/update/1205/OSK200912050078_01.html Logo3_4

 

« 胸に刃物、女性が死亡 自殺と事件の両面で捜査 東京・目黒の民家(5日) | トップページ | 山口組対策、傘下の弘道会に照準 全国で取り締まり強化(5日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事に関して詳しいブログを見つけたので紹介します。

投稿: 出会い系被害者友の会 | 2009年12月15日 (火) 午前 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46942544

この記事へのトラックバック一覧です: 出会い系解約時「有料サイト登録を」 成功報酬目的か(5日):

« 胸に刃物、女性が死亡 自殺と事件の両面で捜査 東京・目黒の民家(5日) | トップページ | 山口組対策、傘下の弘道会に照準 全国で取り締まり強化(5日) »