« 窃盗:保護観察中に逃走の男、容疑で逮捕 神奈川県警(19日) | トップページ | 犯罪見逃し防ぐための死因究明制度見直しに協力要請(19日) »

2009年12月19日 (土)

群馬・高崎市山林女性遺体事件 死体遺棄容疑で逮捕された交際相手を殺人容疑で再逮捕(19日)

群馬・高崎市の山林で女性の遺体が見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された交際相手の男が殺人の疑いで再逮捕された。
再逮捕されたのは東京・板橋区の劇作家・磯部啓之容疑者(36)。
磯部容疑者は10月5日ごろ、東京・新宿区のマンションで、交際相手の風俗店従業員・相馬 真由美さん(31)の首を手で絞め、殺害した疑いが持たれている。
磯部容疑者は、高崎市の牛伏山の山林に10月上旬、相馬さんの遺体を捨てた疑いで11月、逮捕されている。
警察によると磯部容疑者は、容疑を認め「相馬さんに、妻と別れて結婚してほしいと迫られた」などと供述しているという。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00168662.html

 

« 窃盗:保護観察中に逃走の男、容疑で逮捕 神奈川県警(19日) | トップページ | 犯罪見逃し防ぐための死因究明制度見直しに協力要請(19日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬・高崎市山林女性遺体事件 死体遺棄容疑で逮捕された交際相手を殺人容疑で再逮捕(19日):

« 窃盗:保護観察中に逃走の男、容疑で逮捕 神奈川県警(19日) | トップページ | 犯罪見逃し防ぐための死因究明制度見直しに協力要請(19日) »