« 情報提供求めるフリーダイヤル開設 島根女子学生遺棄(26日) | トップページ | 陸山会不透明会計:「資金洗浄」の疑いも…5億円移動(26日) »

2009年12月26日 (土)

警視が借金苦で自殺未遂、減給処分受け退職(26日)

佐賀県警で組織犯罪対策課長を務める50歳代の警視が、多額の借金を抱えた末に自殺未遂していたことがわかった。県警は25日、減給100分の10(1か月)の懲戒処分にし、警視は依願退職した。

 県警によると、警視は10月末、佐賀市内に止めた車内で練炭自殺を図り、一酸化炭素中毒に陥った。救急搬送されて一命を取りとめたが、その後は出勤していなかったという。

 組織犯罪対策課長は暴力団対策などの責任者で、警視は昨年3月に着任。県警監察課では「私的とはいえ、多額の借金は、公務員としてふさわしくない」と処分理由を説明している。(2009年12月26日01時32分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091226-OYT1T00103.htm

 

« 情報提供求めるフリーダイヤル開設 島根女子学生遺棄(26日) | トップページ | 陸山会不透明会計:「資金洗浄」の疑いも…5億円移動(26日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視が借金苦で自殺未遂、減給処分受け退職(26日):

« 情報提供求めるフリーダイヤル開設 島根女子学生遺棄(26日) | トップページ | 陸山会不透明会計:「資金洗浄」の疑いも…5億円移動(26日) »