« 東京湾切断遺体:海外逃亡の男に逮捕状、強盗殺人容疑(9日) | トップページ | 盗難カードでガソリン給油、転売益500万円(9日) »

2009年12月 9日 (水)

二階氏秘書を略式起訴、罰金命令 西松建設巡る献金偽装(9日)

準大手ゼネコン「西松建設」が自民党衆院議員の二階俊博・前経済産業相側への企業献金900万円を個人献金に装っていた問題で、東京地検特捜部は9日、二階氏の政策秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で東京簡裁に略式起訴した。同簡裁は政策秘書を罰金100万円とする略式命令を出した。

 政策秘書は2006~08年、二階氏が代表を務める「自民党和歌山県第三選挙区支部」への寄付の受け入れ事務を担当。3年の間に、西松建設から毎年300万円の企業献金を受けていたのに、収支報告書には同社社員60人から寄付者名を記載する必要のない各5万円以下の個人献金を受けたように装って記載した、とされる。

 この問題では、西松建設のOBが社長を務めていたコンサルタント会社が1999年に西松建設から融資を受けて、大阪市内のマンションの一室を購入。この部屋は、二階氏の実弟が関与する政治団体「関西新風会」に09年2月ごろまで年約280万円で賃貸されていた。

 問題が表面化した4月段階では政策秘書は容疑を否認したため、特捜部は偽装献金スキームへの関係者の関与の度合いなどを精査。11月末からの再聴取で政策秘書は、西松建設側と折衝し、この家賃を肩代わりする目的で同社側から支部への偽装献金を受けることを了解していたと認めた。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/1209/TKY200912090217.html

 

« 東京湾切断遺体:海外逃亡の男に逮捕状、強盗殺人容疑(9日) | トップページ | 盗難カードでガソリン給油、転売益500万円(9日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46978076

この記事へのトラックバック一覧です: 二階氏秘書を略式起訴、罰金命令 西松建設巡る献金偽装(9日):

« 東京湾切断遺体:海外逃亡の男に逮捕状、強盗殺人容疑(9日) | トップページ | 盗難カードでガソリン給油、転売益500万円(9日) »