« 工場屋根裏に寝泊り10日間 60歳女、侵入容疑再び(6日) | トップページ | 「090金融」男性、客の男が死体遺棄容疑(6日) »

2009年12月 6日 (日)

「取り調べ可視化を」菅家さんら冤罪被害者訴え(6日)

冤罪事件の被害者ら14人が参加し、捜査段階の取り調べの可視化を求める市民集会が6日、鹿児島県志布志市で開かれた。

 足利事件の菅家利和さん(63)は「自分のような被害者を出さないためにも可視化をぜひ実現してほしい」と述べ、取り調べ状況の全面的な録画・録音の必要性を訴えた。

 集会は同県弁護士会が主催。菅家さんのほか、被告全員が無罪になった鹿児島県議選公選法違反事件(志布志事件)、氷見事件(富山)、甲山事件(兵庫)、布川事件(茨城)の元被告らが出席し、約800人が耳を傾けた。

 菅家さんは「取調官から髪を引っ張られたり、けられたりしたうえに、『ばか面している』と言われた。悔しくて涙が出た」と肩を震わせた。

 また、志布志事件で「踏み字」を強要された川畑幸夫さん(64)は「密室で親や子どもの名前が書かれた紙を何度も踏まされ、精神的な苦痛を受けた。取り調べをされるまでは、警察はうそをつかないと信じていたが、裁判での警察の主張はうそで塗り固められたものだった」と語った。

 この後、志布志事件の藤山忠さん(61)が、鳩山首相らに取り調べ全面可視化などを求める要請書を出席した民主党国会議員に手渡した。(2009年12月6日21時56分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091206-OYT1T00852.htm

 

« 工場屋根裏に寝泊り10日間 60歳女、侵入容疑再び(6日) | トップページ | 「090金融」男性、客の男が死体遺棄容疑(6日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「取り調べ可視化を」菅家さんら冤罪被害者訴え(6日):

« 工場屋根裏に寝泊り10日間 60歳女、侵入容疑再び(6日) | トップページ | 「090金融」男性、客の男が死体遺棄容疑(6日) »