« 千葉大女子学生殺人、室内に衣服を燃やした跡 証拠隠滅か(9日) | トップページ | 捜査特別報奨金、愛知・蟹江の2人殺害事件も指定(9日) »

2009年12月 9日 (水)

押尾容疑者「発覚が怖かった」 119番通報の忠告聞かず(9日)

 元俳優の押尾学容疑者(31)が飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に合成麻薬MDMAを譲渡したとされる事件で、押尾容疑者がこれまでの事情聴取に、田中さんの異変後に自ら119番通報しなかった理由について「MDMAのことが発覚するのが怖かった」との趣旨の供述をしていることが8日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は押尾容疑者が薬物使用の発覚を恐れ、適切な救護措置を怠った可能性もあるとみて、保護責任者遺棄容疑でも捜査している。

関連記事

記事本文の続き 捜査1課は同日、麻薬取締法違反(譲渡)や証拠隠滅の疑いで、東京都多摩市の押尾容疑者の実家など関係先3カ所を家宅捜索した。捜査1課の調べによると、田中さんは8月2日、東京・六本木の六本木ヒルズの一室でMDMAを服用。午後6時前後に気分の不調を訴え、午後7時ごろには動かなくなったとみられる。死因は急性MDMA中毒だった。

 捜査関係者によると、押尾容疑者は午後7時ごろから、複数の関係者に電話やメールで連絡。その際、「早く救急車を呼んだほうがいい」などと忠告されたが、通報はしなかった。ネット販売業、泉田勇介容疑者(31)=麻薬取締法違反(譲渡)容疑=や、元マネジャーの遠藤亮平容疑者(28)=証拠隠滅容疑=ら4人が部屋に駆け付け、このうち知人男性が午後9時20分ごろ、通報した。

 押尾容疑者は泉田容疑者からMDMAを受け取り、田中さんに譲り渡した疑いが持たれている。しかし、捜査関係者によると、押尾容疑者は「田中さんからもらった」と供述、泉田容疑者も「渡した覚えはない」と話しているといい、それぞれが容疑を否認している。捜査1課は両容疑者の通話記録やメールのやり取りなどから、MDMAの授受があったと判断した。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/333548/

 

« 千葉大女子学生殺人、室内に衣服を燃やした跡 証拠隠滅か(9日) | トップページ | 捜査特別報奨金、愛知・蟹江の2人殺害事件も指定(9日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46975405

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾容疑者「発覚が怖かった」 119番通報の忠告聞かず(9日):

« 千葉大女子学生殺人、室内に衣服を燃やした跡 証拠隠滅か(9日) | トップページ | 捜査特別報奨金、愛知・蟹江の2人殺害事件も指定(9日) »