« 実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害'(28) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日) »

2009年12月28日 (月)

合成麻薬「押尾容疑者に頼まれ渡した」 知人の男が供述(28日)

元俳優の押尾学容疑者(31)が薬物中毒死した女性(当時30)に合成麻薬MDMAを渡したとされる事件で、知人のインターネット販売業泉田勇介容疑者(31)が警視庁の調べに「押尾容疑者から頼まれ、MDMAを渡した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 両容疑者の携帯電話に、MDMAの調達を依頼する押尾容疑者からのメールと、用意できたとの内容の泉田容疑者の返信が残っていたことも判明。同庁はこうした証拠から授受が裏づけられたとしている。

 泉田容疑者は7月31日に東京・六本木のマンションの部屋で、押尾容疑者にMDMAを譲り渡したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕された。逮捕当初は容疑を否認していた。また、押尾容疑者の逮捕容疑は、泉田容疑者からのこの譲り受けと、8月2日に同じ部屋で、死亡した女性にMDMAを譲り渡したというもの。押尾容疑者は依然否認しているという。

 捜査1課や捜査関係者によると、押尾容疑者は泉田容疑者にMDMAの調達を頼むメールを送信。泉田容疑者から7月31日、薬が用意できたことを知らせるメールが押尾容疑者に送られていた。マンションの防犯カメラには同日、両容疑者の姿が映っていたという。押尾容疑者は8月2日、部屋で女性と会い、MDMAを使用。女性はこの際死亡した。

 同課が押尾容疑者の行動を調べたところ、7月31日以降、女性と会うまでの間にMDMAを誰かに渡したり使用したりした形跡はなかった。こうしたことから同課は、押尾容疑者が、泉田容疑者から受け取ったMDMAを女性に渡したと判断している。

 また、女性の携帯電話から、押尾容疑者と交わしたメールの一部が消去されていたことがわかった。消されていたのは、8月2日午後2時15分ごろに押尾容疑者から送られた「来たらすぐいる?」と、女性からの「いる」との返信。同課はいずれも女性が自分で消したとみている。 Logo2 http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200912270228.html

 

« 実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害'(28) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47134387

この記事へのトラックバック一覧です: 合成麻薬「押尾容疑者に頼まれ渡した」 知人の男が供述(28日):

« 実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害'(28) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日) »