« 2009年12月27日 | トップページ | 2009年12月29日 »

2009年12月28日

2009年12月28日 (月)

ひったくり許さん 被害女性が取り押さえ 男「許して」(28日)

京都府警上京署によると、27日午後11時40分ごろ、京都市上京区下小川町の市道で、スナック店員の女性(26)が自転車を押して歩いていたところ、前かごに入れていた手提げかばんを自転車に乗った男にひったくられ、約400メートル追いかけて取り押さえた。追跡中に携帯電話で110番通報し、駆けつけた上京署員が窃盗の疑いで男を現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、京都市左京区岡崎天王町、無職小牧悠吉(ゆうご)容疑者(24)。追いついた女性が小牧容疑者のえり首をつかんで「返して」と言うと、「お金がなかったから。許して」と言ってかばんを渡したという。

 女性は現場近くの飲食店で酒を飲み、自転車を押して帰宅途中だったが、男を追跡中は自転車に乗っていた。道路交通法は自転車の飲酒運転を禁じている。上京署は「被害品を取り戻すための行動なので仕方ない面もあるが、年末年始は酒を飲む機会が多いので注意してほしい」と呼びかけている。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=Logo1_6

.

 .

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行(28日)

 JR埼京線の痴漢対策に防犯カメラが設置された車両が28日夕から、試験運行をスタートした。運行開始に先立ち、JR東日本はこの日、埼玉県川越市内でカメラの設置された車両を報道関係者に公開。上り線では最後尾となる車両の天井(高さ約2メートル)に取り付けられたカメラは金属製カバーで覆われており、2台で周辺2~3メートルの範囲を撮影できるという。カメラ付き車両は、1日あたりの平均で同線を5往復程度走る見込み。同社は来年1月下旬以降に、別の電車1本にもカメラ4台を設置し、効果を検証する。(2009年12月28日21時08分  読売新聞)Tit_yomiuri1http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』
flairnew【事件】
ひったくり/東村山市 栄町2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:30頃、徒歩の男による。若い感じ、160cm位、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2009-12-27 23:05:47
flairnew【不審者】公然わいせつ/東大和市 新堀3丁目の路上
○発生日時:少し前                                    留
○被害者:
○詳細:14時頃、20歳代の男による。170cm位、中肉、短髪、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2009-12-28 09:31:36
【事件】ひったくり/東村山市 栄町2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:30頃、徒歩の男による。若い感じ、160cm位、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2009-12-27 23:05:47
new【不審者】痴漢/練馬区 大泉町4丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:児童
○詳細:10時頃、男に体を触られた。不審者は、20歳代、長髪、青色っぽいYシャツ、黒色っぽいズボン、眼鏡、自転車利用。
○投稿日時2009-12-27 21:45:18

new【事件】ひったくり/武蔵野市 吉祥寺本町2丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:04時頃、シルバー色っぽいまたがり式原付バイクに乗った男による。オレンジ色っぽいジャンパー、白っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-27 08:56:25
【事件】ひったくり/杉並区 清水1丁目付近
○発生日時:本日午前
○詳細:08:20頃、30歳代の男による。紺色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン着用。
○投稿日時2009-12-27 11:08:39
【事件】ひったくり/中央区 日本橋茅場町1丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:50頃、黒っぽいスクーターに乗った2人組みの犯人による。
○投稿日時2009-12-26 22:56:04
【事件】ひったくり/大田区 本羽田2丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:09:50頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。犯人は、若い感じ、中肉、黒っぽいジャンパー、白っぽいジェット型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-26 16:25:41
【事件】ひったくり/練馬区 関町北1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:40頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-25 22:55:36
【不審者】公然わいせつ/小平市 上水南町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:16:20頃、20歳代の男による。160cm位、中肉、白色っぽいウィンドブレーカー、帽子、自転車利用。
○投稿日時2009-12-25 16:58:33
【事件】ひったくり/羽村市 緑ヶ丘5丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:08:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-25 09:06:35
【事件】ひったくり/福生市 熊川付近
○発生日時:少し前
○詳細:07:30頃、バイクに乗った男による。やせ型、黒っぽいジャンパー、色不明ヘルメット着用。
-○投稿日時2009-12-25 09:07:58
【事件】ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:18:30頃、バイクに乗った男による。小肥り、黒色っぽいジャンパー、白色っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 21:34:47
【火災】杉並区宮前4丁目 6付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:民家
○火の状態:白い煙
○消火作業:消防員消火中
○詳細:念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-24 14:34:23
【事件】ひったくり/練馬区 大泉学園町1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:12:30頃、バイクに乗った男による。黒色っぽいジャンパー、黒色っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 10:27:23
【不審者】声かけ/江戸川区南小岩3丁目 3丁目の公園
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:16時頃、自転車の男に声をかけられた。不審者は、50歳代、170cm位。
○投稿日時2009-12-23 21:52:40
【火災】中央区八丁堀4丁目 付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-23 17:19:17
【事件】ひったくり/新宿区 新宿3丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:03:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。犯人は、短髪、黒っぽいウィンドブレーカー、ノーヘル。
○投稿日時2009-12-23 10:09:23

★『横浜市』
【不審者】
声かけ/横浜市神奈川区 神奈川区神大寺
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:23日15時40分頃、神大寺付近で遊んでいた女子生徒が、後方から近づいて来た男に抱きつかれる事案が発生した。女子生徒が大声を出すと男は自転車に乗って逃走した。
男は年齢及び身長を含む身体的特徴の詳細は不明、体格中肉、濃い目の茶髪。灰色パーカーと黒縁の眼鏡を着用。一見して学生風。
○投稿日時2009-12-24 13:26:05

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

21  首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)

新手口の振り込め詐欺

【治安解説】「金を購入する代金を振り込んで欲しい」と、お年寄りにうその電話をかけ実在する貴金属販売業者の口座に現金を振り込ませたうえで、業者にも「代金が振り込まれるので金を送って欲しい」と電話をし、金をだまし取る手口の振り込め詐欺が相次ぎ、警視庁などで注意を呼びかけています=NHK

警視庁によると、東京・練馬区の70代の男性に息子を装った男から電話がかかり、「金を買おうとしたが代金を渡した知り合いが使い込んでしまったので代わりに振り込んでほしい」といわれ、男性は、指定された貴金属販売業者の口座に、1500グラムの金の代金およそ510万円を振り込んだといいます。

 新手口は、これだけではないのです。同じころ、この販売業者にも「代理の人間が代金を振り込むので金を送って欲しい」と電話をかけ、業者は男性の振り込みを確認して1キロの金を指定の私書箱に送ったというきわめて手の込んだ振り込め詐欺です。

 被害者が代金を振り込んだケースは都内で他に2件あるほか、同じような電話が各地の金の販売業者にかかっています。

 警視庁や日本金地金流通協会は、実在する業者を振り込み先にすることで信用させ金をだまし取る新たな手口の振り込め詐欺とみて注意を呼びかけています。

 「日本列島振り込め詐欺」はhttp://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

330万円ひったくられる 男は逃走 横浜(28日)

28日正午過ぎ、横浜市中区の路上で、自営業の男性(45)が現金330万円の入った手提げバッグを持って歩いていたところ、後ろから近づいてきた男に突然、バッグを奪われた。男はそのまま現場から走って逃げた。

 警察によると、男性は近くの信用金庫から現金を引き出したばかりで、ケガなどはなかった。

 男は30~40歳ぐらい、身長約175センチ、中肉で紺色の上下の作業服を着ていたという。警察では窃盗事件として、ヘリコプターなども使い、男の行方を追っている。Noimage_188x1411_2 http://www.news24.jp/articles/2009/12/28/07150594.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金川被告の死刑確定へ 土浦連続殺傷(28日)

茨城・土浦市で去年3月、通行人ら9人を殺傷したとして殺人などの罪に問われ、一審で死刑判決を受けた無職・金川真大被告(26)が28日、控訴を取り下げたことがわかった。これにより、控訴期限が切れる来月5日に一審の死刑判決が確定する。

 この事件は去年3月、土浦市のJR荒川沖駅周辺で通行人らをナイフで次々と切りつけて、会社員の男性を殺害、7人にケガをさせたほか、土浦市の民家に侵入し、72歳の男性を殺害したとして、金川被告が殺人などの罪に問われたもの。18日の一審で、金川被告に死刑判決が言い渡されていた。

 弁護人が即日控訴していたが、水戸地裁によると、金川被告自身が28日、控訴を取り下げたという。Noimage_188x1411 http://www.news24.jp/articles/2009/12/28/07150599.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

黒田容疑者:「先に店長に手出した」 傷害の容疑認める(28日)

大阪・ミナミでガールズバーの店長に重傷を負わせたとして、傷害容疑で逮捕された人気漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有(たもつ)容疑者(39)が容疑を認める供述を始めたことが28日、大阪府警への取材でわかった。一緒に逮捕された友人の会社役員、樋口勝紀容疑者(40)は認めていたが、黒田容疑者は「(樋口容疑者の)暴行を止めに入っただけだ」と否認していた。

 府警南署によると、黒田容疑者は同日朝から「店長の髪をつかんだ。店長をけったような気がする。(樋口容疑者より)先に店長に手を出した」などと供述を始めたという。

 黒田容疑者らはガールズバーの料金を巡って店長とトラブルになり、黒田容疑者が店長をけったり、髪をつかんだりするのを、複数の通行人らが目撃していた。【茶谷亮】毎日新聞 2009年12月28日 17時21分http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091229k0000m040003000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会不透明会計:石川議員立件へ 報告書記載ミス認める(28日)

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の会計処理を巡る問題で、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党の石川知裕衆院議員=北海道11区=が「政治資金収支報告書を訂正せざるを得ないミスがあったのは否定できない」と周辺に話していることが分かった。東京地検特捜部の事情聴取にも記載ミスや自らの関与を認めた模様だ。石川氏は政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で告発されており、特捜部による立件は不可避の情勢になった。

 この問題を巡っては、陸山会が04年10月に行った土地購入(代金約3億4000万円)を同年の収支報告書に記載せず翌05年に記載し、原資も不明として、石川氏らが告発されている。土地購入日の直前には、小沢氏側のプール金とみられる約5億円が小沢氏関係の五つの政治団体に分散された後、1~2日後に陸山会に集約される不透明な資金移動があったことも判明している。土地は現在、小沢氏の秘書らの寮として使われている。

 関係者によると、石川議員は周辺に、約5億円の資金移動と自らの関与を認めた上で「運転資金が足りなくなったので手持ち資金(プール金)を使った」と説明。手持ち資金の性格については「幹事長(小沢氏)としての資金」と語り、陸山会のものではなく、小沢氏の個人事務所の資金など同氏の支配下にある資金だった可能性を示唆したという。また、土地購入費について「この約5億円の中から出したもので、ゼネコンなど外部から提供されたものではない」と話し、土地購入の記載が05年にずれ込んだ点は「04年12月に(自身が)衆院選に出馬表明するなど忙しかったため」と説明しているという。小沢氏の事務所は土地購入費について「金融機関で4億円分の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で同額を借り入れて充てた」と説明していた。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091228k0000e040068000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

毛髪から覚せい剤成分 所持容疑で逮捕の千葉県警警部補(28日)

千葉県警佐倉署で薬物捜査を担当する警部補の佐藤祐介容疑者(48)が覚せい剤を隠し持っていたとして逮捕された事件で、警視庁は28日、佐藤容疑者から逮捕後に行った毛髪鑑定で覚せい剤の成分が出たと発表した。同庁は、覚せい剤使用容疑での立件を視野に調べている。

 佐藤容疑者の逮捕容疑は、知人の女(43)=覚せい剤使用容疑で逮捕=と共謀し、今月9日午前0時ごろ、同県佐倉市井野の回転すし店の駐車場に止めていた乗用車内で覚せい剤を若干量隠し持っていたというもの。女は調べに「すし店の駐車場で佐藤容疑者と一緒に覚せい剤を使った」と供述したが、逮捕した15日に佐藤容疑者の尿を検査したところ、覚せい剤成分は検出されなかった。

 捜査関係者によると、佐藤容疑者は「女と車内で一緒だったが、所持も使用もしていない」と逮捕容疑は否認しているが、「以前には何度か使用したことがある」と話しているという。覚せい剤成分は尿より毛髪の方が長期間残留するとされる。同庁は、佐藤容疑者の使用時期について裏付けを進めている。http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200912280112.html

アサヒ・コム<p>&nbsp;</p>

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車から窃盗未遂容疑で逮捕 3県で1500万被害

 山梨県警富士吉田署は28日、車上荒らしをしようとした窃盗未遂の疑いで、東京都江戸川区、中国籍の姜蛟容疑者(28)を逮捕したと発表した。

 同署によると、3~8月にかけ、神奈川、山梨、静岡の3県で計60件、約1500万円の車上荒らしの被害があり、姜容疑者らの関与を確認したという。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べでは、姜容疑者は今年8月3日夜、富士吉田市新西原の飲食店駐車場で、車の鍵をドライバーのようなもので開け、盗みをしようとした疑いが持たれている。犯行後、姜容疑者は逃走していた。Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウムも製造、高性能爆薬所持…米テロ未遂容疑者(28日)

【ニューヨーク=吉形祐司】米デトロイトの空港に着陸直前のノースウエスト航空機内で起きたテロ未遂事件で、米司法省は26日、拘束したナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ容疑者(23)を訴追した。

 連邦捜査局(FBI)によると同容疑者が所持していたのはPETNと呼ばれる高性能爆薬で、航空機爆破の意図が明確になった。

 PETNは、2001年12月にパリから米マイアミに向かっていたアメリカン航空機爆破未遂事件で、リチャード・リード受刑者(終身刑が確定)が靴底に仕込んでいた爆薬と同じ種類のもの。テロリストがプラスチック爆弾製造などによく使う爆薬で、オウム真理教も製造していた。

 FBI捜査官によると、アブドゥルムタッラブ容疑者は爆破装置を身につけて旅客機に搭乗。犯行直前には約20分間トイレに入り、座席に戻ると、腹具合が悪いと言って毛布にくるまっていた。その後、爆竹のような音と共に異臭が立ちこめ、容疑者のズボンと客室の壁に火がついた。乗客と客室乗務員が同容疑者を取り押さえ、何を持っているのか尋ねると、「爆破装置だ」と答えたという。

 FBIが犯行の動機や背後関係の捜査を進めているが、米CNNによると、アブドゥルムタッラブ容疑者の父親は最近、「息子が急進的になり、何か企てているかもしれない」として在ナイジェリア米大使館などに報告、相談していた。(2009年12月28日01時34分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091227-OYT1T00533.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

監禁の短大生に十数万要求、警官も関与か(28日)

兵庫県警芦屋署の巡査らが男子短大生を監禁し、けがを負わせたとされる事件で、無職中村昴容疑者(21)(監禁致傷容疑で逮捕)が短大生に迷惑料名目で十数万円を要求していたことが27日、わかった。

 県警は恐喝未遂容疑でも追及するとともに、同署巡査富岡龍也容疑者(21)(同)の関与についても調べる。

 捜査関係者によると、中村容疑者ら4人は22~26日、無職大森さゆり容疑者(21)(同)に悪口を言って精神的苦痛を与えたと言いがかりをつけ、短大生を神戸市東灘区のマンションに監禁。中村、大森両容疑者は24日、短大生に金銭的解決を求め、「迷惑をかけたので十数万円を支払う」と約束させたとされる。

 富岡容疑者は22日は非番で、高校の同級生だった中村容疑者のマンションへ遊びに行き、謝罪のため訪れた短大生の監禁に当初から加担。4人が交代で見張り、富岡容疑者は監視の合間に出勤し、24日は宿直勤務だったが、25、26日はマンションにいたという。(2009年12月28日03時04分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091228-OYT1T00122.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会会計問題:石川知裕衆院議員を任意聴取 東京地検(28日)

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の会計処理を巡る問題で、東京地検特捜部が会計事務担当者だった同党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=を政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で任意で事情聴取したことが関係者の話で分かった。陸山会を巡っては、小沢氏側のプール金とみられる約5億円が04年、五つの政治団体を介して陸山会側に集約されていたのに政治資金収支報告書に記載されていない疑惑が浮上。04年に購入した土地を翌年の収支報告書に記載して刑事告発された点と併せて説明を求めた模様だ。

 特捜部は既に石川議員の後任の会計事務担当者で元私設秘書を聴取していた。当時の会計責任者で小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=公判中=については、年明け以降に事情聴取し全容解明を目指す。

 関係者によると、小沢氏側のプール金とみられる約5億円は04年10月、同氏の政治団体「小沢一郎政経研究会」など5団体の口座に入り、その1~2日後、6~7回にわたって陸山会の口座に振り込まれるなどした。

 直後の10月29日、陸山会は約3億4000万円で東京都世田谷区の土地を購入。同日中に金融機関で4億円分の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で4億円を借り入れた。小沢氏の事務所は借入金を土地購入の原資と説明しているが、代金は借り入れ前に支払われた。特捜部は5団体経由の約5億円が充てられた可能性もあるとみている模様だ。石川議員は96年から小沢民主党幹事長の秘書になった。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091228k0000m040092000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母の首に包丁突きつけ殺人未遂容疑、脚本家を逮捕 東京(28日)

母親に包丁を突きつけたとして、警視庁は27日、東京都杉並区天沼3丁目、脚本家石川雅也容疑者(48)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 荻窪署によると、27日午後6時40分ごろ、同居の母親(79)から通報があり、同署員が石川容疑者宅に駆けつけると、居間で同容疑者が母親の首に包丁(刃渡り16センチ)を突きつけていた。署員の説得に応じず、「妻の連絡先を教えろ。教えなければ(母親を)殺すぞ」と脅迫。約1時間半後、署員がすきを見て取り押さえたという。

 石川容疑者は「母親と仕組んでやった」と容疑を否認しているが、母親は否定しているという。

 妻は今年夏ごろから、同署に「夫から暴力を受けている」と相談。数日前に家を出たという。

 石川容疑者は「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズなどVシネマを中心に脚本を手がけているとされる。 Logo2_3 http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200912270382.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(28日)

金の購入装う新手の詐欺 息子装い「業者口座に入金を」

Logo2_2  息子などを装った電話をかけて貴金属販売業者の口座に金(きん)の購入代金を振り込ませ、業者から金の現物を私書箱などに送らせてだまし取る事件が相次いでいる。新手の振り込め詐欺で、警察当局は、ほかの商品にも同じ手口で被害が広がるおそれがあるとして、注意を呼びかけている。

 東京都練馬区に住む70代の男性は11月、被害に遭った。警視庁捜査2課によると、手口はこうだ。息子を装った男が電話で、「金を買おうとしたが、代金を渡した人が使い込んでしまった。自分が支払わなくてはならない」と訴え、実在する貴金属販売業者の口座に代金を振り込むよう要求。男性は1回約170万円ずつ3回、計約510万円を振り込んだ。

 犯人側はこれと前後して、貴金属販売業者に「代理人が代金を振り込む」と電話し、金の購入を注文。業者は指定された私書箱に金を郵送した。1回あたりの振込額約170万円は金500グラムの代金。業者はそのうち2回分、計1キロの金を発送した。

 11月以降、都内で別の高齢の2人がそれぞれ約170万円ずつを振り込んだ。埼玉県でも同じ手口の事件が2件確認されている。東京の貴金属販売業者のほか、大阪府と兵庫県の業者が利用されたという。

 手口に共通しているのは「1回あたり500グラムの金」。犯罪収益移転防止法は、貴金属業者が200万円を超える取引をする場合、顧客の運転免許証などで本人確認を義務づけている。ある業者は「200万円以下の取引の場合、入金さえ確認されれば、電話注文だけで指定された所に金を送る」と話す。これまでは200万円を少し下回る金額で取引しており、警視庁などは、こうした制度を悪用したものとみている。

 また、私書箱は同法で利用者の本人確認などが義務づけられているが、励行しない私設私書箱業者もあり、振り込め詐欺にも悪用されている。

犯人側は手に入れた金を転売している可能性がある。金の価格は変動制で、現在1グラム3300~3500円。売る場合は運転免許証などを提示する必要があるが、都内のある質店主は「リサイクル店などでは本人確認せずに買い取るところもある」という。

 今回の被害の中には、被害者が電話で犯人に「銀行で振り込む時に振り込め詐欺ではないかと疑われないか。きちんと送金できるだろうか」と尋ね、犯人側が「金を買うと言えば大丈夫」と答えたケースもあった。捜査幹部は「従来の振り込め詐欺と違い、商品購入代金を振り込ませる形なので、被害者も金融機関側も警戒感が薄れるのではないか」と指摘する。

 貴金属販売業者などで構成する日本金地金流通協会は事件を受け、加盟店に文書で注意を呼びかけた。警察庁も全国の警察に警戒を指示した。 ◇ 金の価格は上昇が続いている。貴金属販売大手の田中貴金属工業(東京)によると、2000年11月に1グラム979円だった取引価格は、06年に2千円を突破。08年前半から3千円台で推移するなど約3倍に高騰した。

 預貯金や、国債・株式などの有価証券と違い、「実物資産」である金を保有すると、金利や配当はないが無価値になる危険性がなく、個人投資家が長期的な資産形成を狙って買う例も多い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

合成麻薬「押尾容疑者に頼まれ渡した」 知人の男が供述(28日)

元俳優の押尾学容疑者(31)が薬物中毒死した女性(当時30)に合成麻薬MDMAを渡したとされる事件で、知人のインターネット販売業泉田勇介容疑者(31)が警視庁の調べに「押尾容疑者から頼まれ、MDMAを渡した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 両容疑者の携帯電話に、MDMAの調達を依頼する押尾容疑者からのメールと、用意できたとの内容の泉田容疑者の返信が残っていたことも判明。同庁はこうした証拠から授受が裏づけられたとしている。

 泉田容疑者は7月31日に東京・六本木のマンションの部屋で、押尾容疑者にMDMAを譲り渡したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕された。逮捕当初は容疑を否認していた。また、押尾容疑者の逮捕容疑は、泉田容疑者からのこの譲り受けと、8月2日に同じ部屋で、死亡した女性にMDMAを譲り渡したというもの。押尾容疑者は依然否認しているという。

 捜査1課や捜査関係者によると、押尾容疑者は泉田容疑者にMDMAの調達を頼むメールを送信。泉田容疑者から7月31日、薬が用意できたことを知らせるメールが押尾容疑者に送られていた。マンションの防犯カメラには同日、両容疑者の姿が映っていたという。押尾容疑者は8月2日、部屋で女性と会い、MDMAを使用。女性はこの際死亡した。

 同課が押尾容疑者の行動を調べたところ、7月31日以降、女性と会うまでの間にMDMAを誰かに渡したり使用したりした形跡はなかった。こうしたことから同課は、押尾容疑者が、泉田容疑者から受け取ったMDMAを女性に渡したと判断している。

 また、女性の携帯電話から、押尾容疑者と交わしたメールの一部が消去されていたことがわかった。消されていたのは、8月2日午後2時15分ごろに押尾容疑者から送られた「来たらすぐいる?」と、女性からの「いる」との返信。同課はいずれも女性が自分で消したとみている。 Logo2 http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200912270228.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害'(28)

 「別件逮捕の容疑者が、本件の殺人事件に関与した疑いが持たれている」-。こうした共通項を抱える埼玉、鳥取両県で相次いで発覚した連続不審死事件と、千葉県松戸市の女子大生放火殺人事件をめぐり、メディアの対応が“実名か匿名か”で分かれている。「本件立件までは匿名で」「もっと本音で報道を」。知る権利と報道倫理のはざまで識者の見方も分かれる状態となっている。                  ◇ 新聞・テレビなど報道各社は、国民の「知る権利」に応える立場から、事件の容疑者を実名で報道するのが原則だ。一方で公共性や社会通念などを踏まえ、「例外的」に匿名とする場合もある。

 3事件のうち、埼玉・鳥取は「例外」のケースに当たる。在京の新聞・テレビ各社はいずれも、複数男性の不審死への関与が取りざたされている、埼玉の無職女(35)=別の窃盗事件などで逮捕=と、鳥取の元スナック従業員の女(36)=別の詐欺事件などで逮捕=について、現時点では匿名としている。

 このうち、鳥取の事件については、県警が11月に詐欺容疑で逮捕した際に、女の実名を公表して発表。毎日、読売の2紙は地域版に実名で報道したが、不審死事件との関連で報じる時点で匿名に切り替えた。産経や朝日は当初の発表時点では報じていなかったが、不審死事件の発覚以降は匿名で報道している。

 毎日は「逮捕容疑は本件(殺人)に直接つながらず、総合的に検討した結果、現時点では匿名が妥当と判断した」と説明。また、読売は「実名が原則だが、事件の経緯や捜査状況、当事者の人権などを総合的に判断し、匿名にするケースもある」と一般論で回答している。

                  ◇

 一方、「原則」と「例外」で対応が割れたのが、10月22日に発覚した千葉県松戸市の女子大生放火殺人事件だ。

 新聞では、産経、朝日、読売が、別件の強盗致傷容疑などで12月9日に竪山辰美容疑者(48)が再逮捕された前後に、相次いで実名に切り替えた。

 産経は竪山容疑者が女子大生の殺害・放火に関して事情を知っているとみて県警が捜査を本格化させていることを踏まえ、紙面で切り替え理由を説明した上で実名とした。

 朝日は「通常は実名で報じている強盗致傷容疑で新たに逮捕されたため」と説明する。

 一方、匿名としている毎日は「逮捕容疑(強盗致傷)は本件に直接つながらない」。東京も「まだ立件されていない犯罪とのかかわりにあり、被疑者の人権を不当に毀損(きそん)しないため」とした。

 在京テレビ局では、フジテレビ、TBS、日テレの3社が実名で報道している。フジテレビは(1)当局が殺人容疑での立件方針を固めたと取材で判明(2)別件の容疑も実名報道に値する-と説明している。

                  ◇

 新聞社系の週刊誌と新聞との判断も分かれている。朝日新聞出版では、週刊朝日が埼玉・鳥取の事件について初報から実名とした一方、AERAは匿名。毎日系のサンデー毎日はすべて匿名だ。

 週刊朝日では、「メディアごとに個別に判断する。特に雑誌は、発行人・編集長が最終判断し、全責任を負っている」としている。

 また、出版社系では週刊文春は埼玉の事件の初報(11月5日号)を除けば3事件ともすべて実名、週刊新潮も最初(11月12日号)から3事件とも実名だ。

 ◆ジャーナリスト・大谷昭宏氏 メディアにはそれぞれの役割、立場がある。責任を取りうる度合いで実名と匿名を使い分けるのは当然だ。殺人は裁判員裁判にかかる重罪。松戸の事件は別件自体が凶悪で実名報道すべきだが、予断を防ぐためにも、他の2件は本件立件まで匿名という選択が正しいと私は思う。官の判断に乗るのではなく、各メディアが独自に判断することが重要だ。

 ◆立教大教授・服部孝章氏(メディア法) 3事件とも、現時点での「別件報道」が社会全体の利益につながるとは思えない。本件といわれる事件と絡めて報道するなら匿名にすべきで、別件逮捕という捜査手法の是非にもつながる問題だ。犯罪の厳罰化を望む社会的風潮にメディアが乗り独自に有罪視して断罪しているが、もし間違いだったら取り返しがつかず、捜査批判もできなくなる。

 ◆「WiLL」編集長で元「週刊文春」編集長の花田紀凱氏 雑誌を「本音ジャーナリズム」とすれば新聞は「建前ジャーナリズム」。容疑者を実名報道している雑誌側から見ると、新聞などが匿名にしながら事件を事細かに報道するのは形式主義に見える。痴漢の報道なども実名と匿名の使い分けがあいまいで恣意(しい)的だ。各メディアの判断があるのは当然だが、もっと本音で報道すべきだと感じる。izaイザhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/340463/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月27日 | トップページ | 2009年12月29日 »