« 2009年12月24日 | トップページ | 2009年12月26日 »

2009年12月25日

2009年12月25日 (金)

小沢幹事長事務所に「銃弾」入り封筒(25日)

民主党の小沢一郎幹事長の議員会館の事務所に銃弾のようなものが入った封筒が届いているのが見つかり、警視庁は捜査を始めました。

 25日昼過ぎ、東京・千代田区永田町の衆議院第1議員会館にある民主党・小沢一郎幹事長の事務所に、銃弾のようなものが送りつけられているのを郵便物を整理していた秘書の男性が見つけ、警視庁に届けました。

 警視庁によりますと、ライフル銃の弾のようなものが封筒に入っていて、文書などは入っておらず、差出人も書かれていなかったということです。

 また、消印の日付は数日前で、東京23区内から発送されたとみられるということで、警視庁は脅迫などの疑いもあるとみて捜査を始めました。

 小沢幹事長をめぐっては、今月来日した中国の習近平副主席と天皇陛下との会見をめぐる一連の対応や発言について、右翼団体などが反発していたことなどから、警視庁が警備態勢を強化していました。(25日19:11) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4318104.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元警察庁長官銃撃事件 2004年に逮捕され不起訴処分となった元警視庁巡査長を再聴取(25日)

1995年、当時の警察庁長官が銃撃された事件で、2004年に逮捕され不起訴処分となったオウム真理教信者だった元警視庁巡査長の男性が、あらためて警視庁の事情聴取を受けていたことがわかった。
この事件は1995年3月、当時の国松孝次警察庁長官が自宅マンション前で銃撃されて重傷を負ったもので、警視庁公安部は、2004年に逮捕し、その後、不起訴処分になったオウム真理教信者だった元警視庁巡査長から、あらためて任意で事情を聴いたという。
これまでの調べで、元巡査長のコートや眼鏡、マスク、机などから拳銃を発砲した時に出る火薬の成分の一部が検出されたことがわかっているが、元巡査長は「コートは人に貸しただけで、自分はやっていない」と容疑を否認しているという。
公安部は、2010年3月の時効を前に、年明けにも元巡査長の立件を含め、事件の最終的な判断をする方針。
(12/25 17:58Logo1_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00169052.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査報償費:住民側逆転敗訴「非開示に違法なし」仙台高裁(25日)

宮城県警が00年度分捜査報償費の関連文書を一部非開示処分としたのは違法として、仙台市民オンブズマン(十河弘代表)が県を相手に、処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が25日、仙台高裁であった。小野貞夫裁判長は一部開示を命じた1審・仙台地裁判決を取り消し、オンブズマン側の請求を棄却した。判決は「組織的に報償費を架空支出して裏金を作った」と認める一方、「どの部分が不正支出かは特定できず、非開示処分に違法はない」とした。

 今年3月の1審判決は「架空支出があったのに調査・選別せず非開示としたのは違法」として、県警生活保安課(当時)の関連文書のうち個別支払額など一部の開示を命令。捜査員や捜査協力者の名前などは「業務の停滞につながる」として非開示を認めていた。

 小野裁判長は判決で「架空支出は原告が立証すべきで、被告に立証を求めるのは非開示情報を公にすることを強いるに等しい」と指摘し、「公開により捜査に支障が生ずる恐れがある」ことを理由とした非開示処分を認めた。オンブズマンは「原告に無理な立証責任を負わせる不当判決だ。上告する予定」とコメントした。【鈴木一也】Logo_mainichi1_6 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091226k0000m040071000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道路に紙幣100万円、ジョギングの男性「拾いました」(25日)

25日午前6時50分ごろ、茨城県常総市大崎町の市道で、近くに住むジョギング中の男性(44)から、現金約100万円を拾ったとの届け出が駐在所にあった。

 常総署によると、現金は1万円札などすべて紙幣で、道路に散らばっているのに男性が気づき、拾い集めたという。届け出を受けた同署員が調べたところ、近くの草むらなどからもさらに数万円分が見つかった。持ち主に結びつくようなものはなかったという。

 市道は車がすれ違えるくらいの幅で、朝夕を除くと交通量は少ない。同署で持ち主を捜しているが、同日夕までに遺失物の被害届は寄せられていないという。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200912250308.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・牛久の強盗致死事件、容疑の3人を不起訴(25日)

平成7年1月、ホテル兼レストラン経営、松田行雄さん=当時(68)=が茨城県牛久市南の自宅で両手を縛られて死亡した事件で、水戸地検は25日、強盗致死の疑いで逮捕された千葉県在住の70代の無職男性3人を処分保留で釈放した。

関連記事

記事本文の続き 15年の公訴時効が成立する1カ月前の今月5日、3人は茨城県警に逮捕されたが、いずれも容疑を否認していた。水戸地検は、物証が乏しく、公判の維持が困難と判断して起訴を見送った。公訴時効となる平成22年1月17日午前0時まで捜査は続行するという。

 これまでの県警の発表によると、3人は平成7年1月17日午後6時ごろ、松田さんの自宅に押し入り、松田さんの両手を針金で縛るなどの暴行を加え、腕時計(時価30万円相当)を奪った疑いが持たれていた。松田さんは暴行が原因とみられる虚血性心不全で翌18日に死亡した。

 一方、松田さんの長男、衛さん(47)は、この日、産経新聞の取材に対し「起訴して裁判になっても今のままでは無罪になる可能性もある。真相究明に向けて捜査を続けてもらえるので、満足している」と話した。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339804/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官が千葉入り 女子大生殺害現場で献花(25日)

警察庁の安藤隆春長官が25日、千葉県の警察署や防犯活動の視察に訪れた。

 安藤長官はまず、松戸市で活動する防犯ボランティア団体の活動を視察後、松戸市で10月に殺害された、荻野友花里さん=当時(21)=の殺害現場である自宅マンションを訪れ、献花を行った。

 その後は、行徳署捜査本部を訪れ、先日、殺人罪などで起訴された市橋達也被告(30)の捜査を担当した捜査員らを激励。

 視察後、安藤長官は報道陣に対し、荻野さんとリンゼイさんの事件ついて触れ、「残忍きわまりない凶悪事件と改めて感じた。被害者のご冥福(めいふく)を祈りたい。千葉だけでなく、国民の多くは不安を覚えているはずなので、松戸の件は早期解決に全力を尽くしてもらいたい」と語った。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339854/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル)

これがかつてのICPO総裁の国なの?

【治安解説】 英国人のリンゼイ・アン・ホーカーさんが他殺体で発見された事件で、殺人と21 強姦致死の罪で追起訴された市橋達也被告の弁護団が24日、千葉市内で会見を開き、起訴事実の内容があいまいで、犯行時間帯などが具体的ではないと批判。罪名について争う構えを見せたという=産経新聞電子版「イザ」

 市橋被告は、逮捕直後から食事をしないなど取り調べに拒否反応を示し、司法の手続きの流れのひとつである「取り調べ」を完全に無視していた。皆さん、これが現在の警察の取り調べ室の可視化ですよ。

 今回の事件で弁護団は、市橋被告に取調官の態度や取り調べの内容を詳細に記載するようノートを渡しており、そのノートは3冊目に入っているという。これでは、調べにならないのは誰でも分かるはずですよ。

 一方で、弁護団に対し「暴行目的で連れてきた」「騒がれたので首を絞めた」などと説明。これで裁判が開始されるわけですよ。

 どうしようもなく地検は、強姦が発端だが、一連の行為の中で殺人という犯罪が同時に行われたとする「観念的競合」があったとして「殺人」と「強姦致死」の罪で起訴している。日本の司法体系はメチャメチャですよ。

 取り調べで「自供」なんかなくても良い。取り締まり当局は、証拠を揃えて送り地検は起訴すればいい。無罪にして釈放するか否かを判断するのは裁判官だ。

 前科者を野放しにして犯罪天国になってもならなくても「裁判官しだい」…そんな世の中になるのでしょうね。

 国家公安委員に労働組合の元幹部が就任する世の中だもの。これがかつてはICPO(国際刑事警察機構)の総裁を生んだ日本国の現状とは、世界中の笑い者ですぜ。あぁ~嘆かわしい。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 「日本列島振り込め詐欺」は、ここ数日、掲載なし。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』
flairnew【事件】
ひったくり/大田区 本羽田2丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:09:50頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。犯人は、若い感じ、中肉、黒っぽいジャンパー、白っぽいジェット型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-26 16:25:41
【事件】ひったくり/練馬区 関町北1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:40頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-25 22:55:36
【不審者】公然わいせつ/小平市 上水南町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:16:20頃、20歳代の男による。160cm位、中肉、白色っぽいウィンドブレーカー、帽子、自転車利用。
○投稿日時2009-12-25 16:58:33
【事件】ひったくり/羽村市 緑ヶ丘5丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:08:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-25 09:06:35
【事件】ひったくり/福生市 熊川付近
○発生日時:少し前
○詳細:07:30頃、バイクに乗った男による。やせ型、黒っぽいジャンパー、色不明ヘルメット着用。
-○投稿日時2009-12-25 09:07:58
【事件】ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:18:30頃、バイクに乗った男による。小肥り、黒色っぽいジャンパー、白色っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 21:34:47
【火災】杉並区宮前4丁目 6付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:民家
○火の状態:白い煙
○消火作業:消防員消火中
○詳細:念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-24 14:34:23
【事件】ひったくり/練馬区 大泉学園町1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:12:30頃、バイクに乗った男による。黒色っぽいジャンパー、黒色っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 10:27:23
【不審者】声かけ/江戸川区南小岩3丁目 3丁目の公園
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:16時頃、自転車の男に声をかけられた。不審者は、50歳代、170cm位。
○投稿日時2009-12-23 21:52:40
【火災】中央区八丁堀4丁目 付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-23 17:19:17
【事件】ひったくり/新宿区 新宿3丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:03:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。犯人は、短髪、黒っぽいウィンドブレーカー、ノーヘル。
○投稿日時2009-12-23 10:09:23
【事件】強盗/豊島区 池袋4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:10頃、男2人組みによる強盗が発生。犯人A:28歳位、178cm位、黒色ジャンバー。犯人B:年齢不詳、180cm位、明るい色のジャケット着用。
○投稿日時2009-12-22 23:31:57
【不審者】痴漢/三鷹市 上連雀8丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:23:50頃、男に体を触られた。犯人の特徴は不明。
○投稿日時2009-12-22 09:44:34
【事件】ひったくり/板橋区 弥生町付近
○発生日時:昨日
○詳細:20:20頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。犯人は、中肉、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン、色不明フルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-22 09:45:42
【火災】大田区 南馬込5-17付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:集合住宅
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:周辺の方は十分注意してください!
○投稿日時2009-12-22 12:05:18
【事件】ひったくり/江戸川区 松江3丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:11:40頃、徒歩の3人組みの犯人による。うち1人は、20歳代、170cm位、中肉。
○投稿日時2009-12-21 12:00:31

★『横浜市』
【不審者】
声かけ/横浜市神奈川区 神奈川区神大寺
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:23日15時40分頃、神大寺付近で遊んでいた女子生徒が、後方から近づいて来た男に抱きつかれる事案が発生した。女子生徒が大声を出すと男は自転車に乗って逃走した。
男は年齢及び身長を含む身体的特徴の詳細は不明、体格中肉、濃い目の茶髪。灰色パーカーと黒縁の眼鏡を着用。一見して学生風。
○投稿日時2009-12-24 13:26:05

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県警少年サポートセンターを安藤長官が督励視察(25日)

静岡県警少年サポートセンターを安藤長官が督励視察少年の規範意識低下等を懸念、犯罪件数よりも傾向の直視を~

警察庁の安藤隆春長官は、静岡県警察静岡地区少年サポートセンター職員と懇談を行った。懇談の席上、安藤長官は「少年犯罪の件数は減少しているものの、それ以上に少年の規範意識や家庭の指導力も低下していると懸念される。件数よりも傾向を直視し考えていくべき」と訓示(写真)。これを受けて職員は、少年相談、街頭補導、継続補導などの活動を通じて日頃感じている少年の規範意識、保護者の養育態度などについて意見や感想を述べた。Msn_s1 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・荒川区6人死傷住宅火災 ストーブに給油の81歳男性に重過失致死傷の疑いも(25日)

東京・荒川区で24日夜、11歳の小学生の少女ら6人が死傷した住宅火災で、出火原因とみられるストーブに給油したこの家に住む81歳の男性について、警視庁は、重過失致死傷の疑いもあるとみて捜査に乗り出した。
24日午後7時前、荒川区の自営業・岩下順英さん(81)の店舗兼住宅から出火し、順英さんの妻・美恵子さん(76)と、孫の小学5年生・岩下登美(なるみ)さん(11)が死亡した。
また、順英さんの娘・公江さん(43)と孫・勝美(まさみ)さん(15)が意識不明の重体になっているほか、孫・智美さん(18)が重傷で、順英さんもやけどなどで入院している。
近所の人は「(きのう登美さん、ここで遊んでた?)遊んでた。(自分の娘と)適当に店の中で遊んでた。午後6時15分ぐらいまで。(娘が)きょうも(登美さんと)一緒に朝、学校行くって言ってたから。(帰ってから)わずか30分で(火事に)なっちゃったから」と話した。
警視庁などの調べによると、順英さんがストーブに給油したあと、こぼれた灯油を十分にふき取らなかったため、出火した可能性が高く、警視庁は、重過失致死傷の疑いで調べている。
一方、登美さんが通っていた小学校では、25日午前に終業式が行われ、登美さんらの冥福を祈った。
登美さんが通っていた小学校は、会見で「(全校児童に)登美さんが亡くなったという事実を受け止めましょうと。登美さんとの思い出を胸に1分間の黙とうをささげました」と話した。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00169029.html
Logo1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致対策本部:脱北者から聞き取りへ 民間スタッフ起用(25日)

政権交代に伴い衣替えした政府の拉致問題対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)は、国内外の脱北者からの聞き取りに乗り出す方針を固めた。中井洽・拉致問題担当相が打ち出した情報収集強化策の一環で、北朝鮮の専門家3人を民間スタッフとして起用する。

 政府は、帰国した拉致被害者や家族からの聞き取りはしていたが、国内に約180人が定住しているとされる脱北者からの聴取は積極的には行っていなかった。脱北者支援などを通じて脱北者と交流がある民間スタッフの協力を求め、「攻め」の情報収集を展開したい意向だ。

 スタッフに加わるのは、特定失踪(しっそう)者問題調査会の真鍋貞樹副代表、北朝鮮難民救援基金の加藤博理事長、米国の人権団体「北朝鮮自由連合」の山本吉国常任委員の3人。中井拉致担当相の参与としてサポートする。近く新体制による初会合を開く。北朝鮮に対する制裁のあり方や特定失踪者を拉致被害者に認定するための基準なども議論される。

 加藤理事長によると、韓国では脱北者に対し、国の施設で約1カ月にわたって聞き取りを行う一方、定住支援も実施。朝鮮労働党関係者など中枢に近い人物は、政府系研究所の職員などとして生活と安全を保障しながら情報収集をしているとされる。日本では、NGOなど民間団体が生活支援を含め担っているのが現状だという。

 加藤理事長は「まだ、協力してほしいとの打診があっただけで具体的な話はない」と説明。そのうえで「脱北者から丹念に聞き取りをし、情報の地図を作るべきだ」と話している。【長野宏美、曽田拓】Logo_mainichi1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091225k0000e040080000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑:稲川会系事務所を捜索 被害30億円(25日)

首都圏や北海道など15都道府県で総額30億円に上る盗みを繰り返していたとして、窃盗グループ約60人が逮捕された事件で、神奈川・静岡両県警などの合同・共同捜査本部は25日、リーダー格とされる男が所属していた神奈川県の指定暴力団稲川会系組事務所2カ所を関係先として、窃盗容疑で家宅捜索した。被害の一部が組へ上納された可能性もあるとみて調べている。

 捜索は約120人態勢で実施。午前10時ごろ、騒然とした雰囲気の中、捜査員が川崎市川崎区の稲川会山川一家内堀組や横浜市中区の別の組の事務所へ入った。

 捜査関係者によると、グループのリーダー格とされる同区本牧原、林俊一被告(48)=窃盗罪などで起訴=らが組の幹部を務めていたという。グループは暴力団や刑務所などで知り合ったとみられ、自動車盗や携帯電話販売店での窃盗、空き巣など計2400件近くに関与したとされる。Logo_mainichi1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20091225k0000e040078000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取不審死、草刈り機など詐取容疑で女ら再逮捕(25日)

鳥取県内で男性3人が相次いで不審死した事件で、3人と接点があった元スナックホステスの女(36)と、同居していた男(46)(いずれも詐欺罪で起訴)について、県警は25日、同県内の金物店から草刈り機など7点(計40万4000円)をだまし取ったとして、詐欺容疑で再逮捕した。同容疑での逮捕は4度目。

 県警は1月半ばまでに一連の取り込み詐欺事件の捜査を終了し、その後、10月に同市吉成の電気工事業、円山秀樹さん(当時57歳)が鳥取市の川で水死した事件で、2人を殺人容疑で立件する方針。

 発表によると、2人は8月26日と9月7日の2回、同県八頭町の金物店から、草刈り機3台や発電機2台などを詐取した疑い。いずれも、その日のうちに鳥取市内のリサイクルショップに転売していたという。(2009年12月25日16時08分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00794.htm?from=main5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

30代女性が浴室で変死…目黒のマンション(25日)

東京都目黒区下目黒のマンションで今月23日、2階の一室に住む30歳代の女性が自室浴槽内で全裸のままで死亡していたことがわかった。

 遺体発見時、玄関の鍵は開いており、警視庁は女性が何らかの事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、女性は23日、勤務先を無断欠勤したため、連絡を受けた知人が23日午前10時頃、女性方を訪ね遺体を発見した。目立った外傷はなかったが、司法解剖の結果、血液からアルコール成分が検出された。室内に争ったり、物色されたりした形跡はなかった。同庁は室内の検証を進めている。(2009年12月25日14時36分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00655.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ負け…仕送り欲しさに「恐喝あった」と110番 大学生を略式起訴(25日)

恐喝に遭った」とうその110番通報をしたなどとして、釧路区検は偽計業務妨害罪で北海道釧路市の大学3年の男(20)を釧路簡裁に略式起訴した。

 道警釧路署によると、男は「パチンコで負けて親からの仕送りがなくなってしまったため、恐喝被害を口実に再度仕送りしてもらおうと考えた」と話しているという。

 起訴状などによると、男は10月9日午後7時すぎ、「釧路町のパチンコ店駐車場で恐喝に遭い、4万円取られた」とうその110番をし、緊急配備で出動した警察官69人の本来業務を妨害したとされる。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339746/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺 12年連続3万人超える(25日)

ことしに入ってから自殺した人は11月末までにおよそ3万100人に上り、12年連続で3万人を超えたことが警察庁の調べでわかりました。

警察庁によりますと、ことしに入ってから11月末までに自殺した人は全国で3万181人に上り、平成10年以降、12年連続で3万人を超える深刻な状況が続いています。このまま増え続けた場合、去年1年間に自殺した3万2249人を上回るおそれが出ていて、過去最悪だった平成15年の3万4427人に迫るペースとなっています。

 内訳は、男性が2万1566人、女性が8615人で、都道府県別でみると、最も多いのが東京で2760人、次いで大阪が1855人、神奈川が1689人、埼玉が1654人、愛知が1508人などとなっています。警察庁は、厳しい雇用情勢などを反映して、失業や就職の失敗といった動機で自殺する人が増えているとみて、分析を進めることにしています。また、国や自治体は、これから年末にかけて自殺する人がさらに増えるおそれがあるとして、対策に力を入れることにしています。News_pic1http://www.nhk.or.jp/news/t10014653131000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強姦致傷の容疑者、時効成立の前日に逮捕(25日)

秋田県警は25日、秋田市山王7、自営業佐藤一仁容疑者(45)を強姦致傷の疑いで逮捕した。10年の公訴時効が成立する前日の逮捕で、秋田地検は同日中に強姦致傷罪で起訴する見通し。

 発表によると、佐藤容疑者は1999年12月26日午前1時頃、秋田市内の路上で、同市の女性会社員(当時25歳)に背後から近付いて「静かにしないと殺す」と脅し、両手で首を絞めるなどの暴行を加えて乱暴し、首に1週間のけがを負わせた疑い。佐藤容疑者は県警の調べに、「話したくありません」と供述しているという。

 捜査関係者によると、現場に残された遺留物と佐藤容疑者のDNA型が一致した。佐藤容疑者は今年10月13日、別の女性に対する強制わいせつ容疑で逮捕されたが、和解が成立して女性が告訴を取り下げ、不起訴となっていた。(2009年12月25日10時47分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00362.htm?from=main5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

勘違いで「赤切符」、2年で251人に 山梨県警(25日)

山梨県警が2007~08年に自動車専用道路の速度違反の取り締まりで、本来40キロ以上の速度超過違反で交付すべき交通切符(通称・赤切符)を、30キロ以上超過した運転手251人に誤って交付していたことが25日、分かった。赤切符は刑事処分の対象で、251人はすでに30日以上の免許停止処分を受けている。県警は、行政処分と違反の登録を抹消するという。

 県警によると、誤りがあったのは同県南アルプス市と中央市を結ぶ「県道韮崎櫛形豊富線(通称・新山梨環状道路)」。料金所がないことなどから、30キロ以上の超過で赤切符を交付する一般道の取り締まりと勘違いしたという。佐賀県警で今月、同様の誤りが発覚したことを受けて、調べたところ判明した。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200912250185.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

島根女子大生遺棄:複数の袋で遺体運搬か(25日)

広島県北広島町の山中で、島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった死体遺棄・損壊容疑事件で、遺棄現場周辺で見つかったプラスチック片(合成樹脂製の袋の破片)の材質は2種類あることが捜査関係者への取材で分かった。犯人が複数の袋を使って遺体を運搬した可能性が高まった。

 先月の捜索で、平岡さんの血のついたレジ袋の取っ手部分のようなプラスチック片と、電話帳配布用の袋の一部とみられるプラスチック片が見つかっていた。これらが同一の袋のものかどうかやこれ以外にプラスチック片が見つかったかどうかは分かっていないが、破片の材質は2種類と判明した。

 平岡さんの遺体各部が見つかった場所は、互いの距離が離れていることなどから、犯人は遺体を車で運び、何度か停車して別々に遺棄したとみられるが、その際、二つ以上の袋で遺体を運んだらしい。捜査本部は浜田市内のスーパーなどから多数のレジ袋の提供を受け、袋の特定を進めている。Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091225k0000e040012000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

火災:店舗兼住宅から出火、2人死亡 2人重体、2人けが--東京・荒川(25日)

24日午後6時55分ごろ東京都荒川区荒川3の毛糸店経営、岩下順英(じゅんえい)さん(81)方から出火、木造3階建て店舗兼住宅の1~2階部分計約60平方メートルを焼いた。警視庁荒川署によると、岩下さんの家族とみられる女性2人が死亡、2人が意識不明の重体で、2人が負傷した。荒川署によると、岩下さんは「ストーブに灯油を補給していたらこぼれ、ふいているうちに火が出た」と話しているという。東京消防庁と荒川署で出火原因を調べている。

 荒川署は、死亡したのは岩下さんの妻美恵子さん(76)と、岩下さんの娘公江さん(43)の三女登美(なるみ)さん(11)=小学5年=とみて確認を急いでいる。煙を吸い、一酸化炭素中毒で死亡した可能性が高いという。意識不明なのは、公江さんと次女勝美(まさみ)さん(15)=中学3年=とみられる。岩下さんと公江さんの長女で専門学校生の智美さん(18)は自力で逃げたが、やけどなどのけがをした。

 火災現場は1階が毛糸店で、奥で岩下さん夫婦が生活。2~3階は娘夫婦と孫の計5人が住んでいた。公江さんの夫で会社員の善亮(よしあき)さん(44)は仕事で外出していて無事だった。【古関俊樹、林哲平】

 ◇避難の家族「中に何人か…」

 「早く助けて」。荒川区の火災現場近くに住む飲食店従業員の男性(36)によると、自力で避難した智美さん(18)とみられる女性が顔から血を流し「助けて。呼吸が苦しい」と叫びながら走って来た。白いジャージーは真っ黒で、担架に乗せられても家族を気遣い「中に何人かいる。早く助けて」と叫んでいた。

 近所の女性(72)らによると、美恵子さん(76)は洋服や毛糸を販売するかたわら、客に頼まれると編み物を指導し「先生」と親しまれていた。十数年前に足を痛めてからは車いすで生活しており、店の前の路上で松葉づえで歩行練習をしていたという。【神澤龍二、山本太一】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091225ddm041040132000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

非出会い系サイトでも児童・生徒の犯罪被害急増(25日)

■子供に警戒心持たせ親子で使用ルールを   ゲームやプロフ(自己紹介サイト)などインターネットの一般サイト、いわゆる非出会い系サイトで児童や生徒が巻き込まれる犯罪が急増している。ゲームを楽しんでいると親が安心していたら子供は見知らぬ相手と対戦後におしゃべりし、誘い出されて被害に遭ったケースも。親子で携帯電話を持つルールを見直してみたい。(牛田久美)

 ◆女友達と思ったら   小学生女児の裸の画像などをネットに掲載したとして横浜市内の専門学校の少年(19)が今年2月、児童ポルノ禁止法違反容疑で山梨県警に逮捕された。県警によると、県内に住む女児の画像二十数枚を掲載し、不特定多数が見られるようにしたとされる。少年はゲームサイトを通じて女児と知り合い、携帯電話のメールアドレスを交換。顔写真も送らせ、「言うことを聞かないと出会い系サイトに画像を載せるぞ」と脅し、裸の画像を送らせていたという。

 このほか、別の事件では少女が「女の子の友達ができた」と喜んで駅で待ち合わせると、現れたのは男。男はネット上で女になりすましていた。少女は「知らない人にはついていかない」と幼少のころから親と約束していたが、メールで悩み相談に乗ってもらった親近感から意気投合した。しかし、性被害に遭った。ここ数年、こうした一般サイトを悪用した犯罪が急増している。警察庁などの統計によると、出会い系サイトがきっかけの被害児童(18歳未満)数を上回っている。

 ◆フィルタすり抜け   犯罪の内訳はゲームサイトが最多。プロフ、ブログ(日記風サイト)、ソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)などが続く(平成21年上半期、北海道警調べ)。ゲームサイトは、そのおもしろさから利用者が急増。ある大手サイトでは無料会員が1500万人で、全国で数千万人がゲームを楽しんでいる。こうしたゲームサイトはチャット(おしゃべり)コーナーがあり、“出会いの場”ともなっている。これを悪用するケースが増え、ゲームサイトの人気に比例するかのように、「犯罪被害が相当発生している」(捜査関係者)という。

 趣味の交流やアイドル募集などのサイトも事件に巻き込まれるケースがある。有害サイトを遮断するフィルタリング機能があるが、こうしたサイトはフィルタリングをすり抜ける。出会い系サイトに『小学6年です。2万円で』『日曜に3万円で会って』などと書き込む少女たちと異なり、犯罪の意識がまったくない少女もいつの間にか被害に遭ってしまう。

 ネット犯罪に詳しい田中博之・早稲田大学大学院教授は「犯罪のメカニズムは想像を超えるスピードで変化し、親や先生が把握して防ぐのは難しい。犯罪に巻き込まれないために、子供たちに携帯電話は便利だが危険が伴うことを教えるのが一番。警戒心を持つこと、規範の強化といった安全教育が最良の犯罪防止策」と話し、家庭で実践したいルール7カ条を提案している。

【携帯電話利用 家庭のルール7か条】

1 時間を決める(1日計1時間まで)

2 料金の支払い限度を決める

3 携帯電話を親に見せられる状態にある(監視しなくてもいいが、親が「見せて」と言ったとき通話記録やメールの内容を見せるよう話しておく)

4 学校のルールに従う

5 誰の心も傷つけない書き方を心がけ、相手や自分の命を守る

6 困ったらすぐ大人に相談する

7 約束を守れなかったら親が預かる

(田中博之著『ケータイ社会と子どもの未来』より)

 ■被害数 出会い系を上回る  警察庁によると、インターネットの一般サイトに関係した犯罪の被害児童(18歳未満)数は統計を取り始めた平成20年以降、出会い系サイトの被害児童数を上回っている。今年上半期の統計では、一般サイトでの被害児数は545人で出会い系(265人)の2倍。殺人事件は20年、21年上半期とも出会い系はなく、一般サイトがそれぞれ2人、1人だった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339658/Banner_logo_051_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年に都内で発生した強盗・窃盗などの刑法犯件数は昭和40年代の水準にまで減少(25日)

Bs200912242202_531 2009年、東京都内で発生した強盗や窃盗などの刑法犯の件数が、昭和40年代の水準にまで減少したことがわかった。
これは、警視庁の米村敏朗総監が、記者会見で明らかにしたもので、それによると、11月末までに発生した強盗や窃盗、殺人などの刑法犯の件数は、およそ18万8,000件で、「世界一安全な国」といわれた昭和40年代の水準にまで減少したという。
また、社会問題化した振り込め詐欺の被害についても、2008年の3分の1にまで減少しているという。
一方で、万引やひったくりなどについては、長引く不況を背景に増加しているということで、米村総監は「あらゆる対策を講じて、治安基盤づくりを確固たるものにしたい」と述べた。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00169003.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁、薬品の管理強化策を全国の警察に指示 対象を7品目から11品目に拡大(25日)

薬品販売業者などで購入した薬品を使って爆弾の製造を計画する事件が相次いだことを受け、警察庁は、原料となる薬品の管理強化策を全国の警察に指示した。

 爆発物の原料となる薬品をめぐっては2009年、都内の薬品販売会社と従業員が身元や使用目的などを確認せず、少年に塩素酸ナトリウムを販売したとして書類送検されたほか、2008年、手製のドラム缶爆弾を皇居の堀に投げ入れた男が逮捕されている。

 爆発物の原料となる薬品は、本来は肥料や花火の原料となるもので、薬局やインターネット上で購入できることから、警察庁が管理強化を決め、全国の警察に指示をしていた。
管理強化策では、対象となる薬品を7品目から、塩素酸ナトリウムなどを加えた11品目にしたほか、業者に販売記録の保存や本人確認の徹底を求めることにしている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会土地取引で小沢氏元秘書を任意で聴取 大久保被告は拒否(25日)

民主党小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかったとされる疑惑で、東京地検特捜部が24日、陸山会の会計事務担当だった小沢氏の元私設秘書を任意で事情聴取したことが関係者への取材で分かった。土地取引の経緯や収支報告書の作成実態などについて説明を求めたとみられる。この疑惑で小沢氏関係者の聴取が判明したのは初めて。

関連記事

記事本文の続き 聴取された元秘書は平成17~20年に陸山会の会計事務担当を務め、今年10月まで小沢氏の私設秘書だった。元秘書の前任者は、特捜部が政治資金規正法違反容疑で立件する方針を固めている民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=で、石川氏は近く任意聴取に応じる見通し。

 一方、西松建設の違法献金事件で起訴された陸山会元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=公判中=は任意聴取の要請を拒否していることが関係者の話で分かった。3人は陸山会が16年10月に購入した東京都世田谷区の土地を翌17年に購入したように収支報告書に記載したとして、規正法違反罪で告発されている。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339528/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

多島斗志之さん:手紙残して失踪…京都在住の小説家(25日)

直木賞候補にもなったミステリー小説「不思議島」などの著書がある京都市伏見区在住の小説家、多島斗志之(としゆき)=本名・鈴田恵(けい)=さん(61)が自殺をほのめかす手紙を残して行方不明になり、家族が京都府警伏見署に捜索願を出した。

 長女の河合知子さん(33)によると、多島さんは約10年前に右目を失明。12月18日、弟や河合さんに「1カ月前から左目も見えにくい。この年で両目を失明し人の手を煩わせたくない。失踪(しっそう)する」との速達が届いた。19日には「筆を置き、社会生活を終了します」と書かれた手紙が友人や出版社に届いたという。【古屋敷尚子】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091225k0000m040127000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

入浴中 5歳長男を沈める 殺害未遂容疑の母逮捕(25日)

5歳の長男を自宅の風呂の湯に沈めて殺害しようとしたとして、福岡県警は24日、北九州市八幡西区下上津役(しもこうじゃく)元町(もとまち)、店員谷崎穂菜美容疑者(25)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。長男は病院へ運ばれたが、意識はあり、命に別条はないという。

 県警八幡西署の発表によると、谷崎容疑者は24日午後8時ごろ、アパートの自宅の風呂で、入浴中の長男の頭を湯に沈めるなどして殺害しようとした疑いがある。長男がもがき苦しんだことに驚き、殺意をひるがえしたという。調べに対し「子どもが言うことをきかないので、態度に腹を立て、殺そうと思った」と供述しているという。

 同署によると、谷崎容疑者は長男と2人暮らし。自ら「子どもを湯に沈めた」と110番通報しており、警察官が駆けつけたとき、長男は泣いていたという Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1225/SEB200912240045.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋被告の弁護団「罪名は傷害致死、監禁致死や強姦」(25日)

市橋達也被告(30)の弁護団が24日記者会見し、「殺意はなく、殺人や強姦(ごうかん)致死の罪にはあたらない」とし、死亡については傷害致死や監禁致死の罪、性的暴行については強姦の罪になると主張、今後の公判で罪名を争う方針を明らかにした。

 弁護団長の菅野泰弁護士ら3人は「ホーカーさんが逃げようとしたため、(市橋被告は)声が出ないように後ろから首を絞めてしまった」などと、殺意を否定。「自宅に連れてきた直後に性的暴行に及んでおり、死亡させるまでに少なくとも十数時間ある。検察側が主張する一連の犯行とはとらえられず、別々の犯行があった」と述べた。

 取り調べに黙秘を続けていた市橋被告は、再逮捕容疑での勾留(こうりゅう)期限(今月23日)の数日前になって、接見した弁護人に「謝罪したい」と話し出した。「何についての謝罪か話す決意がないと、捜査当局も謝罪だと思わない」などと弁護人が答えたところ、22日に供述を始めたという。Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200912240434.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「覚醒剤買うため」約60件盗み 大阪府警が男を窃盗容疑で逮捕(25日)

大阪府警捜査3課と鶴見署は24日、窃盗や自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで住所不定の無職、松本恵一容疑者(33)を逮捕、送検したと発表した。

 送検容疑は今年2~6月、大阪、四條畷、寝屋川、東大阪の各市などで、マンションのベランダから室内に侵入し、現金や家電製品を盗むなど、約60件の犯行を繰り返したとしている。現金の被害は約100万円に上り、盗んだ家電などは西成区内で売りさばいていたという。 鶴見署によると、松本容疑者は「覚醒(かくせい)剤を買うために盗みを繰り返した」と供述。鶴見署は、覚せい剤取締法違反(使用)容疑でも松本容疑者を逮捕した。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339509/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

変造宝くじで男女逮捕 大阪、詐欺未遂の疑い(25日)

変造した宝くじで当せん金をだまし取ろうとしたとして、大阪府警曽根崎署は24日、変造有価証券行使と詐欺未遂容疑で、中国籍で兵庫県尼崎市西立花町、会社員、陳国清容疑者(28)ら男女2人を逮捕した。

 逮捕容疑は24日午後3時ごろ、大阪市北区の宝くじ売り場で、変造宝くじ1枚を窓口に出して10万円をだまし取ろうとしたとしている。

 曽根崎署によると、2人は「(宝くじは)拾っただけだ」などと容疑を否認している。売り場の女性が宝くじを確認したところ、数字列の一部に別の紙片が張られた変造くじと気が付いたBanner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339516/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月24日 | トップページ | 2009年12月26日 »