« 2009年12月23日 | トップページ | 2009年12月25日 »

2009年12月24日

2009年12月24日 (木)

DNA鑑定「ミス見当たらない」 足利再審で科警研所長(24日)

栃木県足利市で1990年に女児(当時4)が殺害された「足利事件」で、無期懲役刑での服役中に釈放された菅家利和さん(63)の第3回再審公判が24日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)であり、菅家さん有罪の有力証拠となったDNA型鑑定(旧鑑定)を巡り、鑑定を実施した警察庁科学警察研究所の福島弘文所長が証人尋問に出廷した。

 福島所長は「ミスは見当たらない」としながらも、「識別能力は今と比べると低く、(DNA型が一致したという鑑定は)参考程度に出すべきだった」と、当時の鑑定の精度の低さを認めた。

 11月の第2回公判では、菅家さん釈放の決め手になったDNA型再鑑定を実施した本田克也・筑波大教授が証人尋問に立ち、旧鑑定の判定写真について、「(不鮮明で)普通なら失敗とみてやり直す」との意見を述べた。本田教授は自身が旧鑑定と同じ「MCT118型」という鑑定を行った結果、旧鑑定が誤りだったと指摘している。

 この日、福島所長は「検証の結果、(旧鑑定を)否定する事情は確認できなかった」と説明。鑑定時の写真に写る試料が薄く、ゆがんでいることについては「写真ではっきり読み取れなくても、機械がネガを読み取って検出している」などと反論した。

 福島所長は逆に、本田教授の再鑑定について、複数の人のDNAが混じった試料を鑑定したと批判し、本田教授が膨大な作業が必要な鑑定方法を選択しているとして、「間違うリスクが高い」と正確性に疑問を述べた。

 菅家さんは公判で、福島所長に「謝ってほしい」と求めたが、福島所長は「(旧鑑定は)確率の低いものだったが、ミスは見当たらない」として、謝罪はしなかった。菅家さんは閉廷後「間違いを認めないのは、人間として許せない」と声を震わせた。弁護側は、本田教授の指摘が正しいことを証明するために、本田教授の再尋問を申請する方針だ。(吉永岳央) Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1224/TKY200912240367.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋容疑者逮捕 弁護団が会見、「起訴事実違う」と批判(24日)

千葉県市川市のマンションで平成19年3月、英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が他殺体で発見された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死の罪で追起訴された市橋達也被告(30)の弁護団が24日、千葉市内で会見を開いた。弁護団は、起訴事実の内容があいまいで、犯行時間帯などが具体的ではないと批判。罪名について争う構えを見せた。

 市橋被告はこれまでに、弁護団に対し「(リンゼイさんを)暴行目的で連れてきた」「騒がれたので首を絞めた」などと説明し、捜査当局にも同様の供述をしていることが分かっている。

 会見には菅野泰代表ら3人の弁護士が出席、市橋被告が供述を始めた経緯について説明した。市橋被告は起訴される数日前から「(地検などの捜査側に)謝罪がしたい」と相談していたという。弁護団は「何について謝罪するのか説明しないと(捜査側は)謝罪と思ってくれない」と助言すると、市橋被告は拘留満期前日の22日の午前中から、千葉地検での取り調べで、事件の内容を供述し始めたという。

 市橋被告が弁護団に行った説明によると、市橋被告は19年3月25日午前10時ごろ、リンゼイさんを自宅に招き入れ、すぐに両手を縛って暴行。その後、半日以上に渡り監禁した。26日の未明になり、リンゼイさんが逃げようと騒いだため、後ろから首を絞めたといい、殺意は否認した。

 地検は今回、強姦が発端だが、一連の行為の中で殺人という犯罪が同時に行われたとする「観念的競合」があったとして「殺人」と「強姦致死」の罪で起訴している。

 弁護団は「暴行行為と、リンゼイさんが死ぬまでにかなり時間があり、事件は2つに分かれる」として、「強姦」と「傷害致死」または「監禁致死」が適当と主張していく構え。今後は、2年7カ月に渡る逃走生活や逃走経路などについても話を聞いていきたいと話している。

 また、弁護団は、取り調べの過程で、担当検事らが市橋被告に複数回に渡り暴言を吐いたとして、抗議したことも明らかにした。弁護団によると、市橋被告は、逮捕された直後から差し入れられたノートに取り調べの内容を詳細に記載しており、すでにノートは3冊目に入っているという。Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339469/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

10府県で車上狙い 窃盗容疑で6人逮捕 大阪府警など(24日)

西日本を中心に10府県で車上荒らしを繰り返していたとして、大阪や兵庫、岡山の3府県警は24日、窃盗容疑などで、大阪市西淀川区の無職の男(52)=窃盗罪などで服役中=ら6人を逮捕、送検し、捜査を終えたことを明らかにした。

 府警によると、6人はグループではなく、主に単独や2人組で行動していたが、男の供述から関与した事件が次々と判明。平成19年1月からことし7月に、現金やカーナビなどを狙って計1569件、総額で約2億4800万円相当の盗みをしたとされる。

 男の逮捕容疑は20年10月、兵庫県姫路市で、駐車中の車からキャッシュカードを盗むなどしたとしている。府警によると、男は「車は貯金箱みたいなもの」と容疑を認めた。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339401/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』
flairnew【事件】
ひったくり/羽村市 緑ヶ丘5丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:08:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-25 09:06:35
flairnew【事件】ひったくり/福生市 熊川付近
○発生日時:少し前
○詳細:07:30頃、バイクに乗った男による。やせ型、黒っぽいジャンパー、色不明ヘルメット着用。
-○投稿日時2009-12-25 09:07:58
【事件】ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:18:30頃、バイクに乗った男による。小肥り、黒色っぽいジャンパー、白色っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 21:34:47
【火事】杉並区宮前4丁目 6付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:民家
○火の状態:白い煙
○消火作業:消防員消火中
○詳細:念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-24 14:34:23
【事件】ひったくり/練馬区 大泉学園町1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:12:30頃、バイクに乗った男による。黒色っぽいジャンパー、黒色っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-24 10:27:23
【不審者】声かけ/江戸川区南小岩3丁目 3丁目の公園
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:16時頃、自転車の男に声をかけられた。不審者は、50歳代、170cm位。
○投稿日時2009-12-23 21:52:40
【火災】中央区八丁堀4丁目 付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-23 17:19:17
【事件】ひったくり/新宿区 新宿3丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:03:10頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。犯人は、短髪、黒っぽいウィンドブレーカー、ノーヘル。
○投稿日時2009-12-23 10:09:23
【事件】強盗/豊島区 池袋4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:10頃、男2人組みによる強盗が発生。犯人A:28歳位、178cm位、黒色ジャンバー。犯人B:年齢不詳、180cm位、明るい色のジャケット着用。
○投稿日時2009-12-22 23:31:57
【不審者】痴漢/三鷹市 上連雀8丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:23:50頃、男に体を触られた。犯人の特徴は不明。
○投稿日時2009-12-22 09:44:34
【事件】ひったくり/板橋区 弥生町付近
○発生日時:昨日
○詳細:20:20頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。犯人は、中肉、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン、色不明フルフェイス着用。
○投稿日時2009-12-22 09:45:42
【火災】大田区 南馬込5-17付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:集合住宅
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:周辺の方は十分注意してください!
○投稿日時2009-12-22 12:05:18
【事件】ひったくり/江戸川区 松江3丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:11:40頃、徒歩の3人組みの犯人による。うち1人は、20歳代、170cm位、中肉。
○投稿日時2009-12-21 12:00:31
【火災】杉並区大宮2丁目 付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:建物
○火の状態:鎮火
○消火作業:住民消火済
○詳細:念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-20 14:29:45
【不審者】痴漢/北区 堀船2丁目の公園内
○発生日時:本日午前
○被害者:生徒
○詳細:08:40頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、短髪、黒色っぽい背広、自転車利用。
○投稿日時2009-12-20 12:21:21
【火災】足立区弘道1丁目 11番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:集合住宅
○火の状態:白い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在警察、消防が到着しましたが、念の為付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-20 12:49:21
【火災】世田谷区成城4丁目 5番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:建物
○火の状態:黒い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在消防が向かってます。念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-20 13:02:38
★『横浜市』
flairnew【不審者
】声かけ/横浜市神奈川区 神奈川区神大寺
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:23日15時40分頃、神大寺付近で遊んでいた女子生徒が、後方から近づいて来た男に抱きつかれる事案が発生した。女子生徒が大声を出すと男は自転車に乗って逃走した。
男は年齢及び身長を含む身体的特徴の詳細は不明、体格中肉、濃い目の茶髪。灰色パーカーと黒縁の眼鏡を着用。一見して学生風。
○投稿日時2009-12-24 13:26:05

【火災】横浜市青葉区荏田北1丁目 1付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:ビル/店舗
○火の状態:鎮火
○消火作業:住民消火済
○詳細:念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2009-12-20 18:53:02

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)

愛の鞭だってある

【治安解説】 取り調べの最中に男子高校生のほおを平手で叩いたとして、特別公務員暴21 行陵虐の疑いで書類送検された鳥栖警察署の巡査部長に対し、佐賀地方検察庁はこのほど、少年と親族が許してもいいと話していることなどを理由に不起訴にした。

 厳密に言えば、特別公務員暴行陵虐罪に該当するだろう。状況、特に子供の態度や言動などを知らずして論じるのは無理があるが、平手打ちの程度によっては「熱血警察官による愛の鞭」だと解釈もできる。

 街頭で悪ガキを見て注意しても、言うことを聞かなかった場合は、誰でも叩きたくなる場合だってある。それが「悪いのは悪い」と言う「躾(しつけ)」につながるものだ。この「躾」を失っているから、少年犯罪は絶えない。

 警視庁管内では、対立するグループのメンバーに集団で暴行を加え、重傷を負わせたとして、東京都江東区に住む私立通信制高校3年の男子生徒(18)ら17~19歳の少年5人が逮捕された。

 また、千葉県警木更津署は、担任の教師に暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害の疑いで、同県木更津市内の市立中学3年の少年(14)を逮捕した。

 この他にも16日夜には、埼玉県富士見市で、14歳の中学3年生が歩いていた女性のバッグをひったくったとして逮捕されている。

 これら少年はみんないわゆる〝前科者〟になるのだが、「前科」なる言葉の存在すら知らないだろうし、だから平気で犯罪を引き起こすことになる。そう言う意味で警察官を許した少年と親族は、反省があったものと解すれば、なんとなく、ほのぼのさを感じさせられる出来事ではある。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 「日本列島振り込め詐欺」は、http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リンゼイさん事件、報奨金支払い決定 1千万円を4人に(24日)

千葉県市川市で2007年に英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさんが殺害された事件で、警察庁は、市橋達也被告(30)=死体遺棄、殺人、強姦(ごうかん)致死罪で起訴=の逮捕に協力し、情報提供した4人に対し、報奨金計1千万円を支払うことを決定した、と24日発表した。受け取る4人が誰かについては明らかにしていない。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1224/TKY200912240285.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法勧誘で献金、印鑑 統一教会に9500万円賠償命令 東京地裁(24日)

違法な勧誘で献金や印鑑購入を強いられたとして、東京都世田谷区在住の世界基督教統一神霊協会(統一教会)の元信者の女性(72)が統一教会や勧誘を行った信者に計約2億2100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。中村也寸志裁判長は統一教会側に計約9500万円の賠償を命じた。

 元信者が賠償を求めたのは平成元年~9年までの献金や印鑑などの物品購入代金。

 中村裁判長は統一教会側の勧誘を「不安をあおって著しく過大な献金をさせた。原告の自由な意思決定は阻害されており、社会的に相当な範囲を逸脱する違法行為だ」と指摘した。ただ、一部の献金や物品購入については「経緯が明らかではなく、不安をあおった事情はうかがえない」などとして女性側の訴えを退けた。判決によると、女性は元年、東京・銀座の路上で身分を隠した統一教会信者に勧誘され、その後、信者として献金や印鑑の購入などを繰り返した。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/339304/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配被疑者捜査強化月間の結果まとまる(24日)

~市橋達也はじめ575人を検挙~

警察庁は、11月中(10月の準備期間を含む)に実施した「指名手配被疑者捜査強化月間」の結果をまとめた。その結果、11月10日公開捜査中の警察庁指定重要指名手配被疑者の市橋達也を大阪府警が逮捕したほか、都道府県警察指定重要指名手配被疑者など合計575人を検挙した。同庁はじめ全国の警察では、ポスター等の作成・配布や、テレビ、ラジオ、新聞などでの広報活動を強化するなど、国民からの情報提供を促進するための施策を推進した。Topbanner01logo1 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

キャバクラ店長、100万円入りバッグ奪われる(24日)

 24日午前3時頃、宇都宮市宿郷の駐車場で、近くのキャバクラ店の男性店長(28)が自分の車に乗ろうとしたところ、いきなり2人組の男にスプレーのようなものを顔に吹きかけられ、腹をけられたりして、売上金約100万円やキャッシュカードの入った手提げバッグを奪われた。男2人は走って逃げた。

 宇都宮東署で強盗事件として捜査している。発表によると、2人組はいずれも上下黒っぽい服装。1人は身長約1メートル70でニット帽をかぶっていた。もう1人は身長約1メートル75。キャバクラ店は午前2時に閉店し、店長は帰宅するところだった。(2009年12月24日10時58分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091224-OYT1T00368.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

爆弾テロ対策、薬品販売記録保存要請…警察庁(24日)

警察庁は24日、全国の警察本部に対し、爆発物の原料になり得る硝酸カリウムや塩素酸カリウムなど11種類の薬品や肥料について、薬局やホームセンターなどを巡回し、購入者の氏名など販売記録の保存を要請するよう指示した。

 来年11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を控え、爆弾テロを防ぐのが目的。インターネット上で販売する際にも、本人確認を徹底するよう求める。

 全国の警察本部は販売業者に対し、購入者の名前や住所、目的などを聞き取り、大量に買い込むなど不審に感じた場合には速やかに通報するよう要請する。市販の薬品や肥料でも混合すれば、爆弾が作れるといい、同庁で警戒を強めている。

 11種の薬品類の中には、毒劇物取締法で販売先や時期、量などを記録することが義務付けられる薬品も含まれている。同庁は「重大なテロに結びつきかねず、粘り強く説明して協力を求めたい」としている。(2009年12月24日14時39分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091224-OYT1T00638.htm?from=main5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

きっかけは… 少年グループの抗争で高校生ら逮捕 警視庁(24日)

対立するグループのメンバーに集団で暴行を加え、重傷を負わせたとして、警視庁少年事件課などは、傷害などの疑いで、東京都江東区に住む私立通信制高校3年の男子生徒(18)ら17~19歳の少年5人を逮捕した。同課によると、5人は同区を中心に活動する少年グループのメンバーで、北区の少年グループと対立し、抗争を繰り広げていた。同課はこれまでに、傷害などの疑いで江東グループの9人を逮捕。今後、新たに両グループのメンバーを傷害や強盗の疑いで逮捕する方針。

 逮捕容疑は、9月4日午前4時半ごろから4時40分ごろにかけ、北区の路上で自転車に乗って信号待ちをしていた防水工の少年(18)の頭を金属バットで殴り、倒れたところに殴るけるの暴行を加えるなどして、脳挫傷などの重傷を負わせたなどとしている。

 同課によると、同月3日夜、男女関係のもつれから江東グループが北グループを襲撃。この報復として、4日未明に北グループが江東グループのメンバーを暴行し、バイク4台と現金を奪った。さらにその後、江東グループがファミリーレストランにいた北グループを待ち伏せし、襲撃したという。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339252/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

注意した担任殴った中3生逮捕 千葉・木更津(24日)

 千葉県警木更津署は24日、担任の教師に暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害の疑いで、同県木更津市内の市立中学3年の少年(14)を逮捕した。同署の調べに対し、少年は黙ったままだが、うなずくなどして容疑を認めているという。

 同署の調べでは、少年は16日午後3時ごろ、少年が通う市立中学校体育館脇で、担任の男性教師(30)に清掃をしないことを注意されたことに腹を立て、男性教師の顔面や腹部に殴るけるなどの暴行を加え、全治一週間のけがを負わせた疑いが持たれている。

 同署は、生徒に与える影響が少ない冬休みを待って、少年を逮捕した。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339257/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤300キロ密輸の罪状認める 「香港拠点の国際組織」(24日)

 北九州市の門司港で覚醒(かくせい)剤約299キロを密輸したなどとして、覚せい剤取締法や麻薬特例法などに違反した罪に問われた会社役員の嶋田徳龍被告(41)=東京都江東区=の初公判が24日、福岡地裁(田口直樹裁判長)であり、嶋田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で、検察側は「香港を拠点とする国際的密輸組織による犯行」と指摘。「被告は遅くとも平成17年から日本での受け取りを担当。4回以上密輸した」と述べた。弁護側は「指示されただけで、日本での流通の責任者ではなかった」などと主張した。

 起訴状によると、嶋田被告は、インドネシア人の乗組員らと共謀。香港沖で、お茶の袋に詰めた覚醒剤約299キロを別の船からシエラレオネ船籍の貨物船に積み替え、20年11月に門司港から密輸。福岡県苅田町の苅田港でも19年12月、覚醒剤とみられる結晶約500キロを陸揚げしたとしている。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/339272/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組五菱会ヤミ金融事件:給付金対象は5507人(24日)

指定暴力団山口組旧五菱会系のヤミ金融事件で、東京地検は計5507人が被害回復給付金の支給対象になると裁定し、対象者に通知を始めた。被害申請総額は約161億円に上るが、スイス、米国両政府が犯罪収益として没収し、返還されたのは計約29億5000万円。これが被害額の比率に応じて分配されるため、対象者には被害額の2割弱が返還される計算となる。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091224ddm041040099000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「騒いだので口ふさいだ」市橋被告、供述始める(24日)

千葉県市川市のマンションで2007年、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で、千葉地検は23日、住所不定、無職市橋達也被告(30)(死体遺棄罪で起訴)を殺人と強姦致死

の罪で千葉地裁に追起訴した。

 黙秘していた市橋被告は、ここ数日でリンゼイさんの死亡に関与したことを認める供述を始めた。接見した弁護人によると、殺意は否認しているといい、弁護側は裁判員裁判で殺意について争う方針。

 起訴状では、市橋被告は07年3月25日頃、自宅マンションでリンゼイさんの顔を拳で何度も殴り、結束バンドや粘着テープで両手首を縛った上、殺意をもって首を絞めるなどして性的暴行を加え、リンゼイさんを窒息死させて殺害した、としている。

 地検幹部は「首を絞めた行為は、性的暴行の一部であるとともに、殺害行為でもある」と説明、一つの犯罪行為が複数の罪を構成する「観念的競合」にあたると判断した。

 同種の事例では、1人の被害者に対し、殺人罪と強制わいせつ致死罪で起訴された京都府舞鶴市の高校1年女子生徒殺害事件や広島市の小学生女児殺害事件などがある。

 一方、弁護人によると、市橋被告は07年3月25日午前10時頃、リンゼイさんを自宅に連れて行き、間もなく性的暴行を加えた。その後、米国の黒人公民権運動を指導したマーチン・ルーサー・キング牧師の演説を2人で聞くなどしていた。しかし、26日午前1時頃、リンゼイさんが騒いだため、後ろから首に腕を回し、口をふさいだところ、死亡してしまったと説明しているという。

 市橋被告は「殺すつもりはなく、人工呼吸もした」と話し、「逃亡生活の中でも謝罪の気持ちを持ち続けていた。ずっと心に重荷があった」などと話しているという。

 11月10日に大阪市内で見つかり、死体遺棄容疑で逮捕されて以来、市橋被告が黙秘を続けていたことについて、弁護人は「自分だけが話すことはリンゼイさんに対してフェアではないと思っていたようだ」と説明した。

 黙秘による公判への影響などについて弁護団で協議し、「メリットとデメリットがある」と伝えたところ、市橋被告は自ら供述することを決断したという。(2009年12月24日03時06分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取不審死 睡眠導入剤の成分一致 年明けに女聴取へ(24日)

鳥取市の川で10月に変死していた同市の電気工事業円山(まるやま)秀樹さん(当時57)から検出された睡眠導入剤が、鳥取県警が詐欺容疑で逮捕し、円山さんと金銭トラブルを抱えていた元スナック従業員の女(36)の自宅から押収された睡眠導入剤の成分と一致したことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、円山さんは殺害されたと判断しており、年明けにも立件に向けた捜査を本格化させ、女らから事情聴取する方針だ。

 県警の発表によると、円山さんは10月6日午前7時ごろ、車で自宅を出発。翌7日午後2時ごろ、自宅から約5キロ離れた同市の摩尼(まに)川で、川面に顔をつけた状態で死んでいるのが見つかった。

 捜査関係者によると、解剖の結果、円山さんの死亡推定時刻は6日午前、死因は同川の水を飲んだことによる窒息で、首の後ろに押さえつけられたような跡があった。体内から睡眠導入剤が検出されたが、円山さんはふだん同剤を服用していなかった。

 このため、県警と警察庁は薬の成分を分析。女のアパートから押収された薬と同一のものだとわかったという。

 女は当時、このアパートで、同じく詐欺容疑で逮捕、起訴された元自動車セールスマンの男(46)らと同居。女と接見した弁護士によると、女は市内の医療機関で睡眠導入剤の処方を受け、薬を手に入れていたという。

 円山さんの家族によると、円山さんはテレビなど100万円以上の商品を男女に渡したが、代金未払いでトラブルになっており、6日朝はこの代金を回収するため、男女のアパートに向かったという。また、携帯電話の通話記録から、円山さんは6日午前8時13分ごろ、女の携帯電話に連絡し、約30秒間話していたことがわかっている。

一方、県警の捜査で、円山さんの車のカーナビゲーションシステムに、最終走行ルートが記録されていたことが判明。円山さんの車は同市北部の円山さんの事務所を出発した後、男女のアパート近くに寄り、鳥取砂丘近くを通って遺体発見現場近くで止まったことがわかったという。

 こうした状況から、県警は円山さんは失跡当日、女らと会っていた可能性が高いと判断。早ければ、25日にも男女を別の詐欺容疑で逮捕し、その捜査が一段落する年明けに、男女から円山さんの事件について事情を聴く方針だ。

 また、捜査関係者によると、円山さんの車内のたばこの吸い殻から検出された唾液(だえき)のDNA型が、10月27日に男女の隣のアパートで死亡していた住人の無職田口和美さん(当時58)の型と一致したという。県警は円山さんと、田口さんの接点も調べている。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1223/OSK200912230101_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

米海軍厚木基地近くに時限式発射装置 ゲリラ未遂か(24日)

23日午前10時20分ごろ、神奈川県綾瀬市大上の米海軍厚木基地近くの雑木林で、近所の男性が金属製の飛行弾が装填された時限式発射装置2基を発見し、神奈川県警に通報した。県警によると、発射装置は基地に向けて設置されていたが、発射された形跡はなかった。県警は基地を狙った過激派によるゲリラ未遂事件とみて、爆発物取締罰則違反などの疑いで捜査している。

関連記事

記事本文の続き 県警の調べによると、発射装置は土嚢(どのう)で固定され、リード線で時限装置につながれていた。自動発火装置も見つかった。

 現場は厚木基地から北に約500メートルの地点。雑木林を管理していた男性が木の手入れをしている際、発射装置を発見した。 平成15年4月には、厚木基地に向けて飛行弾が発射されるゲリラ事件があった。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339115/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・石川議員立件へ 小沢氏団体「陸山会」土地取引 4億円以上不記載疑い(24日)

民主党小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかったとされる疑惑で、東京地検特捜部が小沢氏の元秘書で陸山会会計事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=について、政治資金規正法違反容疑で立件する方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。特捜部は石川氏から任意で事情聴取した内容を検討した上で、強制捜査か任意捜査で在宅起訴にするかの判断を下すとみられる。

関連記事

記事本文の続き 特捜部は、今年3月に西松建設をめぐる同法違反事件で起訴された小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=公判中=についても、陸山会の会計責任者として会計事務を統括する立場にあったことから、近く任意で事情聴取した上で立件の可否を検討する方針とみられる。

 関係者によると、陸山会は平成16年10月29日、東京都内の不動産会社から世田谷区の土地476平方メートルを約3億4千万円で購入。小沢氏側は土地代金の原資について「4億円の定期預金を担保に、小沢氏名義で金融機関から借り入れた4億円を充てた」と説明していた。ところが、陸山会は同月29日に金融機関から融資を受けていたものの、不動産会社に土地代金を支払ったのは、融資を受ける前だったとされる。

 陸山会の収支報告書によると、前年からの繰越金を含む16年分の「収入」は、借入金4億円を除くと約3億3千万円。土地代金と定期預金の原資には計約7億4千万円が必要で、4億円以上が簿外で調達され、収支報告書に記載されていない疑いがあるという。

 また、陸山会の口座には土地購入の直前、4億円以上の資金が小沢氏関連の複数の政治団体から入金されていたことも判明。特捜部は、この資金が土地代金や定期預金に充てられていた可能性が高いとみており、資金の原資についても解明を進めるとみられる。

 石川氏は、土地取引や、政治団体間の入金手続きを主導して実行していたとされ、収支報告書の作成業務も担当していたという。

 一方、特捜部は、小沢氏側が重機土木大手「水谷建設」から計1億円の裏献金を受けたとされる疑惑も捜査している。金銭授受の時期が土地購入の時期と重なることから、土地代金との関連についても慎重に調べを進めているもようだ。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339144/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

供述始めた市橋被告 裁判員の心証悪化避ける?(24日)

起訴直前の土壇場になって口を開き始めた市橋達也被告。供述しない被告の起訴に向け、状況証拠の積み上げに腐心してきた捜査当局の関係者は、突然、供述を始めた市橋被告の真意を測りかねている。市橋被告が裁かれる舞台は、一般市民が参加する裁判員裁判であることから、捜査関係者の中には「黙秘の継続は裁判員らの心証を悪くすると考えた市橋被告が、戦術を変更したのではないか」との憶測も聞かれた。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、逮捕当初は捜査員が投げかける雑談には答えていた市橋被告だが、その後は口数が少なくなり、時間の経過とともに取り調べ中はほとんど口を開かなくなったという。

 「しゃべらないだけでなく、態度も良くなかった。机にひじをつき、そのひじに体をもたれかけるようにしながら、捜査員の話を黙って聞いていたりしていた」と捜査幹部。

 市橋被告のこのような態度から、捜査本部では早い段階から、供述がなくても市橋被告の犯行を立証するために捜査。被告の自宅で遺体が発見された▽遺体に殺害された痕跡があった▽捜査員を見て逃走した-などの点から、「リンゼイさんが死亡した際に市橋被告が関与したことは揺るがない」とした上で、遺体や現場から得られた物証などから、リンゼイさんへの暴行、殺害についても市橋被告の犯行と認定した。

 証拠の積み上げを続け「供述の有無は関係ない」と終始余裕を見せていた捜査側だが、ここにきて市橋被告が供述をしたことに対してはとまどいの声もある。

 「黙っていても起訴されることがようやく分かり、だったら釈明しておこうと考えたのか」「黙秘は心証が悪くなるだけということに気付いたのでは。何もしゃべらないままで公判が始まれば、さらに市橋被告は追いつめられたはずだ」

 断食をするなど対決姿勢を見せていた捜査側にまで供述を始めたことで、市橋被告が、法廷の場でさらに事件について詳細に語り出すことも予想される。実際、弁護側にはすでに、かなり詳しく話し始めている。捜査幹部は「裁判になれば話すだろうというのは、想定していた」と冷静に受け止めている。

 地検は、強姦が発端だが、続く行為の中で殺人という2つ目の犯罪が同時に行われた「観念的競合」があったとして、「殺人」と「強姦致死」という2つの罪で起訴。山田賀規千葉地検次席検事は「強姦と殺害行為が一連である上、殺意がある。1つの行為が2つの罪に該当すると判断した」と説明した。

 捜査関係者も「市橋被告が法廷で語り出しても、強姦致死の部分にまで広く捜査したことで対応できる。事件の全容をより詳しく示せるので、裁判員らに事件の凶悪さも示せる」と自信を見せている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/339136/Banner_logo_051

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月23日 | トップページ | 2009年12月25日 »