« 2009年12月3日 | トップページ | 2009年12月5日 »

2009年12月4日

2009年12月 4日 (金)

宮城・白石市で1カ月余りの間に10件以上の不審火相次ぐ 街は警戒強める(4日)

宮城・白石市で、1カ月余りの間に10件以上の不審火が相次ぎ、街は警戒を強めている。
宮城・白石市で12月1日、車両火災が発生し、車から激しい炎が立ち上った。
白石市では、3日も駐車場で不審火があり、4日も車の割れたガラスや燃えがらが残っている。
白石市では、11月30日から4日連続で不審火が相次いでいる。
まさかの連続不審火に、白石市民は、「不安は不安だよね」、「立て続けもいいところだよ。とてもじゃないけど、寝られないよ」などと話した。
今週だけでなく、白石市では1カ月以上前から連続不審火が相次いでいる。
発端は、10月27日に起きた駐車場での車両火災。
そして、その現場近くでは、ちょうど3週間後の11月17日にも、同じような車両火災が発生した。
現場付近の住民は「車の不都合で燃えたのではない。外側からの火だというのは言われました。周りの人も(前回の不審火を)みんな知っていて、『火曜日だね、また』って。怖いとしか言えないです」と話した。
白石市では、3日までの1カ月余りの間に、車両が10件、物置が1件、竹やぶの一部が2件と、あわせて13件の放火とみられる不審火が起きている。
現場の多くでは、燃え残った段ボールのような紙が見つかっている。
また今回の連続不審火には、ある特徴があった。
白石市の一連の不審火は、夜中ではなく、そのほとんどが日中に起きている。
これまでの13件のうち、11件が午前9時から午後6時までの時間帯に集中している。
深夜ではなく日中に起こる不審火について、犯罪心理にくわしい作田 明氏は「たぶん火をつけ回っていること自体にそんなに罪悪感がなくて、悪いことをしているという感覚がないんですね。だから昼間でも平気で、大っぴらに行動を続けているということだと思いますね」と話した。
また、これまで土日には起きておらず、平日に集中していることも特徴。
警察は、連続放火の可能性が高いとして、捜査員を増員して警戒にあたり捜査している。
さらに、住人らも見回り活動を開始し、人目につかない裏道などを手分けして巡回している。
巡回する住民は「まだ続くんじゃないですかね。そういう不安があるから、自治会でこうやって(見回る)」と話した。
消防署のポンプ車も白石市内を巡回するなど、住人や消防によるパトロールが行われ、さらに県警は、ヘリコプターで空からも警戒を強めていた。
しかし、乗用車2台が燃えた3日の不審火は、そうした警戒のさなかに起きた。
巡回する住民は「(きのう)ヘリコプターが帰ったあとに、事件が起きたんですよ」と話した。
作田氏は「何件か続けて放火を繰り返していくという場合は、誰かに対する個人的な恨みとか、そういう可能性は非常に低いといわれていまして。ある程度の被害が出て、みんなが困っている、大騒ぎをしている。そういう社会的な話題になること自体が面白いんでしょうね」と語った。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167786.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の男、強盗で得た金で豪遊か(4日)

千葉大学女子学生殺害・放火事件。警察は、別の事件で逮捕された48歳の男が事件に関与しているとみて調べています。さらに、その後の取材で、男が強盗を繰り返して得た金をキャバクラなどで使っていた可能性があることがわかりました。

 黒く焼け焦げた窓から被害者の荻野友花里さんが使っていたとみられる食器がみえます。部屋には、ほかにも熱でゆがんだ茶碗やキティちゃんのロゴが入ったカップ、荻野さんが高校生の頃に使っていたとみられる教科書などが残されていたといいます。

 警察は、こうした遺品の一部も捜査のために保管していましたが、今月半ばの四十九日までには両親に返還したいとしています。「公開された画像の男は自分だ。現金を引き出したのも自分だ」。荻野さんのキャッシュカードを使ったのは「自分だ」と供述した48歳の男。しかし、男はカードについて「拾った」などと説明をしているといいます。

 この男が、荻野さんの事件のおよそ1週間前の10月13日、滞在していた東京・荒川区のサウナ店近くのキャバクラを訪れていたことがわかりました。「オープン(開店)と同時にラスト(閉店)まで」(店の関係者) 男は一晩で、およそ10万円も使っていたといいます。

 「(Q.店ではいくら使った?)9万4600円。『どの辺りで飲むのか』と聞いたら、フィリピン人や中国人の店、上野の方だと言っていた。17、8万円は使うと言っていた」(店の関係者)

 男は今年9月に刑務所を出所後、職に就いた形跡はありませんが、現金で支払いを済ませたといいます。「金は持ってなさそうな雰囲気だった。外見から。ちゃんと最後には払ってくれたが」(キャバクラの店長)

 男は、どこから金を得ていたのでしょうか。男は現在、先月2日に起きた強盗強姦未遂事件で逮捕されていますが、警察は週明けにも別の強盗事件で再逮捕する方針です。

 警察は、男が強盗を繰り返して得た金をキャバクラなどで使っていた可能性があるとみて調べるとともに、今後、荻野さん事件への関与についても慎重に調べる方針です。Logo2http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4300786.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「取り調べ可視化は疑問」と前警察庁長官・吉村博人氏(4日)

Crm0912042005018s11 大阪「正論」懇話会の第17回講演会が4日、大阪市北区ウェスティンホテル大阪で開かれ、前警察庁長官の吉村博人氏が「日本の治安」と題して講演した=写真。吉村氏は、取り調べの可視化について「富山、鹿児島で起きた冤罪(えんざい)事件を踏まえ、問題の起きないような仕組みをつくってきた。そうした部分を抜きに、透明性を高めればよいという問題ではない」と述べ、導入に疑義を呈した。

 吉村氏は、地政学的にロシア、中国、北朝鮮といった国々に囲まれる日本の置かれた厳しい状況に触れ、「日本も永久に国際テロと無縁とは思われない」として、情報収集活動の重要性を訴えた。

 また、現在の警察を取り巻く状況として、公務執行妨害が増える一方、国民の間で何でも警察に頼る風潮が出ていると指摘。「今は不作為が責められる時代。現場の警察官も何をすればいいか、判断が難しい時代だ」と話した。Banner_logo_051_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091204/crm0912042005018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安2

首都東京体感治安(4、5日 単位・レベル)

警視庁からのお知らせ

【治安解説】 年末は、経済活動が活発になり、慌しくなることから、金融機関等を対象と21 した強盗をはじめ、ひったくりや置引き、空き巣などの多発が予想されます。「まさか自分は被害にあわないだろう」という油断は禁物です。

 ○ひったくりにあわないために・バイク音がしたら振り向いて確認しよう・バック、カバンは建物側に持とう・自転車のカゴには防犯ネットを付けよう

 ○置引きにあわないために・大切な荷物は手や身体から絶対に離さない○空き巣にあわないために・防犯性に優れた錠で、こまめな施錠を・ワンドアツーロック・お出かけ前には、ご近所にひと声かけて
 ■気を引き締めて防犯につとめましょう。“わが街をみんなで守ろう年の暮れ”=警視庁ニュースBaner011

★平成21年12月11日(金)から平成21年12月17日(木)までの間、《イベント情報》平成21年12月11日(金) 17時から
都庁都民広場において、ピーポくんと女優の米倉涼子
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」は道具屋検挙http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』
flairnew【不審者】
声かけ/東村山市 萩山町5丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:生徒
○詳細:18:30頃、自転車に乗った男による。50歳代、ベージュ色っぽいジャンパー。
○投稿日時2009-12-04 21:31:59
flairnew【事件】ひったくり/練馬区 小竹町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:20頃、バイクに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいヘルメット。
○投稿日時2009-12-04 18:19:53
flairnew【事件】ひったくり/足立区 関原3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:15:50頃、黒っぽいまたがり式オートバイに乗った男による。若い感じ、中肉、黒っぽい服、黒っぽいズボン、ノーヘル。
○投稿日時2009-12-04 17:18:53
【不審者】声かけ/青梅市 新町5丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:児童
○詳細:15時頃、若い感じの男による。160cm位、小肥り、緑色っぽいトレーナー、徒歩。
○投稿日時2009-12-04 11:05:16
【事件】ひったくり/練馬区 大泉学園町3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:11時頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。若い感じ、がっちり型、白っぽいTシャツ、黒っぽいズボン、黄色っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-12-04 12:27:02
【不審者】公然わいせつ/渋谷区 幡ヶ谷3丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:08:10頃、30歳代の男による。無精ひげ、ベージュ色っぽいズボン着用。
○投稿日時
【不審者】つきまとい/あきる野市 五日市の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:17時頃、30歳代の男による。170cm位、マスク、徒歩。
○投稿日時2009-12-03 20:58:50
【不審者】痴漢/板橋区 板橋3丁目の公園内
○発生日時:おととい以前
○被害者:児童
○詳細:1日15時頃、男に体を触られた。犯人は、60歳代、黒色っぽい上衣、黒っぽいズボン、帽子着用。
○投稿日時2009-12-03 11:56:02
【事件】強盗/港区 東新橋1丁目付近の飲食店
○発生日時:本日早朝
○詳細:04:50頃、刃物を持った男が押し入り、現金を奪い逃走。情報があれば警察へ。
○投稿日時2009-12-02 10:04:54
【事件】ひったくり/八王子市 楢原町付近
○発生日時:本日午後
○詳細:17:40頃、自転車に乗った男による。20歳代、170cm位、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2009-12-01 22:27:53
【不審者】公然わいせつ/品川区 東品川4丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:
○詳細:08:10頃、40歳代の男による。170cm位、中肉、会社員風、徒歩。
○投稿日時2009-12-01 17:53:50
【事件】ひったくり/荒川区 荒川4丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:10頃、黒っぽいまたがり式オートバイに乗った男による。若い感じ、黒っぽい服、グレー色っぽいズボン。
○投稿日時2009-12-01 17:56:00
【不審者】公然わいせつ/練馬区 大泉学園町6丁目の公園内
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:11時頃、自転車に乗った男による。70歳代、170cm位、黒色っぽいコート、ベージュ色っぽいズボン、帽子、眼鏡。
○投稿日時2009-12-01 13:41:46
【不審者】声かけ/西多摩郡瑞穂町 石畑の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:08:30頃、20歳代の男による。170cm位、小肥り、紺色っぽい作業衣、紺色っぽい作業ズボン、徒歩
○投稿日時2009-12-01 10:31:45
【事件】ひったくり/足立区 綾瀬7丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:30頃、30歳代の男による。160cm位、中肉、短髪、黒色っぽいジャージ、黒色っぽいズボン、シルバー色自転車利用。
○投稿日時2009-12-01 00:01:12
【不審者】声かけ/羽村市 川崎4丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:20:40頃、30歳代の男による。160cm位、白色っぽい作業衣、白色っぽい作業ズボン着用。
○投稿日時2009-11-30 22:42:08
【不審者】公然わいせつ/東大和市 新堀1丁目の公園内
○発生日時:本日午後
○被害者:
○詳細:15:50頃、30歳代の男による。170cm位、やせ型、紫色っぽいジャンパー、紺色っぽいジーパン、自転車利用。
○投稿日時2009-11-30 21:33:29
【不審者】声かけ/板橋区 小豆沢3丁目の公園内
○発生日時:本日午前
○被害者:生徒
○詳細:07:40頃、20歳代の男による。160cm位、やせ型、黒色っぽいジャンパー、色不明ズボン、マスク、徒歩。
○投稿日時2009-11-30 11:03:54

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

続きを読む "警視庁管内体感治安2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(15)最終回

  ★現場に立ち会えないイライラ

Dvc00184   昭和四十七年七月に「日本列島改造論」を引っさげて田中角栄が総理大臣に就任した。改造論とは、日本列島に高速道路と新幹線をつくり地方の活性化を図ろうというもので、この結果、空前の土地ブームに沸いた。

 だか、この影響で物価が高騰したばかりか第四次中東戦争の影響も絡み、第一次オイルショックへと繋がり、原油価格に関係ないトイレットペーパーや洗剤などの買い占め騒動へと発展した。
 こうして高度経済成長は四十九年に終焉を迎え、田中首相も金脈問題で首相の座を追われることになる。

 経済の悪化に加えて日本を震撼させる事件が起きたのは四十九年八月。首都東京のど真ん中で日本経済の中枢を占める大企業が集中する丸の内で爆弾事件が発生した。三菱重工爆破事件で同様の事件はさらに拡大。三井物産や大成建設など次々に大企業を対象にした爆弾事件が続発。激動の時代を迎えることになる。

 この連続企業爆破事件で警視庁が犯行グループの東アジア反日武装戦線を一斉逮捕したのが昭和五十年五月十九日だった。そして翌年二月にロッキード事件が発覚した。
 この年の五年前の四十五年、政府は国産旅客機の「YS11」の生産中止を決定した。政財界は次期旅客機を巡る動きが活発化していた。ロッキード事件はこうした社会背景の落とし子とみられている。

 このロッキード事件の最中の三月二日朝、今度は札幌市中央区の北海道庁一階ロビーで爆発事件が発生。二人が死亡八十五人が負傷した。北海道警は時限爆弾による爆破事件と断定した。この日の午後には同市内のコインロッカーから犯行声明文が発見された。声明文には「東アジア反日武装戦線」の名が記されていた。

  道警公安部はこの事件を、連続企業爆破事件で逮捕された大道寺将司の爆弾教本「腹腹時計」に理論に同調した信奉者による犯行との見方を示した。
 大道寺逮捕の現場を見ている私にとって北海道庁爆破事件は、身震いする思いだが身体はひとつしかなく現場を踏むことはできなかった。

 ところが、そんな思いを吹き飛ばす事件がなんと児玉邸で発生した。二十三日午前九時五十分ころ、児玉邸に飛行機が突入したと言うのだ。この日の私の出勤時間は午前十時で出社して間もなくだった。

 「児玉邸で何かが爆発した」の第一報が無線で飛び込んだ。張り番のカメラマンが無線で興奮していた。「デスクの指示が出るのを待っていては時間の無駄だ」と私はカメラを持って地下の自動車課へ。例によって緊急出動用の車両で現場に向かった。

   しかし、現場に到着した時には既に取材は終わっていた。というのは邸内への立入ができないのである。突っ込んだのは小型の飛行機で、犯人は映画俳優。またも現場取材を逃してしまった。
 

 

続きを読む "連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(15)最終回"

| コメント (0) | トラックバック (0)

アリコ情報流出:捜査難航、日本経由せず不正接続(4日)

外資系生命保険大手「アリコジャパン」の契約者のクレジットカード情報が大量に流出した事件で、警視庁が国境をまたぐサイバー事件捜査の難しさに直面している。流出したデータは、ア社が業務委託した中国企業の社員が米国のホストコンピューターに接続して抜き取った可能性が高く、不正行為が日本を経由せず実行されたためだ。捜査幹部は「被害者は国内にいるのに、流出源に手が出せないのは悔しい」と話す。ア社は中国の捜査当局への刑事告訴を検討している。【古関俊樹、町田徳丈】

 捜査関係者やアリコによると、データを流出させた疑いが持たれているのは、システム開発業務を委託されていた中国企業の男性社員。顧客情報にアクセスできる権限が与えられていたが、昨年3月ごろ、社員本人のIDでホストコンピューターに不自然にアクセスした形跡が複数回あったという。捜査が困難になったのは、ホストコンピューターが海外に設置されていたためだ。

 同種の事件で、犯人が他人のIDから国内のコンピューターに接続していれば、海外在住の外国人でも、現地の警察当局に協力を求めるなどして不正アクセス禁止法で捜査できる。また犯人が日本人の場合、抜き出したデータをCDなどの記録媒体に複写して持ち出す窃盗行為があれば、海外で犯罪に関与した日本人を処罰する国外犯規定が適用できる。だが今回の事件は、データを抜き取ったとされる社員は中国人であるうえ、自分のIDで米国のコンピューターに接続していた。

 ◇中国で告訴へ

 こうした事情で日本国内での捜査が困難なことから、ア社は年内にも、中国捜査当局に告訴する方向で調整しているが、社内調査にこの社員は関与を否定しているという。一方、流出した約3万2000人分のカード情報は何らかの経緯で第三者に渡った可能性が高く、カード番号と有効期限のデータを悪用したネットショッピングなどの被害は6381件(11月26日現在)に上っている。

 ア社の説明では、契約するカード会社が不正利用に気付いたため契約者に金銭被害は出ていないという。だが警視庁は、カードの名義人になりすまして買い物をする行為は詐欺容疑に当たるとして、データを悪用した犯人の特定を進めている。

 ◇海外サーバー悪用増加

 インターネットにはんらんする児童ポルノやわいせつ画像の取り締まりを巡っても、データが海外のサーバーで管理されている場合、捜査は難航する。警視庁と福岡県警の合同捜査本部が今年1~2月に児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)の疑いで逮捕したグループは、わいせつ動画の有料配信サイトを中国の香港で運営し、データは米国で管理していた。通常なら捜査照会などに手間が掛かり摘発しにくいケースだったが、グループが福岡市内の事務所にバックアップ用データを保管、逮捕にこぎつけた。

 有害情報の通報を受理する「インターネット・ホットラインセンター」(東京都港区)によると、08年に受理したわいせつ画像などの違法情報は1万4211件で、3割以上が海外サーバーに保管された情報だった。http://mainichi.jp/select/today/news/20091204k0000e040102000c.htmlLogo_mainichi1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生体認証破り、初摘発へ…指紋変造で入国容疑(4日)

強制退去処分を受けた中国人の女が、指紋を変えて入国審査時のバイオ(生体)認証をくぐり抜け、昨年12月に再入国していたとして、警視庁は近く、この女を入管難民法違反(不法入国)容疑で逮捕する。

 バイオ認証を巡っては今年1月、韓国人の女が特殊なテープで指紋を変造して入国していたことが判明。入管当局はこれを機に、指紋をスキャナーで読み取る精度をあげるなどの対策を取っているが、それ以前の不法入国が再び発覚したことで、対策実施前に、ほかにも類似の不法入国がなかったか検証を迫られるのは必至だ。入管当局によると、バイオ認証を通過した不法入国者が警察に摘発されるのは初めて。

 捜査関係者によると、同法違反の疑いが持たれているのは、別の事件で先月、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された林蓉容疑者(27)。日本人の清掃員の男(59)との婚姻を理由にビザを取得した上で、来日前に中国国内で指先の表皮を手術するなどして指紋を変え、昨年12月、偽名で取得したパスポートを使って関西空港の入国審査場のバイオ認証を通過、不法に入国した疑いが持たれている。

 先月、警視庁が中国人らによる偽装結婚事件を摘発した際、清掃員の男と結婚したはずの林容疑者が別の中国人の男(26)と暮らしていたことがわかり、同庁は、林容疑者を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕。

 取り調べの過程で、林容疑者が2007年3月、就労ビザが切れた後も東京・赤坂の飲食店でホステスとして働いていたとして強制退去処分となり、中国に送還されていたことが判明。林容疑者の両手の人さし指の中央部には、指紋の模様を分断した不自然な傷が残っており、同庁で入国審査の状況を調べたところ、バイオ認証で、強制退去時に採取された指紋と一致せず、「別人」と判定されていたことが判明した。林容疑者は取り調べに対し、指紋を細工したことを否定しているという。

 ◆バイオ認証=全国の空港などの入国審査場で、入国を希望する外国人の両手の人さし指の指紋をスキャナーで読み取り、国内外の指名手配犯や過去に強制退去処分を受けた人物の指紋のデータベースに接続して照合する制度。テロ対策として2007年11月に導入され、昨年11月までの1年間で846人が入国を拒否されている。(2009年12月4日14時34分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091204-OYT1T00782.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

比女性入国巡り580万円余収賄容疑 東京入管職員逮捕(4日)

フィリピン人女性らの入国審査で便宜を図る見返りに現金580万円を受け取ったとして、警視庁は4日、東京入国管理局成田空港支局統括審査官の小倉征史容疑者(54)=東京都新宿区四谷4丁目=を収賄容疑で逮捕した。芸能プロモーターで東京都渋谷区の会社社長伊東信悟容疑者(46)=杉並区高井戸東1丁目=も贈賄容疑で逮捕した。同庁は、両容疑者とも容疑を認めているとしている。

 興行ビザ(査証)の発給が2005年以降厳格化され、フィリピン人ダンサーの来日が困難になったことが事件の背景にあると同庁はみている。

 捜査2課によると、小倉容疑者は東京入管横浜支局と成田空港支局に在籍中の07年7月~今年11月、伊東容疑者が呼び寄せたフィリピン人女性らの在留資格認定証明書の交付を申請した際に、審査で便宜を図った謝礼などとして、現金580万円を受け取った疑いがある。 小倉容疑者はこの間毎月20万円ずつを自分や知人名義の預金口座に振り込ませていたという。受け取った金は遊興費などに充てていたと同課はみている。小倉容疑者は横浜支局で統括審査官を務め、08年4月に成田空港支局に異動した。

 在留資格認定証明書はビザ発給に必要。渡航目的や滞在先、働く場合は勤務先などを記し、入国管理局が審査し交付する。統括審査官は審査の実質的な責任者という。

 法務省によると、興行ビザは演劇や演奏、スポーツなどの興行を行うために入国する外国人に発給される。しかし、ダンサーとして入国しながら、パブやスナックでホステスとして働くフィリピン人女性が後を絶たず、不法就労や偽装結婚などの温床にもなっていた。

 こうした状況に対し、04年、米国務省の人身取引報告書がフィリピンパブの実態を非難して日本を「要監視国」に認定した。これを受け法務省は審査を強化。05年3月に改正省令が施行され、それまでフィリピン政府発行の芸能人認定証があれば認めていたのを、認定証だけでは興行ビザを発給しないようにした。 捜査2課によると、この厳格化に伴い、東京入管本局ではフィリピン人に興行ビザがほとんど発給されなくなった。このため伊東容疑者は川崎市内に実体のない事務所を設け、横浜支局に申請するようになった。伊東容疑者は「小倉容疑者が申請内容が虚偽と知りながら黙認してくれた」と供述しているという。

 法務省によると、興行ビザによる入国は04年が約13万4800人で、そのうちフィリピン人が約6割の約8万2700人を占めた。08年には全体で約3万4900人、うちフィリピン人は約3100人に激減している。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1204/TKY200912040239.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

子2人に腕を押さえさせ…夫死亡、殺人未遂罪で妻に有罪判決(4日)

広島県竹原市の民家で4月、自営業の男性=当時(57)=が死亡した事件で、ひもで絞殺を図ったとして殺人未遂の罪に問われた妻(41)に広島地裁(伊名波宏仁裁判長)は4日、懲役3年、執行猶予3年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 弁護側は「死に至るほど強く首を絞めておらず、傷害罪にとどまる」とした上で、「夫から暴力を受けていた被告の正当防衛か誤想防衛」と無罪を主張していた。

 論告によると、4月30日朝、自宅居間のソファに座っていた男性を殺害するため、当時18歳と15歳の長男、長女に両腕を押さえつけさせ、後ろから腰ひもで首を絞め負傷させたとしている。

 県警は殺人未遂容疑で3人を逮捕。男性の死因は特定できず、広島地検は殺人未遂罪で妻を起訴、広島家裁は長男と長女を保護観察処分とした。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/332000/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リンゼイさん事件の初動捜査 「必要な措置尽くした」と千葉県警本部長(4日)

英国人女性殺害事件の千葉県警の初動捜査について、五十嵐邦雄県警本部長は3日、県議会12月定例会で「平成19年3月の事件発生時には、被害者の所在も(殺害されたという)事案も判明していない状態であり、県警として必要な措置は尽くした」としながら「結果として逮捕まで2年7カ月かかってしまった」と説明した。民主党の河野俊紀県議の代表質問に答えた。

関連記事

記事本文の続き また千葉市花見川区の団地で今年7月に起きた殺人事件など、ストーカー行為から引き起こされた重大事件が相次いでいることについて、「ストーカー被害者の保護を最優先に、必要なら積極的に事件化する。関係機関と連携し、避難指示を出すなど万全を図っている」と答えた。

 今年、ストーカーに関する県警への相談は10月末までで685件あり、すでに昨年より159件増加。相談がきっかけになりストーカー規制法で検挙されたのは4件。傷害、住居侵入、器物損壊容疑など他の法令違反での検挙は36件で、相談のうち約5・8%を検挙している状況だという。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331802/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋容疑者 どう誘ったか捜査(4日)

千葉県市川市でイギリス人の女性が殺害された事件で、殺人などの疑いで再逮捕された市橋達也容疑者は、遺体が見つかる前の日に女性に英会話を教わったあと、すぐにタクシーで自宅のマンションに連れて行ったということで、警察は、市橋容疑者がどのように女性を誘ったのかなどについて調べています。

この事件で、語学学校講師のイギリス人、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)を殺害した疑いが強まったとして2日、殺人などの疑いで再逮捕された市橋達也容疑者(30)は、おととしの3月、街で見かけたリンゼイさんに「英会話を教えてほしい」と声をかけ、その4日後の午前中に市川市内の喫茶店で英会話を教わっていたことがわかっています。

 警察によりますと、市橋容疑者はこのあと、すぐにタクシーでリンゼイさんを当時住んでいたマンションに連れて行ったということです。2人を乗せた運転手によりますと、2人は会話をすることなくマンションの近くまで行き、市橋容疑者はいったん料金を支払ったうえで「4、5分待っていてくれ」と言ったということですが、運転手が次の仕事があると断るとそのままマンションに向かったということです。警察は、市橋容疑者が知り合って間もないリンゼイさんをどのように自宅まで誘ったのかなどについて調べています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10014185571000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東金女児殺害:弁護側、指紋不一致鑑定を千葉地検に提出(4日)

千葉県東金市で08年9月、保育所園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5歳)が殺害された事件で、殺人罪などで起訴された同市東上宿、無職、勝木諒(りょう)被告(22)の主任弁護人の副島洋明弁護士は3日、物証とされる指紋が勝木被告と一致しないとする鑑定結果を千葉地検に提出したことを明らかにした。被告の無罪立証の根拠にしていくという。

 民間の斎藤鑑識証明研究所(宇都宮市)の鑑定では、幸満ちゃんの服などが入っていたレジ袋から検出された指紋の線の一部が勝木被告にはなく、一致しない特徴もあったという。鑑定した斎藤保氏は、刑事事件で弁護側から依頼されて鑑定した約60件のうち、警察鑑定と合致しなかったのは1例だけといい、「非常にまれなケース。県警に再鑑定を求めたい」と話した。【中川聡子】Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091204k0000m040092000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

島根女子大生遺棄:発見された靴 放置は最近か(4日)

島根県立大1年、平岡都さん(19)=同県浜田市=が山中で遺体で見つかった事件で、女子寮近くで発見された平岡さんのものと見られる靴は、行方不明になった10月26日ごろではなく、最近になって捨てられた可能性が高いことが、捜査関係者への取材で分かった。島根・広島両県警の合同捜査本部は、犯人が浜田市か周辺に潜んでいる可能性が高まったとして、靴発見直前の目撃情報の収集や分析に力を入れている。

 靴は、平岡さんのアルバイト先からの帰宅路(約2キロ)のうち女子寮まで数百メートルの場所で11月30日に見つかった。平岡さんが使っていた山道と国道9号の高架が交わる付近から、国道と並走する側道に約50メートル入ったところの側溝にあった。

 捜査関係者によると、島根県警が10月28日~11月4日にこの側道を複数回、捜索したこと▽靴に落ち葉があまりかかっていないこと▽目視しやすい状態で落ちていたこと▽犬の散歩で毎日同所を通る人がいること--などから、捜査本部は、最近になって捨てられた可能性が高いとの見方を強めている。犯人が最近になって置いたとすれば、犯人が捜査のかく乱を狙ったことや周辺に潜んでいることなどが考えられるという。

 側道は普段、車が通ることはめったにないが、発見前日の11月29日朝、四輪駆動タイプの車が止まっているのが目撃されており、捜査本部はこの車を捜している。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20091204k0000m040121000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

青山殺人:現場指紋と一致の男 器物損壊容疑で逮捕(4日)

東京都港区南青山のマンション一室で11月、飲食店店長の五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害されていた事件で、室内から採取された指紋が、事件発覚翌日に器物損壊容疑で警視庁上野署に現行犯逮捕された男の指紋と一致していたことが捜査関係者への取材で分かった。赤坂署捜査本部は、男が事件に関与した疑いがあるとみて慎重に捜査している。

 捜査本部によると、五十嵐さんは11月16日午前11時40分ごろ、自宅の和室に敷いた布団の上で首を切られて死亡しているのを親族に発見された。現金数万円が入った封筒や財布は室内に残されていたが、たんすなどが物色されていた。

 捜査関係者によると、男は同月17日に台東区の上野署前の掲示板を壊したとして、器物損壊容疑で現行犯逮捕され、殺人事件の現場に残された指紋が一致していることが分かったという。

 五十嵐さん方の玄関ドアの鍵は壊されておらずベランダから侵入した形跡もなかったことや、現場周辺に土地勘があることから、捜査本部は、男が五十嵐さんと顔見知りだった可能性もあるとみている。【古関俊樹、神澤龍二、山本太一】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091204k0000m040116000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

発見遺体は不明の経営者…窒息死、頭にも傷(4日)

新潟県長岡市の工場敷地内で遺体が見つかり、同市中条新田、会社員吉田洋晶容疑者(41)が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、遺体は先月中旬から行方不明になっていた同市猫興野、金属加工機械製造業雪松雪一さん(76)と判明した。

 新潟県警が3日、発表した。発表によると死因は首の圧迫による窒息死で、頭部には鈍器で殴られたような複数の傷があった。県警は殺人事件の可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、吉田容疑者は昨年夏頃、雪松さんから機械部品の注文を受けたが、納品の遅れを理由に雪松さんがキャンセル。代金支払いを巡って話し合いが行われていたという。(2009年12月3日22時02分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091203-OYT1T01157.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

うつ病100万人超す、10年で2・4倍に(4日)

抑うつなどの症状が続くうつ病の患者数(躁うつ

病を含む)が、初めて100万人を超えたことが3日、厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査でわかった。

 長引く不況などが背景とみられる一方、新しい抗うつ薬の登場が患者増につながっていると指摘する声もある。

 患者調査によると、うつ病が大半を占める「気分障害」の患者数は、1996年に43万3000人、99年は44万1000人とほぼ横ばいだったが、2002年調査から71万1000人と急増し、今回の08年調査では、104万1000人に達した。

 10年足らずで2・4倍に急増していることについて、杏林大保健学部の田島治教授(精神科医)は、「うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」と指摘する。

 うつ病患者の増加は、新しいタイプの抗うつ薬が国内でも相次いで発売された時期と重なる。パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)は、「軽症のうつは自然に治るものも多い。しかし日本ではうつを早く発見し、薬を飲めば治るという流れが続いており、本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」と話す。(2009年12月4日03時04分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091204-OYT1T00048.htm?from=main3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

別女性への強盗「下見した」 松戸事件「出金」供述の男(4日)

殺害された千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21)のキャッシュカードで現金を引き出した、と供述している住所不定、無職の男(48)=強盗強姦未遂容疑で逮捕=が、別の女性宅から現金を奪ったとされる事件の際、「(事前に)下見をした」と供述していることが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、同県北西部では9~11月、何者かが民家に侵入して現金やキャッシュカードを奪う事件が5件以上発生し、一部について男が関与を認める供述をしている。女性が1人でいたところを狙われたケースが大半といい、県警は、この男がそれぞれの現場付近で下見をしたうえで侵入していた可能性があるとみている。

 男は11月2日午前に同県印旛郡の女性宅に侵入し、刃物を突きつけて現金を奪ったうえ、性的暴行をしようとした容疑事実で同17日に逮捕された。この際に下見をし、女性の夫が家を出た後に侵入していたという。

 荻野さんは、友人宅から帰宅した直後の10月21日午前中に殺害されたとみられており、県警が男の関与を調べている。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1204/TKY200912030492.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部補が「風俗ばらす」と200万円要求 (4日)

鳥取地検は3日、恐喝未遂罪で、鳥取県警自動車警ら隊東部分駐隊小隊長の警部補、木山浩一容疑者(39)を起訴。県警は同日、木山被告を懲戒免職とした。

 起訴状によると、木山被告は11月、鳥取市の男性に電話をかけ、風俗で遊んでいるのを公表すると脅し、200万円を要求したとしている。

関連記事

記事本文の続き 鳥取県警が11月13日、恐喝未遂容疑で逮捕。県警監察室は「警察官としてあるまじき行為。あらためて深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331721/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(4日)2件

携帯電話など転売 犯罪助長の“道具屋”グループ検挙

 同課などによると、4人が不正取得した携帯電話は約100台、銀行口座は10口座に上っている。不正取得するため、偽造の身分証明書や休眠会社の口座などを使い、養子縁組や結婚の偽装を繰り返していたという。同課は「振り込め詐欺被害が絶えない中、犯行を助長するグループを摘発することも警察の重要な役割」と説明している。

 昨年3月~今年6月、茨城県下妻市や石岡市で振り込め詐欺事件や銀行のインターネット取引で不正に現金を別口座に移される不正アクセス事件があり、林容疑者のグループの関与が浮上した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331725/

進学校卒業生宅狙った振り込め詐欺で男3人を追送検 和歌山県警

 Banner_logo_051_5 和歌山県立向陽高校(和歌山市)の卒業生の実家などが狙われた連続振り込め詐欺事件で、県警捜査2課などは3日、詐欺グループの「出し子」役とみられる大阪市浪速区幸町、無職、上田章雄容疑者(39)ら窃盗容疑で逮捕していた男2人と、キャッシュカードを譲り受けたとして犯罪収益移転防止法違反容疑で逮捕していた男1人の計3人を別の窃盗容疑で追送検した、と発表した。追送検容疑は、9~10月、大阪市内の銀行などのATM現金自動預払機)から他人名義のキャッシュカードを使い、計約270万円を引き出したとしている。 県警によると、現金が引き出された口座は、和歌山市内の同校卒業生の父親(64)と、名古屋市に住む同志社大の卒業生の母親(60)が息子と名乗る男にだまされ、計約270万円を振り込まされていたという。田容疑者は「詐欺の払い出しで約1千万円稼いだ。キャッシュカードは実行犯から送ってもらった」などと供述しているという。県警は先月、向陽高校卒業生の家族が9月に振り込まされた口座から約120万円を引き出したなどとして、窃盗容疑などで3人を逮捕、送検していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331771/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ATM男、別の強盗容疑で再逮捕へ 女子大生殺しにつながるか(4日)

千葉県松戸市のマンションで10月、千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件は、別の強盗強姦(ごうかん)未遂容疑で逮捕された無職の男(48)が、遺体発見前日に荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出したことを認めたことで新たな展開を迎えている。当初は怨恨(えんこん)との見立てもあったが、捜査線上に浮かんだのは9月に出所したばかりの男。ほかにも男の関与が疑われる類似事件があり、県警は来週にも別の強盗傷害事件で再逮捕する方針を固めた。

 荻野さんの首と胸には、刃物で執拗(しつよう)に刺し続けたとみられる多数の傷。しかし抵抗した際にできる防御創はない-。

 県警は当初、遺体の状況などから荻野さんに恨みを持つ顔見知りの犯行の可能性を念頭に、大学の友人や、アルバイト先の飲食店の客などの洗い出しを徹底的に行っていた。最も大きな手がかりは、荻野さんの遺体発見前日に、JR松戸駅周辺の3カ所の現金自動預払機ATM)で荻野さんのキャッシュカードを使い、現金2万円を引き出した男の存在だった。捜査員は防犯カメラに写った映像を手に、連日聞き込みを実施。しかし、手がかりは一向に出てこなかったという。

 一方、同時に捜査本部が力を入れていたのが類似事件の割り出しだった。荻野さん方のベランダの窓は外部からたたき壊されるなど、窃盗犯をうかがわせる形跡も残されていた。そして浮かんできたのが、1人の男の存在だったという。

 11月17日午前、JR日暮里駅近くのサウナ店を捜査員が訪れ、1人の男を逮捕した。容疑は強盗強姦未遂。11月2日午前、千葉県酒々井(しすい)町の民家に侵入、室内にいた女性に包丁を突きつけて脅し、乱暴しようとした上、現金十数万円を奪った疑いが持たれている。男は平成14年4月、神奈川県海老名市の民家に侵入、帰宅した看護師の女性を殴り、現金を奪ったとして服役し、9月に出所したばかりだった。

 そして、調べの中で、驚くべき供述を始める。荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出す姿が写った防犯カメラの男は「自分だ」というのだ。千葉県内では男が出所した9月以降、強盗や強姦事件が相次ぎ、手口に共通点が多いことも分かっている。

 さらに、酒々井町の民家で採取された靴の跡が、10月3日に荻野さん宅から東に1キロの場所にある、松戸市岩瀬の無職女性(76)方で発生した強盗傷害事件の現場で採取された靴の跡とほぼ一致することが判明。県警は週明けにもこの事件で男を再逮捕する方針を固めた。ただ、荻野さん殺害の明確な証拠はまだ出ていない。県警では今後も、類似事件の洗い出しを進めるとともに、荻野さん殺害での男の関与を慎重に調べる。(西川貴清、三宅令)Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331778/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月3日 | トップページ | 2009年12月5日 »