« 路上・公園で全裸撮影、篠山紀信事務所を捜索(10日) | トップページ | 「みかじめ料」現金脅し取る 暴力団幹部の男逮捕 (10日) »

2009年11月10日 (火)

介護学ぶ意向の酒井法子被告、群馬・高崎市にある創造学園大学への入学決める(10日)

懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡された元タレント・酒井法子(本名・高相法子)被告(38)が、介護を学ぶために入学する学校が決まった。
酒井被告は10月の初公判で、介護の仕事への意欲を語っていた。
これまでに20校以上から学校案内が届いたというが、酒井被告が選んだ学校について、サンミュージックの相澤正久副社長が発表した。
相澤副社長は「学校法人堀越学園の創造学園大学です。学部がソーシャルワーク学部ソーシャルワーク学科です。すでに本人は入学試験、小論文と面接を受けて、合格している。この学校を本人と話し合って決めた1つの経緯には、芸術学部がありまして、音楽療法士の単位の互換システムがあって、同時にとることができる。本気でやろうとしていますので、皆さん応援をしていただければと思います」と語った。
酒井被告が学ぶことになったのは、群馬・高崎市にある創造学園大学で、ここにはソーシャルワーク学部という社会福祉を学ぶ学部がある。
パソコンなどを使って授業を受けることもできるため、自宅で単位の取得が可能で、実習についても、墨田区にある東京校で受けることができる。
創造学園大学によると、すでに酒井被告には合格通知を出していて、入学の時期については特に定めておらず、本人の希望で決まるという。
相澤副社長は「準備ができ次第ということで、今の予定では今月(11月)。来週あたりから始めていきたいと思います。卒業自体は、ミニマム4年、仕事しながら学べるシステムなので、人によっては、5年かかる人もいる。できれば、4年で達成させてやりたいと思うが、そこがどうなるか」と語った。
一方、酒井被告は、27日に判決公判を迎える、夫・高相祐一被告(41)との離婚を考えていると法廷で明かしている。
9日の判決公判では、「覚せい剤を絶縁する決意をしていて、そのためには、覚せい剤の使用を勧めた夫との離婚も考えている」と、裁判官から反省の態度の1つとして評価を受けたが、一部報道によると、祐一被告側は一方的な離婚請求には応じない構えだという。
祐一被告を担当する弁護士は「すべての件に関して、取材に応じていません」とコメントした。
この件について、相澤副社長は「この問題に関しては、今、高相の問題もありますし、あくまでも本人が決めなければいけない問題だと思いますので、これに関してはコメントできません」と語った。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 路上・公園で全裸撮影、篠山紀信事務所を捜索(10日) | トップページ | 「みかじめ料」現金脅し取る 暴力団幹部の男逮捕 (10日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46727705

この記事へのトラックバック一覧です: 介護学ぶ意向の酒井法子被告、群馬・高崎市にある創造学園大学への入学決める(10日):

« 路上・公園で全裸撮影、篠山紀信事務所を捜索(10日) | トップページ | 「みかじめ料」現金脅し取る 暴力団幹部の男逮捕 (10日) »