« 「律儀に金返すから」フィリピン人女性狙いの元貸金経営者ら逮捕 | トップページ | 児童ポルノ:警視庁が専従班 24時間の専用電話も(18日) »

2009年11月18日 (水)

幻冬舎元局長を取り調べ 横領容疑、総額約9億円か(18日)

中堅出版社の幻冬舎(本社・東京都渋谷区)の元管理局長の男(44)が自社の口座から現金約1500万円を引き出して着服した疑いが強まったとして、警視庁は18日、元局長を業務上横領の疑いで取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。同庁は、着服した総額は約9億円にのぼるとみて、裏付け捜査を進めている。

 捜査2課によると、経理などの管理部門を統括する立場だった元局長は今年1~3月、同社のキャッシュカードを無断で持ち出し、9回にわたり現金計約1500万円を引き出して横領した疑いがある。架空の売掛金を計上して不正の発覚を免れていたという。競馬などに使っていたと同課はみている。

 今年2月、売掛金残高が実際より多いことから、同社の内部調査の結果、元局長が01年8月~今年3月、同様の手口で総額9億2620万円を着服したことが判明。同社は3月に元局長を懲戒解雇し、その後、同庁に告訴していた。 http://www.asahi.com/national/update/1118/TKY200911180230.html

幻冬舎元局長、横領容疑で逮捕 着服金の大半を馬券に?

 中堅出版社の幻冬舎(本社・東京都渋谷区)の口座から約1500万円を引き出して着服したとして、警視庁は18日、同社元管理局長竹本和博容疑者(44)=同目黒区中根2丁目=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。同庁は、着服した総額は約9億円にのぼり、そのほとんどを馬券購入に充てたとみている。

 捜査2課によると、経理などの管理部門を統括する立場だった竹本容疑者は今年1~3月、同社のキャッシュカードを無断で持ち出し、口座から9回にわたり現金計約1500万円を引き出した疑いがある。架空の売掛金を計上して不正の発覚を免れていたという。

 竹本容疑者は01年8月~今年3月、同様の手口で総額9億2620万円を着服し、自分の四つの口座に入金。これらの口座を使って馬券を購入しており、口座の記録から、この期間の購入額は計約34億7千万円にのぼるとみられる。

 今年3月、東京国税局の税務調査を受けたため、自ら会社に不正を申告したという。同社は3月に竹本容疑者を懲戒解雇し、その後、同庁に告訴した。

 幻冬舎は文芸書を中心とした出版社で、ホームページによると、93年に設立され、社員数77人。天童荒太氏の「永遠の仔」や石原慎太郎氏の「弟」などのヒット作品を生み出している。今年3月期の単体の売上高は81億6千万円。Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1118/TKY200911180291.html

 

« 「律儀に金返すから」フィリピン人女性狙いの元貸金経営者ら逮捕 | トップページ | 児童ポルノ:警視庁が専従班 24時間の専用電話も(18日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻冬舎元局長を取り調べ 横領容疑、総額約9億円か(18日):

« 「律儀に金返すから」フィリピン人女性狙いの元貸金経営者ら逮捕 | トップページ | 児童ポルノ:警視庁が専従班 24時間の専用電話も(18日) »