« 市橋容疑者、博多のネットカフェ宿泊か(7日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年11月 7日 (土)

島根女子大生殺害:遺棄現場に土地勘か 降雪前に運ぶ?(7日)

島根県浜田市で行方不明になった島根県立大1年、平岡都(みやこ)さん(19)の遺体の一部が見つかった広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)山頂付近は、土地勘のある人物以外はめったに通らない場所だったことが分かった。この場所を選んで遺棄したとすれば、犯人が以前、臥龍山に出入りしたことのある可能性が高く、合同捜査本部も注目している。

 臥龍山に出入りするという男性(68)や地元の男性(67)らによると、遺棄現場につながる林道にははっきりした標識もなく、知らない人は通らない場所という。

 一方で、この時期は昼間は紅葉狩りの行楽客が多く、広島、島根ナンバーなどの車が多数、道沿いなどに駐車。このため、人目につかないように夜間に遺体を遺棄しようとしても、土地勘がなければ発見現場までたどり着くのは難しいという。

 また、臥龍山は標高が1223メートルあり、夜間は気温が氷点下まで下がり、山頂付近は氷点下十数度にもなるという。今月2日には雪が降り、数十センチの積雪があり、3日も雪が残っていた。積雪がある時にはスノータイヤでなければ通れない場所のため、地元の人は「(通常のタイヤでは)山頂付近に行くのは無理だったと思う」と話しており、遺体が降雪の前に遺棄された可能性もあるという。Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20091107k0000e040055000c.html

 

« 市橋容疑者、博多のネットカフェ宿泊か(7日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島根女子大生殺害:遺棄現場に土地勘か 降雪前に運ぶ?(7日):

« 市橋容疑者、博多のネットカフェ宿泊か(7日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »