« 死亡直前、詐欺容疑の女と接触か 鳥取不審死の円山さん(15日) | トップページ | 栃木・宇都宮市のゲーム店で従業員男性が2人組の男に胸などけられる 男性はその後死亡(15日) »

2009年11月15日 (日)

実弾射撃場、日本人に人気…現地申し込み多く(15日)

火災のあった

(

釜山

市のガナダラ実弾射撃場は、拳銃を手軽に撃つことが出来るということで観光客らに人気がある。

 韓国の旅行情報会社によると、韓国にはこうした射撃場がソウルや釜山など各地にあり、釜山では4か所が営業している。今回、火災があった射撃場は、日本語を話すスタッフが射撃方法を教えるため、日本人の利用客が多かったという。

 同射撃場では、射撃スペースが五つのブースに分かれ、防弾ベストと耳当てを着用し、鎖でつながれた銃を撃つという。10発の拳銃射撃で、価格は6万ウォン(約4600円)からだった。旅行情報会社の女性社員は「スペースには不燃材が使われ、火花などが燃え移らないような構造になっているはずなのに」と話す。

 海外の射撃場で数多くの実射経験があるという日本の銃砲店関係者によると、現場スタッフが、弾丸に火薬を詰める作業を行っているケースもあるという。同関係者は「火薬を詰めている最中に引火したことも考えられる」と話した。

 一方、日本の旅行会社は「日本で禁止されている実弾射撃を海外で勧めたくない」(大手旅行会社)としているところも多い。このため、こうした射撃場ツアーは、観光客が自由時間に参加する「オプショナルツアー」として、現地の旅行会社に直接申し込むケースが多く、客の多くは30~40歳代の男性だという。

 日本旅行業協会などに射撃ツアー自粛などを求めてきた市民団体「ストップ・ガン・キャラバン隊」の砂田向壱代表(福岡市)によると、韓国やフィリピン、米国など海外の射撃場を訪れる観光客は、圧倒的に日本人が多いという。(2009年11月15日06時18分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091115-OYT1T00061.htm

 

« 死亡直前、詐欺容疑の女と接触か 鳥取不審死の円山さん(15日) | トップページ | 栃木・宇都宮市のゲーム店で従業員男性が2人組の男に胸などけられる 男性はその後死亡(15日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46765788

この記事へのトラックバック一覧です: 実弾射撃場、日本人に人気…現地申し込み多く(15日):

« 死亡直前、詐欺容疑の女と接触か 鳥取不審死の円山さん(15日) | トップページ | 栃木・宇都宮市のゲーム店で従業員男性が2人組の男に胸などけられる 男性はその後死亡(15日) »