« 忘れ物の3百万円入りバッグを詐取容疑で男2人逮捕(4日) | トップページ | 架空金融商品で預かり金詐取 信金元副課長に逮捕状(4日) »

2009年11月 4日 (水)

覚醒剤所持で逮捕は本籍青森の元看護師 マレーシア、拘束延長へ(4日)

マレーシアの税関当局者は3日、覚せい剤4・7キロを同国に密輸しようとして逮捕された日本人について、本籍地青森県の元看護師タケウチ・マリコ容疑者(35)=漢字不明=であると確認した。4日に本格的な取り調べを行い、5日までとされている当初の拘束を延長する手続きを取る方針を明らかにした。来週にも起訴される可能性がある。 調べによると、タケウチ容疑者は9月に2回、10月に3回、クアラルンプール国際空港を使用していた。

 マレーシアの法律は、一定量以上の「危険薬物」を所持していた者を、不正取引にかかわったとみなし、刑罰は死刑。覚せい剤成分の一種アンフェタミンでは50グラム以上が対象となる。

 同国では、麻薬密輸などの罪で、1989年に英国人1人が、90年にも女性1人を含む香港市民8人が絞首刑を執行されている。(共同)Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/320222/

 

« 忘れ物の3百万円入りバッグを詐取容疑で男2人逮捕(4日) | トップページ | 架空金融商品で預かり金詐取 信金元副課長に逮捕状(4日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46669310

この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒剤所持で逮捕は本籍青森の元看護師 マレーシア、拘束延長へ(4日):

« 忘れ物の3百万円入りバッグを詐取容疑で男2人逮捕(4日) | トップページ | 架空金融商品で預かり金詐取 信金元副課長に逮捕状(4日) »