« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) »

2009年11月10日 (火)

市橋容疑者逮捕 なぜ大阪に舞い戻ったのか…(10日)

逃走から2年7カ月。大阪市内のフェリー乗り場の待合室で身柄を確保され、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)。1年以上潜伏していた大阪を飛び出し、福岡、名古屋などへ逃走していたにもかかわらず、なぜ再び大阪へ舞い戻ってきたのか。英国でも大きく報道された事件は、全容解明に向けて動き出した。

関連記事

記事本文の続き フェリー乗り場にいた男性客らによると、市橋容疑者は10日午後6時半ごろ、乗り場2階にある待合室で周囲から離れるように1人で座っていた。マスクに黒縁の眼鏡、ニット帽。市橋容疑者は顔を隠そうとしていたとみられ、周りにいた乗客らも「(市橋容疑者に)似ているな」とささやき合うほどだった。

 通報で制服を着た警察官が駆けつけても逃げる素振りはせず、観念した様子。サイレンを鳴らしたパトカーも駆けつけ、「外で話しましょう」と警察官から腕に手を添えられ、待合室を出ていった。「まさかこんなところにいるとは信じられない」。身柄を確保される現場を目撃した愛媛県新居浜市の無職男性(68)は興奮した様子で話していた。

 運送会社の男性社員(60)も「10分足らずで、市橋容疑者は両脇を抱えられるように連れて行かれた。最初は市橋容疑者と分からなかったが、テレビニュースで『容疑者確保』の一報を見て、驚いた」と話した。 

 一方、市橋容疑者が10月まで勤務していた大阪府茨木市の建設会社の上司の男性(22)は「仕事先でニュースを聞いてびっくりした。みんな、なんで大阪に戻ってきたんやろうと不思議がっていた。やっぱり、ここまで報道されると、みんなに監視されていると思って重圧になったのだろう。ちゃんと本当のことを話して、被害者の両親に謝ってほしい」と話していた。Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/322908/

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者逮捕 なぜ大阪に舞い戻ったのか…(10日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) »