« コンビニそっくり風俗案内所を摘発 客にあっせん容疑(27日) | トップページ | 薬事法違反の疑い 強制捜査へ(27日) »

2009年11月27日 (金)

「戸籍入れたくない」「不倫」で、赤ちゃんポストに?(27日)

 「戸籍に入れたくないから」「不倫だから」。慈恵病院(熊本市)が運営する「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)について、熊本県の検証会議は26日に公表した最終報告で、利用した親の理由を初めて明らかにした。

 体面などを優先した身勝手とも言える内容が4割に上り、子育ての大切さを教えるべき福祉・教育関係者もいた。一時保護という成果の一方で、匿名性が安易な子捨ての助長につながっている側面が浮かび上がった。

 運用開始からの約2年5か月で預けられた子どもは51人。置き手紙やその後にあった電話連絡などで39人の親が判明し、うち37人が回答した。「生活の困窮」(7人)を抑え、一番多かったのは「戸籍に入れたくない」(8人)。出産した痕跡が戸籍に残ることを嫌がったためという。さらに「不倫だから」(5人)、「世間体が悪い」「未婚なので」(各3人)と続いた。子どもの障害が理由だったケースも複数あった。

 母親の年齢は20代の21人を最高に、10代~40代までと幅広かった。出産場所は医療機関を除き、自宅が14人、車内も1人いた。福祉・教育関係者は複数いたが、人数は明らかにされていない。また、父親が出産後に姿を消したり、避妊を嫌がった揚げ句に妊娠の責任を取らなかったりした例もあった。

 ゆりかごは「遺棄されて命を落とす新生児を救う」ことを優先し、匿名というシステムを採用した。だが、当初の目的を離れ、福祉・教育関係者までが利用していた実態に、26日に記者会見した検証会議の柏女霊峰座長は「倫理観の低下を招いている」と指摘。「匿名だからといって、親の身勝手で相談もせずに子どもを置いていくことは認められない。安易な預け入れは子どもの利益を最大限に守るという児童福祉の観点から、決して許されるものではない」と力を込めた。

 設置を許可した熊本市の幸山政史市長は26日、「『多くの命がつながった』と意義を認められ、ほっとしている。ただ、匿名に伴う倫理観の低下との指摘は、重く受け止めたい」と話した。(2009年11月27日02時36分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091127-OYT1T00152.htm

 

« コンビニそっくり風俗案内所を摘発 客にあっせん容疑(27日) | トップページ | 薬事法違反の疑い 強制捜査へ(27日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戸籍入れたくない」「不倫」で、赤ちゃんポストに?(27日):

« コンビニそっくり風俗案内所を摘発 客にあっせん容疑(27日) | トップページ | 薬事法違反の疑い 強制捜査へ(27日) »