« 鳥取不審死の中に読売記者も「子連れ女につかまった」 (7日) | トップページ | 鳥取不審死、1人は他殺 首を背後から押しつけられた跡(7日) »

2009年11月 7日 (土)

結婚詐欺女、知人男性と裏磐梯に旅行 遺体発見直後に(7日)

埼玉県警に詐欺容疑などで逮捕された無職女(34)=東京都豊島区=の知人男性が相次いで不審死した事件で、8月に会社員、大出嘉之さん=当時(41)=の遺体が発見された数日後、女が別の知人男性と観光地の福島県・裏磐梯に旅行していたことが6日、地元の観光関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 県警は、定職を持たなかった女が、ほかの男性たちから受け取っていた金をこうした遊興費に充てていたとみて、さらに詳しい使途の解明を進めている。

 観光関係者によると、女と男性は約5年前から頻繁に裏磐梯を訪れていた。男性には「吉川桜」という偽名を名乗っており、本名について男性は「(女が)逮捕されてから知った」と話したという。

 女は埼玉県富士見市の駐車場で大出さんの遺体が発見された4日後の8月10日、男性と2人で檜原湖(福島県北塩原村)を訪問。観光関係者は「同じ男性と年1回ペースで来ていた。どちらかといえば地味で、高価な貴金属などをつけている様子はなかった」と話している。男性は観光関係者に「旅行費用は折半」と話しており、女に多額の金を渡していた形跡はなかった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321568/

 

« 鳥取不審死の中に読売記者も「子連れ女につかまった」 (7日) | トップページ | 鳥取不審死、1人は他殺 首を背後から押しつけられた跡(7日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚詐欺女、知人男性と裏磐梯に旅行 遺体発見直後に(7日):

« 鳥取不審死の中に読売記者も「子連れ女につかまった」 (7日) | トップページ | 鳥取不審死、1人は他殺 首を背後から押しつけられた跡(7日) »