« 市橋容疑者 送検の際の混乱でTBSの男を公務執行妨害で逮捕(12日) | トップページ | 兵庫県警:2警官を書類送検 違反切符捏造と調書改ざん(12日) »

2009年11月12日 (木)

警察庁、整形外科に指名手配写真の配布検討(12日)

英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)が整形手術を繰り返しながら2年7か月にわたって逃走していたことを受け、警察庁は今後、美容整形外科に指名手配容疑者の写真を配り、似た人物が来院した場合には通報するよう呼びかけるなどの対策を検討する。

 安藤隆春長官が12日の定例記者会見で明らかにした。

 市橋容疑者は10月24日に名古屋市内の美容整形外科で鼻の整形手術を受ける前にも、別の病院で整形手術を受けていたと見られているが、警察への通報はなかった。

 同庁は今後、市橋容疑者の逃走経路を検証する予定で、安藤長官は「今回の教訓を生かして、今後の指名手配容疑者の捜査を推進したい」と説明。「国民の協力が不可欠」として、公費懸賞金制度についても積極的に活用していく意向を示した。(2009年11月12日20時46分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091112-OYT1T01035.htm?from=main1

 

« 市橋容疑者 送検の際の混乱でTBSの男を公務執行妨害で逮捕(12日) | トップページ | 兵庫県警:2警官を書類送検 違反切符捏造と調書改ざん(12日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46745549

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁、整形外科に指名手配写真の配布検討(12日):

« 市橋容疑者 送検の際の混乱でTBSの男を公務執行妨害で逮捕(12日) | トップページ | 兵庫県警:2警官を書類送検 違反切符捏造と調書改ざん(12日) »