« 【高円寺ビル火災】ダクトの油に引火か 非常階段前に座布団山積み(23日) | トップページ | イエメンで拉致された邦人解放(24日) »

2009年11月23日 (月)

キム元死刑囚の手紙など公開(23日)

北朝鮮で一時期、拉致被害者の田口八重子さんと生活し、3月に韓国で八重子さんの家族と面会したキム・ヒョンヒ(金賢姫)元死刑囚から八重子さんの長男に届いた手紙とビデオレターが23日、公開されました。

田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんは、北朝鮮で一時、八重子さんと暮らしていた大韓航空機爆破事件の実行犯、キム・ヒョンヒ元死刑囚と、ことし3月、韓国で面会し幼いころに生き別れた母親の話を聞きました。23日に耕一郎さんら家族が公開したのは、この面会のあと、政府を通じてキム元死刑囚から届けられた手紙とビデオレターです。このうち手紙は、便せん6枚に及び、日本語で3月の面会について「短い時間だったのでまた会ってゆっくり話がしたい」と記されています。そのうえで1人暮らしの耕一郎さんの健康を気遣い、「そばにいるなら、しゃぶしゃぶや春巻きなど八重子さんから学んだ料理を作ってあげたい」などとつづられています。また、ビデオレターには手紙のことばをキム元死刑囚本人が耕一郎さんに語りかける様子が収められています。耕一郎さんは「手紙が日本語で書かれていたのでびっくりしました。感謝の念にたえません」としたうえで、「キムさんとの再度の面会については、総理とお会いしたときにもお願いしましたが、その後、政府から連絡はありません。面会場所は日本であろうが韓国であろうが、どちらでもよく、3月の面会が次につながるようにしてほしい」と求めました。また、八重子さんの兄の飯塚繁雄さんは先週、キム元死刑囚がNHKとのインタビューで横田めぐみさんの両親と面会したいと述べたことに触れ、「横田さん側にもキムさんから話を聞きたいという思いがある。その機会をつくってあげたいし、政府の調整を期待したい」と話しました。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10013958911000.html

 

« 【高円寺ビル火災】ダクトの油に引火か 非常階段前に座布団山積み(23日) | トップページ | イエメンで拉致された邦人解放(24日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46841169

この記事へのトラックバック一覧です: キム元死刑囚の手紙など公開(23日):

« 【高円寺ビル火災】ダクトの油に引火か 非常階段前に座布団山積み(23日) | トップページ | イエメンで拉致された邦人解放(24日) »