« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 男女3人の遺体、女性1人重体… 熊本県警、殺人事件とみて捜査(9日) »

2009年11月 8日 (日)

ノコギリで切断か 島根の女子大生遺棄(8日)

広島県北広島町の臥竜(がりゅう)山で、島根県立大1年の平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体の一部が見つかった事件で、広島、島根両県警の合同捜査本部は8日、切断に使われたのは、ノコギリの可能性が高いとみて、入手経路などについての捜査を始めた。

 この日午前には、平岡さんの頭部が見つかった山頂近くで、手足のない人の胴体が見つかった。捜査本部は、平岡さんの遺体の一部の可能性が高いとみて、DNA鑑定で身元の確認を行う方針。

 捜査関係者によると、頭部の司法解剖で切断面を詳しく調べた結果、骨部の切断痕などから、切断に使われたのは、ノコギリの可能性が高いことが判明したという。またこの日、見つかった胴体部分は、肩関節、股(こ)関節部分で切り離されていた。発見場所は、頭部遺棄現場から、北に直線距離で70~80メートル離れた緩やかな下り斜面。上から投げ捨てたのではなく、持ち運んだとみられる。

 付近に土や落ち葉で埋めようとした痕跡はなく、裸の状態。周辺に遺留品はなかった。現場では、多量の血痕も確認されなかったことから、別の場所で殺害された後、運び込まれた可能性が高い。9日に司法解剖DNA鑑定を実施し、死因や身元を確認する予定。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/322125/

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 男女3人の遺体、女性1人重体… 熊本県警、殺人事件とみて捜査(9日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノコギリで切断か 島根の女子大生遺棄(8日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 男女3人の遺体、女性1人重体… 熊本県警、殺人事件とみて捜査(9日) »