« 弁当店で女性従業員刺される 同僚の少年か 栃木(30日) | トップページ | 千葉大生殺害、ATM画像は自分と供述 別事件容疑者(30日) »

2009年11月30日 (月)

葛飾ビラ配り事件、罰金5万円確定へ 最高裁が上告棄却(30日)

政党のビラを配布するために東京都葛飾区のマンションに立ち入ったことで、住居侵入罪に問われた住職の荒川庸生(ようせい)被告(62)の上告審判決が30日、あった。最高裁第二小法廷(今井功裁判長)は「表現の自由の行使のためとはいっても、管理組合の意思に反して立ち入ることは管理権を侵害する」と述べて弁護側の上告を棄却した。一審・東京地裁の無罪判決を破棄して罰金5万円を言い渡した二審・東京高裁判決が確定する。

 判決は、マンションの入り口に「チラシ・パンフレット等広告の投函(とうかん)は固く禁じます」などの張り紙があったことを挙げ、「張り紙の内容や立ち入りの目的などからみて、立ち入りが管理組合の意思に反するものだったことは明らかで、荒川住職もこれを認識していた」と判断。荒川住職がマンションのドアを開け、7階から3階までの廊下に立ち入ったことを考えると「法益侵害の程度が極めて軽微とはいえない」と述べた。

 そのうえで、ビラ配布のための立ち入りを罰することが、憲法で保障された表現の自由を侵害するかどうかについて検討。「表現の自由は無制限に保障されるものではなく、公共の福祉のために必要かつ合理的な制限を受ける」というこれまでの最高裁判例を引用し、「表現そのもの」でなく、「表現の手段」を処罰する今回のケースは、憲法に反しないと結論づけた。

 二審判決などによると、荒川住職は2004年12月23日午後2時20分ごろ、共産党の「都議会報告」などを配るためにマンションに入り、各戸のドアポストにビラを投函していたところ住民に通報されて逮捕され、23日間の身柄拘束の後に起訴された。マンションにはオートロック方式の玄関はなく、管理人も常駐していなかった。(中井大助) Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200911300144.html

 

« 弁当店で女性従業員刺される 同僚の少年か 栃木(30日) | トップページ | 千葉大生殺害、ATM画像は自分と供述 別事件容疑者(30日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾ビラ配り事件、罰金5万円確定へ 最高裁が上告棄却(30日):

« 弁当店で女性従業員刺される 同僚の少年か 栃木(30日) | トップページ | 千葉大生殺害、ATM画像は自分と供述 別事件容疑者(30日) »