« 民家に緊縛強盗、カード奪い現金引き出す(14日) | トップページ | 平岡さん遺体、消えた内臓…島根女子大生殺人(14日) »

2009年11月14日 (土)

市橋容疑者、断食ドクターストップ!?(14日)

千葉県市川市で英国人英語講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)が、13日も依然として食事をとっていないことが分かった。“断食”は逮捕後の10日夜から3日以上になる。千葉県警行徳署捜査本部では、近く医師の診察を受けさせる方針で、“断食”にドクターストップがかけられることになる。
 捜査関係者によると、市橋容疑者は10日に逮捕されてから緑茶は口にするものの、食事は全くとっていない。留置担当者に「食べないのか」と促されても黙ってうなずき、緑茶だけ飲むという。食事をとらない理由について、「すねているのかどうか、意図が読み取れない。逃げるという目標を失って放心状態なのか」と困惑気味だ。

 市橋容疑者は、現在のところ体調不良や空腹感を訴えてはいないが、行徳署捜査本部では、このまま食事をとらないでいれば、体が衰弱するなど体調への影響が懸念されるため、医師の診察を受けさせる方針を固めた。

 治療は栄養剤などの点滴などを行うとみられる。都内の警察署の嘱託医を務める医師は「(市橋容疑者本人が拒んだとしても捜査本部が)強制的に入院させるのではないか」とみている。市橋容疑者はこれまでの調べに対して、リンゼイさんに関することや、逃亡中の生活についてはは一切話しておらず、雑談にも応じていない。捜査関係者は「取調官とコミュニケーションを取っている段階」としている。

 12日の送検時の市橋容疑者は、捜査本部が今月5日に公開した写真(先月下旬に撮影)に比べてかなりやつれた印象で、“断食”の影響がはっきり出ていた。市橋容疑者は、2007年3月に千葉県市川市のマンションで、リンゼイ・アン・ホーカーさんが遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で指名手配されたが、捜査の網をかいくぐり逃亡。事件発生から約2年7カ月たった今月10日夜、大阪市住之江区の大阪南港フェリー乗り場で身柄を確保、逮捕された。 一方、千葉地裁は同日、市橋容疑者の拘置を認める決定をした。期間は22日まで。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/324468/

 

« 民家に緊縛強盗、カード奪い現金引き出す(14日) | トップページ | 平岡さん遺体、消えた内臓…島根女子大生殺人(14日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者、断食ドクターストップ!?(14日):

« 民家に緊縛強盗、カード奪い現金引き出す(14日) | トップページ | 平岡さん遺体、消えた内臓…島根女子大生殺人(14日) »