« 「ダビング10」解除で初の逮捕 無制限コピーのソフト販売(25日) | トップページ | 5年前の性的暴行の疑いで男を逮捕(25日) »

2009年11月25日 (水)

スラリ女装警官、出動中 ひったくり犯覚悟!(25日)

腕力の弱い女性を狙うひったくり犯を逮捕しようと、愛知県警の男性警察官が女性に扮して夜間パトロールに10月下旬から出動している。細身にカツラをつけ、スカートやパンストをはいての変身ぶりは、一般男性から「ナンパされる」ほど。しかし、ほとんどが武道の有段者で、「女装ポリス」たちは「絶対に捕まえてやる」と闘志を燃やしている。

 県警中署の地域課特別警戒隊に所属する20代の男性警察官4人が女装して、10月20日から不定期に出動。繁華街の路地裏などひったくりが多発する場所を深夜から未明にかけて歩く。犯人が接触したら、周囲に潜む助っ人警察官とともに逮捕する手はずだ。

 4人は、若くて細身の女性らしい体形を「基準」に、剣道や柔道の有段者を中心に選ばれた。カツラやスカートを身につけ、ブランドのバッグを肩にかけて女装。5回の出動経験がある鈴木孝義巡査(25)=身長170センチ、体重53.5キロ、剣道初段=は、内股で歩く徹底ぶり。車の男性から「お嬢さん、送ってあげようか」と声をかけられ慌てたこともある。

 「女装警官」の1人、曽我部一浩巡査長(26)=同171センチ、61キロ、柔道初段=は「力が弱い女性を狙うのは卑劣。自分を狙ってきたら、投げ飛ばしてやります」と力強い。

 県警によると、県内では10月末までに1309件のひったくりが発生。前年同期より6%少ないが、中署管内の名古屋市中区では45%増の172件。西三河や尾張東部、知多地域でも件数が増えた。被害者の9割は女性。午後8時~午前2時に被害の半数が集中する。帰宅途中の若い女性が狙われるという。

 ただ、これまでに女装チームは7回出動したが、まだ逮捕実績はゼロ。もっと大勢を投入したいところだが、「すぐ男性とバレるような、ごつい警察官に任せるわけにはいかない」(中署)。「基準」に達する人材は、4人がやっとだという。(渡辺周) Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1125/NGY200911250001.html

 

« 「ダビング10」解除で初の逮捕 無制限コピーのソフト販売(25日) | トップページ | 5年前の性的暴行の疑いで男を逮捕(25日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46855424

この記事へのトラックバック一覧です: スラリ女装警官、出動中 ひったくり犯覚悟!(25日):

« 「ダビング10」解除で初の逮捕 無制限コピーのソフト販売(25日) | トップページ | 5年前の性的暴行の疑いで男を逮捕(25日) »