« リンゼイさん死体遺棄事件 市橋容疑者が働いていた会社の元上司、潜伏生活語る(9日) | トップページ | 結婚詐欺・連続不審死 焼死男性宅に常備練炭なし 持ち込まれた可能性(10日) »

2009年11月10日 (火)

市橋容疑者「貯金して親に恩返し」? (10日)

「金が必要だ。助けてほしい」。市橋達也容疑者(30)は昨年8月、大阪府茨木市の建設会社の採用担当者に訴えた。募集会場の大阪市西成区からバスに乗り込み、約3畳半の会社寮で住み込みを始めた。仕事ぶりはまじめ。ソーラーパネルの取り付けや土木作業をこなし、作業を覚えるための手書きメモを持ち歩いた。同僚は「パネルの種類が図解で書いてあった。絵がとてもうまかった」。

周囲には「金をためたい。親を温泉旅行に連れて行って恩返しがしたい」と話し、夜勤の仕事も率先してこなした。飲酒も喫煙もせず、胴巻きに現金を入れて肌身離さず持ち歩いた。 数回の整形手術で顔つきは手配写真とは全く異なる姿に。別の同僚は「ずっと一緒にいたが、手配犯とは分からなかった」という。

 それでも逮捕を恐れてか、普段から黒縁眼鏡に赤い野球帽を身につけ、食事の際も帽子を取らなかった。千葉県警の指名手配では身長は180センチだったが、会社の名簿には自ら175センチと書き、生い立ちを聞かれると「ずっと引きこもり。それではダメだと働くことにした」と語ったという。

 休日もほとんど寮で過ごし、1人で格闘技の漫画や洋画を見ていた。姿を消す数カ月前、仕事仲間に誘われてしぶしぶボウリングに参加したものの、集合写真を撮る際は人影に隠れた。その一方で、打ち上げのカラオケでは英語の曲を流ちょうに歌い、仲間を驚かせたという。建設会社の社長は「もう隠れるところもないだろう。早く出頭するべきだ」と話した。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/322525/

 

« リンゼイさん死体遺棄事件 市橋容疑者が働いていた会社の元上司、潜伏生活語る(9日) | トップページ | 結婚詐欺・連続不審死 焼死男性宅に常備練炭なし 持ち込まれた可能性(10日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者「貯金して親に恩返し」? (10日):

« リンゼイさん死体遺棄事件 市橋容疑者が働いていた会社の元上司、潜伏生活語る(9日) | トップページ | 結婚詐欺・連続不審死 焼死男性宅に常備練炭なし 持ち込まれた可能性(10日) »