« 沖縄ひき逃げ、米軍拘束の軍曹が現場走行認める(11日) | トップページ | リンゼイさん遺体遺棄事件 市橋容疑者、疲れた様子で捜査員の問いかけにうなずくのみ(11日) »

2009年11月11日 (水)

市橋容疑者逮捕:懸賞金1000万円支払い 警察庁初適用(11日)

240686_c1851 市橋達也容疑者が逮捕されたことで、警察庁は10日、逮捕に結びついた有力情報の提供者に総額1000万円の懸賞金を貢献度に応じて支払う手続きを始めた。殺人など重要未解決事件に公費で懸賞金を支払う懸賞広告制度の適用は初めて。

 懸賞広告制度は07年5月にスタート。警察庁や関係警察本部のホームページ、ポスターに掲載し情報を受け付ける。期間は原則1年間。原則、容疑者が手配されている場合は100万円、それ以外は300万円が上限額で、特に必要がある時は1000万円まで引き上げることができる。

 リンゼイさん事件は、制度導入直後の07年6月に懸賞対象に指定された。今年6月で2回目の延長となったが、毎月約150件の情報が寄せられ効果がみられるとして、17件の対象事件で唯一、最高額に引き上げていた。

 1000万円の支払先を巡っては、最終的に大阪市内のフェリー乗り場で「似た男がいる」と大阪府警に110番した人物のほか、▽1年2カ月間の潜伏先だったことを通報した大阪府茨木市の土木会社関係者▽整形手術をしたことを通報した名古屋市中村区のクリニック--などが対象となるとみられる。【千代崎聖史】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091111k0000m040154000c.html

 

« 沖縄ひき逃げ、米軍拘束の軍曹が現場走行認める(11日) | トップページ | リンゼイさん遺体遺棄事件 市橋容疑者、疲れた様子で捜査員の問いかけにうなずくのみ(11日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者逮捕:懸賞金1000万円支払い 警察庁初適用(11日):

« 沖縄ひき逃げ、米軍拘束の軍曹が現場走行認める(11日) | トップページ | リンゼイさん遺体遺棄事件 市橋容疑者、疲れた様子で捜査員の問いかけにうなずくのみ(11日) »