« 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) | トップページ | 市橋容疑者の両親、涙ながらに「罪を償って」 (11日)リンゼイさん家族「戦いの日々終わった」 »

2009年11月11日 (水)

961日の逃亡…相次ぐ通報で追いつめられた市橋容疑者(11日)

顔を変え、名を偽って続けた960日間の逃亡生活。裸足で飛び出したまま行方が分からなくなっていた市橋容疑者の足取りを千葉県警の捜査員は追い続けた。整形手術後の写真公開から5日で事態は急展開した。

 平成19年3月25日未明に自宅を出た後、姿が消えたリンゼイさん。心配した同居女性から相談をうけた船橋署員がリンゼイさんと接触があった市橋容疑者宅を訪れたのは、翌26日午後10時ごろのことだった。市橋容疑者は署員が職務質問を始めると突然逃走し、足取りはマンションから数百メートル先で途絶えた。

 裸足のまま走り出した市橋容疑者の所持金は、リンゼイさんの財布から抜き取った現金を合わせ、わずか5万円程度。捜査本部は、市橋容疑者が事件前からしばしば訪れていた新宿・歌舞伎町の風俗店などを中心に行方を追ったが、有力な目撃情報はほとんどなく、一時は自殺説も流れた。急展開をみせたのは10月26日のことだった。

 「市橋容疑者に似た男が…」。名古屋市内の美容整形外科病院から、市橋容疑者に似た男が鼻を高くする手術を10月24日に受けていた、と通報があったのだ。

 市橋容疑者は以前にも整形手術を受けており、顔立ちは当初の手配写真と大きく変貌(へんぼう)。一重だった目は二重になり、鼻は高く、小鼻は小さくなっていた。2つあった左ほほのほくろも除去され、厚かった下唇も薄くなっていた。最初は病院側も市橋容疑者と分からなかったが、病院関係者が、男ではめずらしいほくろ除去痕を発見。「もしかしたら」と考えたのだという。市橋容疑者は手術の際、大阪に実在する「フジイ」という名前を名乗っていたという。整形後の写真という新たな“武器”で、続々と目撃情報が寄せられるようになる。

 10月中旬には福岡市の病院でも鼻の整形手術を受けようとしていたことが通報で判明した。捜査本部は今月5日に整形後の写真を公開。大阪府茨木市の建設会社から「働いていた男に似ている」という情報が寄せられた。ここでは「井上康介」と名乗っていた。捜査の結果、会社の寮からは市橋容疑者の指紋が検出され、旅券申請書類なども残されていた。

 捜査の手が迫る。逮捕の決め手も、大阪府警に寄せられた「市橋に似た男がいる」という一般市民からの通報だった。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/322995/

 

« 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) | トップページ | 市橋容疑者の両親、涙ながらに「罪を償って」 (11日)リンゼイさん家族「戦いの日々終わった」 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 961日の逃亡…相次ぐ通報で追いつめられた市橋容疑者(11日):

« 森繁久弥さん死去、96歳 大衆芸能で初の文化勲章(10日) | トップページ | 市橋容疑者の両親、涙ながらに「罪を償って」 (11日)リンゼイさん家族「戦いの日々終わった」 »