« マージャン店殺人、面識ある元従業員を逮捕(14日) | トップページ | 薬物検出せず、強引に連れ去りか 島根・女子大生殺害(15日) »

2009年11月15日 (日)

釜山射撃場火災 日本人観光客8人死亡か(15日)

【釜山=水沼啓子】韓国南部・釜山市内にある室内射撃場で14日午後2時25分(日本時間同)発生した火災で、日本人観光客を含む10人が死亡、6人が負傷した。現場の射撃場には11人の日本人観光客がおり、地元警察当局によると、うち5人が死亡したとみられる。釜山の日本総領事館によると、さらに3人の安否が不明だという。消防と警察が死傷者の身元や出火原因を調べているが、遺体の損傷が激しく、身元確認作業は難航している。

 火災に巻き込まれた日本人観光客のうち9人は長崎県島原市の旅行会社「島鉄観光」のツアー客で、同県雲仙市内の小中学校時代の同級生グループとみられる。一行は14日から1泊2日の日程で釜山を訪れていた。

 地元警察当局は、別の日本人ツアー客2人は福岡県と宮崎県の男性とみられると明かした。JR九州は同社が手配した旅行客の中に聯合ニュースが死亡したと伝えた日本人旅行者と同姓同名の人が2人いて連絡が取れない状態だと話している。 

 聯合ニュースなどによると、6人の負傷者のうち3人は日本人男性で、笠原勝さん(37)、原田洋平さん、(36)、島田明さん(37)と確認された。火災が起きたのは日本人観光客らも多く訪れる「国際市場」の中の5階建てビルの2階にある「ガナダラ実弾射撃場」。 

 目撃者らによると、爆発音とともに射撃場に黒煙が立ちこめ、日本人観光客らが火だるまになりながら建物の外に走ってきたという。火災は約30分後に鎮火したが、休憩室内のソファなどが燃え、有毒ガスが広がったとみられている。休憩室では7人の遺体が発見された。

 韓国メディアは射撃場が騒音防止のため密閉構造になっていることが被害拡大を招いたとの見方を紹介した。釜山市内には室内射撃場が4カ所あり、日本人向けの人気観光コースの一つになっていた。火災が起きた室内射撃場もそのひとつで、日本語の看板も掲げられ、スタッフが日本語で射撃方法などを説明していたという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/324608/

 

« マージャン店殺人、面識ある元従業員を逮捕(14日) | トップページ | 薬物検出せず、強引に連れ去りか 島根・女子大生殺害(15日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山射撃場火災 日本人観光客8人死亡か(15日):

« マージャン店殺人、面識ある元従業員を逮捕(14日) | トップページ | 薬物検出せず、強引に連れ去りか 島根・女子大生殺害(15日) »