« 鳥取県警の39歳警察官、男性から現金200万円を脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで逮捕(13日) | トップページ | 拳銃5丁とライフル銃を密造…札幌の会社員逮捕(13日) »

2009年11月13日 (金)

社員逮捕のTBS釈明 「誰がいつ逮捕されてもおかしくない現場だった」(13日)

英国人女性、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=死体遺棄事件で逮捕された市橋達也容疑者(30)の送検中に警察官を突き飛ばし、けがをさせたとして、TBS社員(30)が公務執行妨害の現行犯で逮捕された事件で、TBS広報部は13日、「取材中に起きたことで、今は事実関係を調査中」とした上で、「混乱した中で、報道陣の誰がいつ逮捕されてもおかしくない現場だった」と釈明した。

 だが、現場の本紙記者やカメラマンによると、送検現場は警察、報道陣双方とも冷静で、突撃取材をしなければならないような状況ではなかったという。市橋容疑者は12日午前11時ごろ、千葉県警行徳署裏門に姿を見せた。送検される市橋容疑者は逮捕時と違い、ヨットパーカーのフードをかぶっているものの、ゆっくりワゴン車まで歩き、顔は表情まではっきり確認できた。報道各社は混乱もなく、撮影や取材を続けた。

 ところが、市橋容疑者の車が裏門を出て曲がろうとした瞬間、逮捕された社員が車に向かって規制線を突破。県警の警察官に取り押さえられると、さらにこれを振り切り、車に向かおうとしたため、現場は混乱を極めた。決して「誰が逮捕されてもおかしくない現場」ではなかったという。社員はビデオカメラに内蔵された「ナイトショット」と呼ばれる赤外線撮影機能を生かし、暗い車内にいる市橋容疑者を撮影しようと試みたとみられる。関係者によると、社員は朝の情報・報道番組「みのもんたの朝ズバッ!」などの担当ディレクターだったという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/324026/

 

« 鳥取県警の39歳警察官、男性から現金200万円を脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで逮捕(13日) | トップページ | 拳銃5丁とライフル銃を密造…札幌の会社員逮捕(13日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46751020

この記事へのトラックバック一覧です: 社員逮捕のTBS釈明 「誰がいつ逮捕されてもおかしくない現場だった」(13日):

« 鳥取県警の39歳警察官、男性から現金200万円を脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで逮捕(13日) | トップページ | 拳銃5丁とライフル銃を密造…札幌の会社員逮捕(13日) »