« 鳥取不審死、水死体発見の前日に女と携帯連絡(29日) | トップページ | 赤ちゃんポスト:匿名での運営継続 熊本・慈恵病院(29日) »

2009年11月29日 (日)

飲んだら乗らない!飲酒運転撲滅で警察が“辛口の酒”(29日)

200911281989151n1 飲酒運転撲滅を呼びかける日本酒「呑んべ~

乗るな!」が、12月1日から、さいたま市内の酒店で限定販売される。

 浦和署と浦和小売酒販組合が共同開発した。

 発案者は同署の牧武彦交通課長。「標語入りのティッシュなんかではダメ。インパクトのある啓発品が必要」と考え続け、〈酒をもって酒を制す〉作戦がひらめいた。

 提案を受けた酒販組合の武笠治副理事長は、「売り上げは期待できないが、少しでも飲酒運転防止のお役に立てれば」と、協力を約束。瓶の表ラベルに「飲酒運転撲滅」と書いた“禁断の酒”が誕生した。中身は、1776年創業の内木酒造(さいたま市桜区)が、埼玉県産の酒米「さけ武蔵」を使って仕込んだ「麓和の酒 うらら」。さいたま市内の酒店約150店で、720ミリ・リットル入り500本が、1本1400円(税込み)で販売される。

 浦和署管内では27日現在、昨年同期の3倍近い72件の飲酒運転が摘発された。奇抜なアイデアに「不謹慎」との声も上がりそうだが、「心配していない」と牧課長。「飲酒運転の恐れがある人にこそ飲んでもらい、飲むたびにラベルを見て自制してほしい」と訴えている。(2009年11月28日22時16分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091128-OYT1T00989.htm

 

« 鳥取不審死、水死体発見の前日に女と携帯連絡(29日) | トップページ | 赤ちゃんポスト:匿名での運営継続 熊本・慈恵病院(29日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46886048

この記事へのトラックバック一覧です: 飲んだら乗らない!飲酒運転撲滅で警察が“辛口の酒”(29日):

« 鳥取不審死、水死体発見の前日に女と携帯連絡(29日) | トップページ | 赤ちゃんポスト:匿名での運営継続 熊本・慈恵病院(29日) »