« 中国:重慶で暴力団員ら2954人拘束 違法資金も押収(2日) | トップページ | 連続不審火か 100円ショップ店内で相次ぎ出火(2日) »

2009年11月 2日 (月)

男性連続不審死事件 逮捕当日まで同居の男性「火災報知器7個なくなっていた」(2日)

詐欺などの疑いで逮捕された34歳の女の周辺で、男性4人が不審な死を遂げている事件で、FNNは、逮捕当日まで、この女と同居していた関東に住む40代の男性の証言を入手した。
この男性は9月15日、女とインターネットの結婚サイトで知り合い、9月19日から女が詐欺などの容疑で逮捕される9月25日までの1週間、男性の自宅で同居をしていた。
そして、出会った当初から、女は男性に、「1カ月で自宅マンションを出て行かなければならず、住むところがない」などと持ちかけ、「家政婦を雇ったつもりで支援をしてほしい」と、借金返済の支援を求めていたという。
男性は、1週間の同居生活の間に、女にあわせて450万円を渡していた。
そしてさらに、この男性の自宅にあった火災報知機が、すべて取り外されていたことがFNNの取材でわかった。
女が逮捕されてから数日たって、同居していた男性は 家中の火災報知機がなくなっていることに気づいたという。
逮捕当日まで同居していた男性は「うち、火災報知器が7個あるんですけど、7個なくなってるんですよ。(彼女が)いなくなってから気づいた。火災報知器が7個ないというのは、誰も取り外す人なんていないし」と語った。
男性は、自宅でおよそ1週間、女と同居生活を送ったが、女が逮捕されてから数日たって、自宅の7カ所に設置していた火災報知機が、すべて取り外されていたことに気づいたという。
また女は、自分のブログに載せていたミネラルウオーターのウオータークーラーや、高級鍋、ダイニングテーブルなど、自分の家財道具を男性宅に運び入れていたこともわかった。
千葉・野田市では2009年5月、女が訪問ヘルパーとして出入りしていた安藤建三さん(当時80)が、自宅の火災で亡くなっていることから、警察は、男性宅の火災報知機が取り外されていた経緯など、女と一連の事件との関連を慎重に調べる方針。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 中国:重慶で暴力団員ら2954人拘束 違法資金も押収(2日) | トップページ | 連続不審火か 100円ショップ店内で相次ぎ出火(2日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男性連続不審死事件 逮捕当日まで同居の男性「火災報知器7個なくなっていた」(2日):

« 中国:重慶で暴力団員ら2954人拘束 違法資金も押収(2日) | トップページ | 連続不審火か 100円ショップ店内で相次ぎ出火(2日) »