« 女子大生遺体遺棄事件 180人態勢で捜索(23日) | トップページ | スーパーで900万強奪、愛知 店長縛り、車奪い逃走(23日) »

2009年11月23日 (月)

埼玉・川口市でポーカーゲーム機など使い賭博を行っていたゲーム喫茶店摘発 3人逮捕(23日)

埼玉・川口市で、ポーカーゲーム機などを使って賭博を行っていたゲーム喫茶店が摘発され、経営者と従業員の男ら3人が逮捕された。
摘発されたのは、川口市西川口のゲーム喫茶店「キャプテン2」で、ポーカーゲーム機とマージャンゲーム機9台を使い、客に金を賭けさせていた疑いで、経営者の厳 元鶴容疑者(50)が逮捕され、従業員の松林康児容疑者(30)ら2人も常習賭博の現行犯で逮捕された。
この店は15年ほど前から営業していて、月100~150万円の利益をあげていたという。
厳容疑者は警察の調べに対し、「喫茶店が赤字で、博打の利益で補てんしていたLogo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167069.html

 

« 女子大生遺体遺棄事件 180人態勢で捜索(23日) | トップページ | スーパーで900万強奪、愛知 店長縛り、車奪い逃走(23日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46835179

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉・川口市でポーカーゲーム機など使い賭博を行っていたゲーム喫茶店摘発 3人逮捕(23日):

« 女子大生遺体遺棄事件 180人態勢で捜索(23日) | トップページ | スーパーで900万強奪、愛知 店長縛り、車奪い逃走(23日) »