« 2009年11月25日 | トップページ | 2009年11月27日 »

2009年11月26日

2009年11月26日 (木)

父親刺殺容疑で長男逮捕 自宅放火の疑いも(26日)

 栃木県栃木市で25日未明、県立高校教諭、佐山範靖さん(55)方が全焼し、刺し傷のある遺体が見つかった事件で、県警栃木署は26日、遺体を佐山さんと確認、殺人の疑いで、長男で私立大学4年、貴洋容疑者(22)を逮捕した。貴洋容疑者は「金の使い方などで小言を言われ、かっとなった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、貴洋容疑者は25日午前5時ごろ、自宅にあった包丁(刃渡り15センチ)で佐山さんの腹や胸を数回突き刺し、殺害した疑いが持たれている。

 貴洋容疑者は21日から実家に帰省していた。貴洋容疑者が「灯油をまいて、火をつけた」と供述していることから、同署では放火の疑いでも調べている。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/329016/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26,27日 単位・レベル)

女装警察官

【治安解説】なんと、愛知県警に女装警官が登場した。腕力の弱い女性を狙うひったくり21 犯を逮捕しようというのが狙いで、男性警察官が女性に扮して夜間パトロールを10月下旬から実施している。

 細身にカツラをつけ、スカートやパンストをはいての変身ぶりは、一般男性から「ナンパされる」ほどだという。ほとんどが武道の有段者で、「女装ポリス」たちは「絶対に捕まえてやる」と闘志を燃やしているらしい。

 かつて、国際温泉都市・熱海で、夏になると浴衣を着た警察官が温泉街に出没し、話題になった。犯罪者はあらゆる手段を行使するのに、取締側が手を拱いている訳はない。その場のシチュエーションにマッチした七変化での活動をすべきだろう。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』
flairnew【不審者】
公然わいせつ/小金井市 本町4丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:
○詳細:20:40頃、黒っぽいジャンパー、オートバイ利用の男による。
○投稿日時2009-11-26 23:07:56
flairnew【事件】ひったくり/北区 田端新町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:18時頃、グレー色っぽい原付スクーターに乗った男による。グレー色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、色不明フルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-26 19:05:42
flairnew【不審者】声かけ/板橋区 舟渡付近
○発生日時:昨日
○被害者:児童
○詳細:16:40頃、白色ワゴン車に乗った男に声をかけられた。30歳位、茶髪、青色ジャンパー、ジャージのズボン着用。
○投稿日時2009-11-26 14:58:56
【事件】ひったくり/青梅市 新町7丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:10頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-25 23:58:24
事件】ひったくり/町田市 南つくし野3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:30頃、黒っぽいまたがり式原付バイクに乗った、若い感じの男2人組みによる。うち1人は学生風。
○投稿日時2009-11-26 00:00:21
【事件】強盗/八王子市 子安町1丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:02:40頃、30歳代の男による強盗が発生。170cm位、オレンジ色っぽいズボン
○投稿日時2009-11-26 08:15:18
【事件】ひったくり/品川区 東五反田5丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:50頃、黒色っぽいまたがり式オートバイに乗った男による。
○投稿日時2009-11-25 18:50:51
【火災】足立区中川5丁目 中川水再生センター
○発生日時:本日午後
○燃えている物:工場
○火の状態:下火
○消火作業:消防員消火済
○詳細:14時ごろセンターから出火。地下のベルトコンベヤー解体中に火の粉がゴムに燃え移ったとのこと。2時間以上延焼した模様。
○投稿日時2009-11-25 17:27:05
【不審者】痴漢/品川区 上大崎2丁目のマンション内
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:14:50頃、男に体を触られた。犯人は、40歳代、170cm位、マスク、眼鏡、徒歩。
○投稿日時2009-11-25 16:15:17
【不審者】暴行/練馬区 土支田三丁目
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:19:30頃、道を尋ねてきた男に、いきなり口を塞がれた。犯人は、小太り、若い感じ、黒のダウンジャケットに黒っぽいズボン、黒いヘルメットを着用、黒い原付スクーター利用。
○投稿日時2009-11-25 11:30:28
new【不審者】公然わいせつ/杉並区 堀ノ内3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:01:50頃、20歳代の男による。170cm位、緑色っぽいジャンパー、帽子、徒歩。
○投稿日時2009-11-25 08:46:34
【事件】ひったくり/杉並区 上高井戸2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:30頃、バイク利用の犯人による。詳細は不明。
○投稿日時2009-11-25 00:04:15
【事件】ひったくり/国立市 富士見台2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:40頃、原付スクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、赤っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-11-24 23:02:23
【事件】ひったくり/青梅市 新町3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:10頃、黒っぽいまたがり式原付バイクに乗った男による。黒っぽいジャンパー、赤っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-11-24 22:21:26
【事件】ひったくり/羽村市 栄町2丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:20頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。黒っぽい服、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-22 11:13:06
【不審者】公然わいせつ/練馬区 豊玉中3丁目のマンション内
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:21:40頃、30歳代の男による。170cm位、赤色っぽいTシャツ、色不明ズボン、徒歩。
○投稿日時2009-11-21 22:42:07
【不審者】つきまとい/練馬区 三原台1丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:15:30頃、30歳代の男による。170cm位、中肉、長髪茶色、オレンジ色っぽいTシャツ、徒歩。
○投稿日時2009-11-21 18:05:29
【不審者】公然わいせつ/あきる野市 平沢の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:14:40頃、40歳代、茶色っぽい作業衣、青色っぽい作業ズボン、眼鏡、徒歩の男による。
○投稿日時2009-11-20 16:13:47
【事件】ひったくり/豊島区 池袋本町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:06時頃、黒っぽいまたがり式原付バイクに乗った男による。黒っぽい上衣、色不明ズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-20 08:04:44
【不審者】声かけ/北区 田端3丁目付近
○発生日時:本日早朝
○被害者:生徒
○詳細:06時頃、不審者は20歳代の男、170cm位、中肉。
○投稿日時2009-11-20 09:17:50
【不審者】公然わいせつ/羽村市 緑ヶ丘1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:23時頃、20歳代、中肉、短髪、黒っぽい上衣、黒っぽいズボン、自転車利用の男による。
-○投稿日時2009-11-20 00:13:01
【不審者】痴漢/葛飾区 金町2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女子学生
○詳細:22:30頃、男に体を触られた。不審者は20歳代、170cm位、中肉、短髪茶色、グレー色っぽいトレーナー、紺色っぽいジーパン、黒色っぽいマウンテンバイク利用。
○投稿日時2009-11-20 00:11:47

★『横浜市内』
【不審者】
痴漢/横浜市港南区 港南区笹下
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:24日20時55分頃、港南区笹下付近を帰宅途中の女子生徒が、後方から近づいて来た男に口をふさがれて抱きつかれる事案が発生した。
男は年齢20歳代、身長170センチ位、体格中肉。黒色のダウンジャケットを着用。
○投稿日時2009-11-25 13:55:10

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市青葉区の畳店で女性経営者が死亡 24歳の長男が行方不明(26日)

神奈川・横浜市青葉区の畳店で、女性経営者が死亡しているのが見つかり、警察は、事件の可能性もあるとみて調べている。
25日午後2時半ごろ、横浜市青葉区で、畳店経営・今野 みさ子さん(45)が、店舗兼住宅の2階自室の布団の上で死亡しているのを出勤してきた従業員が発見し、110番通報した。
今野さんは普段着姿で、布団の脇であおむけで死亡していて、目立った外傷や争ったような跡はないものの、わずかに、首に絞められたようなあとがあるという。
今野さんは、母親とパチンコ店従業員の長男(24)の3人暮らしで、長男は25日午前8時ごろ、仕事に出かけたまま連絡が取れないという。
警察は、司法解剖して死因の特定をするとともに、行方がわからなくなっている長男の行方を捜している。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「邪悪な法律、犬殺す」小泉被告が無罪主張(26日)

元厚生次官宅連続襲撃事件で、殺人罪などで起訴された無職小泉毅被告(47)(さいたま市北区東大成町)の初公判が26日午後、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で始まった。

 小泉被告は、罪状認否で起訴事実について一部を否認したうえで意見陳述を求め、「厚労省の作った邪悪な法律によって多くの犬が殺されている。殺したのは邪悪な魔物だ。あくまで無罪を主張する」と発言した。襲撃直後は「年金テロ」の可能性が指摘され、東京・霞が関の官庁街で厳戒態勢が敷かれるなど社会的影響も大きかった事件。小泉被告の不可解な動機や陳述が、どう解明されるかが焦点となる。

 小泉被告は午後1時5分頃、黒いジャージー姿で入廷した。頭髪は短く刈り込まれ、大型の茶封筒と分厚い書類を手にしていた。初公判は午後1時10分に開廷。検察側の起訴状朗読に続く罪状認否で、伝田裁判長から「間違っていることはありませんか」と問われた小泉被告は、「山口(剛彦・元厚生次官)の家族はターゲットではない。吉原(健二・元次官)の妻は抵抗していない。命ごいだけした。抵抗していたら殺していた。横尾和子(元最高裁判事)を殺害する機会はうかがっていない」などと述べ、起訴事実の一部を否認した。

 小泉被告は今年3月に起訴され、地裁、さいたま地検、弁護人らが争点を整理する公判前整理手続きが5月に始まった。手続きは11月20日までに計7回。地検幹部によると、小泉被告は自ら「立ち会いたい」という趣旨の申し出をして、手続きに出席したという。

 起訴時の地検の発表によると、小泉被告は元厚生次官の山口剛彦さん(当時66歳)、美知子さん(同61歳)夫妻と、元同次官の吉原健二さんの妻靖子さん(73)の襲撃について「飼い犬のあだ討ち」と説明する一方、元最高裁判事の横尾和子さん(68)は「国民審査で罷免されるのが怖いから判事を退任したひきょう者」と考えて殺害を計画した。元次官襲撃と横尾さん殺害計画の動機に関する供述が異なっている点を、検察側がどのように解明したのかも焦点になる。

 検察側は公判で、結果の重大性や計画性に焦点を当てるとみられる。弁護側は、自首した経緯や、靖子さんを襲った際、被告自身の意思で殺害をやめた点を重視するよう主張する見通しだ。

 さいたま地裁前には26日午前、40席分の一般傍聴券を求めて367人が集まった。埼玉県上尾市の主婦(57)は「何十年前の恨みを果たしたいという動機に疑問がある。公判でどこまで本当のことを話すか注目したい」。妻(60)と訪れたさいたま市中央区の会社員(65)は「注目度が高い裁判なので、夫婦で傍聴したいと思った。時代を象徴するような事件。本当にこんな動機なのか、小泉被告の表情や目線を生で見てみたい」と話した。

 初公判では小泉被告の罪状認否に続き、検察、弁護側双方の冒頭陳述などが行われる。公判前整理手続きで検察側証人6人の出廷が決まっており、証人尋問は12月14、15日。さらに16、17、18日の3日間、小泉被告に対する被告人質問が行われる。来年1月13日の検察側の論告、2月10日の弁護側の最終弁論を経て、3月30日に判決が言い渡される予定。

 ◆元厚生次官宅連続襲撃事件=起訴状では、小泉被告は2008年11月17日午後7時頃、さいたま市南区の元次官山口剛彦さんと妻の美知子さんを刺殺し、翌18日午後6時30分頃、東京都中野区の元次官吉原健二さんの妻靖子さんを包丁で刺し、全治約3か月の重傷を負わせたとしている。さらに、社会保険庁長官も務めた横尾和子さんと家族の殺害を計画し、同日午後8時過ぎ、刃物を準備して、千葉県内の自宅近くで殺害する機会をうかがうなどしたとしている。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091126-OYT1T00435.htm?from=main1

(2009年11月26日14時08分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「近未来通信」元専務ら6人逮捕 投資詐欺の疑い(26日)

2006年に経営破綻(はたん)したIP電話事業者「近未来通信」(東京都中央区)が、通信設備への投資をうたい巨額の資金を集めたとされる詐欺事件で、警視庁は26日、同社の専務日置茂(44)と常務建石春雄(67)の両容疑者ら当時の幹部6人を詐欺容疑で逮捕した。6人とも容疑を否認しているという。社長の石井優容疑者(53)は国外に出国しているとされ、同庁は07年4月、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ詐欺容疑で国際手配したが、足取りはつかめていない。

 捜査2課によると、専務らは、IP電話の通信を中継する「サーバー」と呼ばれる機器のオーナーになれば、毎月数十万円の高配当が得られるとうそを言って、06年3~7月、配当を支払う意思も能力もないのに投資家4人から約1億2千万円をだまし取った疑いが持たれている。同課は、専務ら幹部の主体的な関与が裏付けられたとしている。

 同社は、格安の通話料をうたったIP電話事業を展開する一方、サーバーの設置費を一般から募る「中継局オーナーシステム」という仕組みで1口1千万円以上で投資を募っていた。当初は全国の約3千人から約400億円を集めたとみられていたが、その後の捜査で約4千人から約600億円にのぼることが判明。しかし、総務省によると、配当に回るはずの通話料収入は04年8月からの1年間で、総売り上げの約2%の約3億円だった。

 06年9月以降、配当金の支払いが滞り始め、新たに集めた投資金が既存の投資家への配当に回される自転車操業状態となっていることが表面化した。石井容疑者以外の全役員が辞任、石井容疑者は同11月中旬に出国し行方がわからなくなった。同下旬には本社や全国の支店が一斉に閉鎖された。

 捜査2課は同12月、詐欺容疑で本社など関係先約20カ所を家宅捜索。その後の調べで、押収された約1400台のサーバーのうち、作動させるためのすべてのソフトウエアが組み込まれているのは73台だったことが判明。同課は、同社がサーバーの大半を設置当初から稼働させる意図がなかったとみている。 http://www.asahi.com/national/update/1126/TKY200911260195.htmlLogo3_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

近未來通信 元専務ら取り調べ(26日)警視庁

インターネットを使ったIP電話の事業に投資すれば通話料収入に応じて多額の配当が得られるとして、600億円余りを集めたとされる「近未來通信」が、うその説明をして投資家から現金をだまし取った疑いが強まり、警視庁は、詐欺の疑いで元専務など当時の幹部ら6人の取り調べを始めました。容疑が固まりしだい逮捕する方針です。

取り調べを受けているのは、東京・中央区にあった「近未來通信」の44歳の元専務ら6人です。「近未來通信」は、インターネットを使ったIP電話の事業に必要な通信設備のオーナーになれば通話料収入に応じて多額の配当が得られるとして、全国のおよそ4000人から600億円余りを集めたとされています。

 警視庁は、平成18年に当時の本社などを捜索し、国内の95か所に設置されたIP電話の設備およそ1400台を調べた結果、ほとんどは稼働させるためのソフトが組み込まれておらず、通話に利用できない状態だったということです。

 警視庁は、多額の配当が得られるとうその説明をして、投資家4人からおよそ1億2000万円をだまし取った詐欺の疑いで元専務らを取り調べており、容疑が固まりしだい、逮捕する方針です。警視庁は、元社長の石井優容疑者(53)についても、おととし詐欺の疑いで逮捕状を取りましたが、中国に出国したまま行方がわからなくなっていて、引き続き行方を捜査しています。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/t10014016951000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー取引:プルデンシャル生命社員ら2人を立件へ(26日)

ジャスダック上場のIT関連会社「テレウェイヴ」(現SBR、東京都港区)の未公表情報を基に、外資系生保「プルデンシャル生命保険」(千代田区)の30代の男性社員ら2人が不正な株取引をしていた疑いが強まり、東京地検特捜部と証券取引等監視委員会は近く、金融商品取引法違反(インサイダー取引)容疑で立件する方針を固めた。計数千万円の利益を得たとみられ、取引実態の解明を進める。

 捜査関係者によると、インサイダー取引の疑いが持たれているのはプルデンシャルの男性社員とテレウェイヴ子会社の元役員。元役員は06年11月、テレウェイヴが業績不振のため07年3月期連結決算の業績予想を下方修正するという未公表情報を入手し、知人だった男性社員とともに大量のテレウェイヴ株を空売りした疑いがある。

 2人は業績予想修正の公表後に株価が値下がりしたところで買い戻し、数千万円の利益を得たという。取引には男性社員名義など複数の証券口座が使われていた。監視委が3月、同法違反容疑で強制調査していた。

 プルデンシャル関係者らによると、男性社員は法人や個人を対象に保険商品を勧誘する「ライフプランナー」という営業職で、数百人いるライフプランナーの中でも営業成績はトップクラスだった。特に新規上場企業の社員らを対象に契約数を伸ばし、年収は1億円以上だったという。「トップ営業マン」という触れ込みで講演会の講師も務めていた。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091126k0000e040032000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(26日)2件

振り込め詐欺:撲滅月間の被害総額8億円超 警察庁まとめ

Logo_mainichi1 警察庁は26日、振り込め詐欺撲滅月間(10月15日~11月14日)の被害総額は8億589万円(認知件数516件)だったと発表した。集中的な取り組みにもかかわらず目標の4億5000万円(同400件)を大きく上回ったことから、警戒を強めている。今年1~9月の月平均と比べ、認知件数は19%減となったが、被害総額はほぼ同水準だった。オレオレ詐欺の被害が月平均比17.5%増の4億9667万円に上り、全体を押し上げた。事前に携帯電話の番号変更を伝えて警戒を緩ませる「アポ電」の手口が目立っている。【長野宏美】http://mainichi.jp/select/today/news/20091126k0000e040024000c.html

振り込め詐欺:新手、警官名乗りカード詐取 銀行協会の関係者名も /香川

Logo_mainichi1警官や銀行協会関係者を名乗ってキャッシュカードをだまし取り、暗証番号を聞き出す新手の振り込め詐欺の被害が発生した。県警は「不審な電話があっても取り合わないで」と注意を呼びかけている。捜査2課によると、24日午後1時40分ごろ、高松市内の70代女性宅に、男の声で警官を名乗り「何者かがあなたの口座から現金を下ろしている」と電話があった。20分後、銀行協会関係者を名乗る別の男の声で「協会の者を向かわせる。キャッシュカード再発行の手続きをして下さい」と電話がかかった。午後3時20分ごろ、30歳前後とみられるスーツ姿の男が女性宅を訪れ、キャッシュカードを預かると、だまし取ったうえ、暗証番号を聞きだした。口座からは計約55万円が引き出された。 同課によると、県内では同日、同様の手口の相談が他に2件あった。全国では11月初旬だけで計約100件発生、同課は「警察や金融関係機関が暗証番号を聞くことも、カードを預かることもない。すぐに110番通報してほしい」としている。【松倉佑輔】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091126ddlk37040622000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

16歳をデリヘル派遣 経営者逮捕(26日)

 18歳未満の少女をデリバリーヘルスで働かせたとして、警視庁少年育成課と小平署は、児童福祉法違反の疑いで埼玉県鳩ケ谷市三ツ和の風俗店「愛s」の経営者、嶋田優太容疑者(25)を逮捕した。同課によると、嶋田容疑者は容疑を大筋で認めている。

 逮捕容疑は、東京都練馬区在住の少女=当時(16)=が18歳未満と知りながら、昨年4月26日に新宿区内のマンションに派遣し、男性会社員とわいせつな行為をさせたとしている。

 同課によると、嶋田容疑者は平成19年8月ごろから、場所を転々としながらデリヘルを営業しており、「これまでに約1千万円の利益があった」と話しているという。同店の料金は1回3万5千円前後で、少女には客に対して18歳以上を名乗るよう指示していた。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328901/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級車狙う外国人窃盗団、大規模アジトを一斉捜索 6府県警(26日)

西日本各地で自動車盗を繰り返す外国人窃盗団が盗品を海外に輸送するため、神戸市西区などの空き地に「ヤード」と呼ばれる大規模アジトを形成して車両を解体していることが分かり、兵庫、大阪など6府県警は26日、窃盗容疑で、このヤードなど10カ所の一斉捜索を始めた。

 県警などはこれまでに海外で人気のトヨタ「ハイエース」を主に狙ったアフリカ系外国人を中心とした窃盗団のメンバー43人を窃盗容疑などで逮捕。窃盗団がヤードに盗んだ車両を集め解体していたことを突き止め、ヤード内部を捜索し、容疑を裏付けるとともに組織の全容解明を進める。

 一斉捜索は、6府県警の捜査員が協力し、約250人態勢。神戸市西区神出町勝成のヤードには午前10時10分過ぎに捜査員が入り、コンテナや事務所を捜索。内部にはエンジンやタイヤなどが散乱、数人の外国人から事情を聴いた。

 県警によると、ヤードは同市西区や同県三木市内などに複数存在。コンテナを積み上げて周囲から見えないよう遮られ、事務所や作業場として利用。水際での摘発を免れ、海外に輸送しやすいよう車両を部品にしているとみられる。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328899/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

時効早期廃止求める声相次ぐ(26日)

法務大臣の諮問機関である法制審・法制審議会の部会は、殺人などの凶悪事件の時効制度の見直しを検討するため、犯罪被害者の団体からヒアリングを行い、団体側から「遺族にとって心の区切りはない」などとして、時効の早期廃止を求める声が相次ぎました。

法制審は、殺人などの凶悪事件の時効制度の見直しを検討する部会の2回目の会合を25日に開き、犯罪によって家族を失った遺族などで作る7つの団体からヒアリングを行いました。この中で団体側から、「遺族にとって心の区切りはない。

 早急に時効を廃止してほしい」という意見や、「命は平等なのだから、殺人だけでなく、傷害致死やひき逃げといった犯罪も時効の見直しの対象に加えてほしい」という要望などが相次いで出されました。一方、1つの団体からは、「平成16年に時効を延長したばかりであり、その効果を見極めてから判断すべきだ」として、時効の見直しに慎重な意見も出されました。

 法制審は、25日に出された意見も踏まえ、時効の見直しの必要性や、見直す場合の具体的な犯罪の範囲などについて、引き続き月2回のペースで検討を進めていくことにしています。法制審議会のヒアリングに参加した犯罪被害者の団体の1つ、「宙の会」の代表幹事で、13年前、大学生の娘を殺害された小林賢二さんは「娘の仏壇に手を合わせてから来ました。私たち遺族の話を直接聞いてもらえるよい機会で、今の時効制度には到底納得できないという思いを率直に話しました。

 今後も時効の撤廃を世論に訴えて運動を続けていきます」と話していました。また、9年前、東京・世田谷区で会社員の一家4人が殺害された事件で妹の家族を亡くした入江杏さんは「何年たっても悲しみは癒えることはありません。時効がきたからといって、自分の心に区切りをつけることはとてもできません」と話していました。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10014006081000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高崎の女性死体遺棄、捜査本部を設置…指紋も採取(26日)

群馬県高崎市吉井町多比良の牛伏山の土の中から女性の遺体が見つかった事件で、県警は25日、死体遺棄事件として藤岡署に捜査本部を設置した。

司法解剖の結果、女性は20~40歳代で死後1年未満、死因は不明としている。

 県警によると、女性は身長150~155センチ、茶色で40~50センチの長髪。首の後ろの付け根付近にハートをイメージした入れ墨があった。

 目立った外傷はなく、下腹部に盲腸とみられる手術跡があり、足の爪にはピンク色のペディキュアが塗られていた。県警は、女性の特徴や右手から採取した指紋を手がかりに身元確認を急いでいる。(2009年11月26日07時01分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091125-OYT1T01475.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

グラスに薬…店員目撃、保管 強盗強姦容疑で男逮捕(26日)

居酒屋で睡眠導入剤入りの焼酎を女性に飲ませ、性的暴行を加えるなどしたとして、警視庁が東京都目黒区上目黒2丁目、寺田和弘容疑者(39)を強盗強姦(ごうかん)の疑いで逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。同店によると、寺田容疑者が女性のグラスに薬のようなものを入れるのを店員が目撃し、飲み残しの焼酎を保管。同庁で調べたところ、睡眠導入剤の成分が検出されたという。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は、10月24日未明、目黒区内の居酒屋で一緒に飲んでいた30代の女性の焼酎に、すきを見て睡眠導入剤を入れて飲ませ、昏睡(こんすい)状態になった女性を約300メートル離れた自宅マンションに連れ込んで現金8千円を奪ったうえ、性的暴行を加えたというもの。寺田容疑者は睡眠導入剤の使用を否定し、暴行についても「合意の上だった」と容疑を否認しているという。

 同店によると、寺田容疑者はこの2日後、別の女性を連れて来店した。この際も薬のようなものを入れているのを店員が見つけたことから、同庁に通報。この女性に睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませて所持品を奪ったとする昏睡強盗容疑で逮捕されていた。

 寺田容疑者は複数の女性と同店を頻繁に訪れ、女性が飲酒後間もなく、もうろうとすることがあったといい、同庁は余罪がないか調べている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1126/TKY200911250486.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム缶そば、不明元社長の車 大阪・阪南の遺棄事件(26日)

大阪府阪南市のシャッターが閉じられた車庫の中で、男女とみられる遺体の入ったドラム缶が見つかった。そばには、5年前に行方不明になった夫婦の車がほこりまみれのまま置かれていた。遺体は夫婦なのか。いつ、誰が、なぜ遺棄したのか。現場の車庫は、約5年前から借り主のいない状態だったという。

 遺体が見つかったガレージは、閑静な住宅街の一角にある。空きが多く、車の出入りは少ないという。このガレージは通路を挟んで2列に分かれ、計28台駐車できる構造だ。屋根付きで1台ずつ壁で仕切られており、出入り口にはシャッターがある。遺体の入ったドラム缶は、通りに面した入り口から7台目のスペースから見つかった。

 大阪府警によると、21日午前、ガレージの所有者が月決め契約を結んでいる人から、「もう1台分借りたい」との申し出を受け、未契約だったガレージのシャッターを開けた。中に所有者不明の銀色の車がとまっていたという。車のドアは施錠され、エンジンキーはなかった。経営者は23日になって泉南署に「知らない車が止まっている」と相談。25日午後に同署員が現場を確認し、ガレージ奥にあったドラム缶のふたを開けたところ、人の足のようなものを見つけたという。

 近所の男性(69)らによると、25日昼過ぎ、駐車場周辺に警察官が集まっていたため見に行くと、クモの巣や白いほこりだらけの状態の車が止めてあり、ドラム缶が置いてあった。周囲には異臭が立ちこめていたという。男性は「そんなところに遺体とは夢にも思わなかった」と話した。

 捜査関係者によると、ドラム缶のそばにあった車は、04年12月に行方不明になった大阪府和泉市のカーペット製造・販売会社元社長の所有だったという。同月4日、自宅隣の事務所の2階の床に数カ所の血痕があるのを長男が見つけ、元社長夫婦と連絡が取れなくなったことから、府警に家出人捜索願を出していた。 行方不明になった夫婦と長年近所付き合いをしていたという男性は、「仲の良さそうな夫婦で、トラブルは聞いたことはない。行方不明になったときは、いつか帰ってくると思っていた。車が海から発見されるようなことがあると、あの2人ではないかと気になっていた」と話した。

 ガレージの関係者は、「遺体が見つかった車庫は5~6年は借り手がいなくて空きっぱなしだった」と証言する。別のスペースを借りている配管業の男性(56)は「現場の車庫は以前誰が使っていたか、全く覚えていない」と話した。 近くのボウリング場のアルバイト店員(26)は「昼過ぎぐらいからパトカーが何台も来て、だんだん騒がしくなった。このあたりは静かなところなのに……」と驚いていた。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1126/OSK200911260001_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社ぐるみで泥棒? 容疑の9人摘発 札幌(26日)

札幌・西署などは窃盗と建造物侵入の疑いで札幌市東区苗穂町、主犯格の無職松岡鉱治容疑者(40)ら8人を逮捕、1人を書類送検した。

 同署によると、松岡容疑者は事件当時、贈答品販売などの会社を経営しており、容疑者のうち1人は共同経営者、3人は会社の従業員。盗んだ金は会社の運転資金や遊興費に充てたと供述したという。

 同署は、このグループが昨年10月~今年4月、道内84カ所で計4740万円相当を盗んだとして立件しており、一部は判決も出ている。

 松岡容疑者の逮捕容疑は2月初旬、余市町大川町の建設会社に侵入し、現金約20万円と切手など約1800点(55万円相当)を盗んだ疑い。西署によると松岡容疑者らは実行役や見張り役を決め、夜間の事務所や店舗に侵入したという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328748/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンホールのふた40個窃盗 容疑の2人を逮捕(26日)

神奈川県警緑署は25日、資材置き場からマンホールのふたなどを盗んだとして窃盗容疑で、無職、島田俊二容疑者(43)=横浜市保土ケ谷区上菅田町=と土木作業員、池場信也容疑者(48)=川崎市麻生区千代ケ丘=を逮捕した。

 同署によると、2人は「換金目的だった」と供述している。逮捕容疑は、24日夜、横浜市緑区にある市緑区緑土木事務所の資材置き場から、マンホールのふた40個と、道路側溝部分の金属製のふた24個(計約25万円相当)を盗んだ疑い。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328762/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏像に隠して覚せい剤7キロ密輸(26日)

横浜地検は25日、覚せい剤を仏像に隠して台湾から密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪で、台湾人の住所不詳、化粧品輸出入業、祝文思容疑者(53)を起訴した。裁判員裁判の対象となる。

 起訴状によると、10月29日、仏像と観音像の内部に覚せい剤計約7・58キロを隠し、段ボール箱2箱に詰めて台湾から航空貨物として発送、フィリピン経由で同30日に成田空港に持ち込んだとしている。

地検によると、あて先は東京都内の会社だった。地検はほかにも数人が関与したとみて捜査している。 関東信越厚生局が5日に逮捕していた。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328752/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月25日 | トップページ | 2009年11月27日 »