« 2009年11月23日 | トップページ | 2009年11月25日 »

2009年11月24日

2009年11月24日 (火)

オウム事件:新実被告の上告審結審 1、2審で死刑判決(24日)

地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など11事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元オウム真理教幹部、新実智光被告(45)の上告審弁論が24日、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)であった。弁護側が死刑回避を、検察側が上告棄却を求めて結審した。判決期日は後日指定される。

 弁護側は「事件の首謀者ではなく更生の可能性がある。一生かけて罪を償わせるべきだ」と主張した。Logo_mainichi1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091125k0000m040025000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)

弁護士は量刑で争え

【治安解説】 英国人女性死体遺棄事件で、千葉県警は24日、逮捕した市橋達也容疑21 者を同署から、千葉刑務所内にある拘置施設に移送した。市橋容疑者は逮捕された10日午後以降、2週間以上食事にいっさい手を付けていなかったが、24日に警察署で出された昼食を初めて食べたという。しかし捜査本部は、健康面に配慮し、医師が常駐する拘置施設で引き続き取り調べを行う方針という。

 依然として黙秘を続けているようだが、弁護士が「調べ官の態度をメモするように」と、ノートを差し入れるなどしており、これでは調べにならないのはあたりまえだ。弁護士は量刑で争うべきで、姑息な手段を使うな。まあ、黙秘しても死体遺棄は立件できるだろうが、これでは英国民の物笑いになりますよ。日本の恥ですね。

 警視庁は、12月1日から7日まで「第3の交通安全運動」を実施する。重点運動は○高齢者の交通事故防止 ○二輪車の交通事故防止 ○飲酒運転の根絶 ○違法駐車対策の推進だという。また11月29日は午後1時から日比谷公園で、東京ヤクルトスワローズ由規選手がピーポくんの交通安全教室にやってくる!のイベントを予定。交通少年団と共に交通事故防止を都民に呼び掛ける(メールで警視庁から)

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』

flairnew【不審者】暴行/練馬区 土支田三丁目
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:19:30頃、道を尋ねてきた男に、いきなり口を塞がれた。犯人は、小太り、若い感じ、黒のダウンジャケットに黒っぽいズボン、黒いヘルメットを着用、黒い原付スクーター利用。
○投稿日時2009-11-25 11:30:28
flairnew【不審者】公然わいせつ/杉並区 堀ノ内3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:01:50頃、20歳代の男による。170cm位、緑色っぽいジャンパー、帽子、徒歩。
○投稿日時2009-11-25 08:46:34

【事件】ひったくり/杉並区 上高井戸2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:30頃、バイク利用の犯人による。詳細は不明。
○投稿日時2009-11-25 00:04:15
【事件】ひったくり/国立市 富士見台2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:40頃、原付スクーターに乗った男による。黒っぽいジャンパー、赤っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-11-24 23:02:23
【事件】ひったくり/青梅市 新町3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:10頃、黒っぽいまたがり式原付バイクに乗った男による。黒っぽいジャンパー、赤っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-11-24 22:21:26
【事件】ひったくり/羽村市 栄町2丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:20頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。黒っぽい服、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-22 11:13:06
【不審者】公然わいせつ/練馬区 豊玉中3丁目のマンション内
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:21:40頃、30歳代の男による。170cm位、赤色っぽいTシャツ、色不明ズボン、徒歩。
○投稿日時2009-11-21 22:42:07
【不審者】つきまとい/練馬区 三原台1丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:15:30頃、30歳代の男による。170cm位、中肉、長髪茶色、オレンジ色っぽいTシャツ、徒歩。
○投稿日時2009-11-21 18:05:29
【不審者】公然わいせつ/あきる野市 平沢の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:14:40頃、40歳代、茶色っぽい作業衣、青色っぽい作業ズボン、眼鏡、徒歩の男による。
○投稿日時2009-11-20 16:13:47
【事件】ひったくり/豊島区 池袋本町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:06時頃、黒っぽいまたがり式原付バイクに乗った男による。黒っぽい上衣、色不明ズボン、黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-20 08:04:44
【不審者】声かけ/北区 田端3丁目付近
○発生日時:本日早朝
○被害者:生徒
○詳細:06時頃、不審者は20歳代の男、170cm位、中肉。
○投稿日時2009-11-20 09:17:50
【不審者】公然わいせつ/羽村市 緑ヶ丘1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:23時頃、20歳代、中肉、短髪、黒っぽい上衣、黒っぽいズボン、自転車利用の男による。
-○投稿日時2009-11-20 00:13:01
【不審者】痴漢/葛飾区 金町2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女子学生
○詳細:22:30頃、男に体を触られた。不審者は20歳代、170cm位、中肉、短髪茶色、グレー色っぽいトレーナー、紺色っぽいジーパン、黒色っぽいマウンテンバイク利用。
○投稿日時2009-11-20 00:11:47
【事件】ひったくり/中野区 本町5丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:40頃、自転車に乗った男による。短髪、黒色っぽいジャンパー。
○投稿日時2009-11-19 08:27:14
【事件】その他の事件/中央区日本橋2丁目 地下鉄銀座線日本橋駅
○発生日時:少し前
○詳細:電車内で塩酸らしき容器が割れて異臭がした。数名が手当てを受けたらしいです。
○投稿日時2009-11-18 18:33:22
【不審者】声かけ/目黒区 駒場1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:13時頃、40歳代、やせ型、緑色っぽいYシャツ、徒歩の男による。
○投稿日時2009-11-18 14:28:15
【不審者】つきまとい/目黒区 目黒本町5丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:生徒
○詳細:18:50頃、40歳代、短髪、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、徒歩の男による。
○投稿日時2009-11-18 09:25:50
【事件】ひったくり/江戸川区 一之江7丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:23:30頃、自転車に乗った男による。20歳代、180cm位、やせ型、長髪、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいジーパン着用。
○投稿日時2009-11-18 01:20:09
★『横浜市内』
【不審者】
痴漢/横浜市金沢区 金沢区富岡西
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:18日23時15分頃、富岡西付近を帰宅途中の女子生徒が、道をたずねてきた男にしつこくつきまとわれて体を触られる事案が発生した。
男は年齢20歳代、身長175センチ位、体格中肉、坊主頭。灰色のパーカーを着用。
○投稿日時2009-11-19 15:01:56
【不審者】声かけ/横浜市港南区 港南区日野南
○発生日時:昨日
○被害者:女子児童
○詳細:18日13時05分頃、日野南付近を帰宅途中の女子児童が、近づいて来た男にお尻を触られる事案が発生した。男は小走りで鎌倉街道方向に逃走。
男は年齢20~25歳位、体格中肉、頭髪は黒色で短髪。上衣は赤色のトレーナー、下衣は灰色スウェットズボンを着用。
○投稿日時2009-11-19 15:09:15

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋容疑者 初めて食事をとる(24日)

千葉県市川市で語学学校講師のイギリス人女性の遺体を遺棄したとして、今月10日に逮捕された市橋達也容疑者は24日、逮捕後初めて食事をとり、こう留場所を千葉市内の拘置施設に移されました。

千葉県市川市に住んでいた市橋達也容疑者(30)は、おととし3月に語学学校講師のイギリス人、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体をマンションのベランダに遺棄したとして、死体遺棄の疑いで今月10日に警察に逮捕されました。市橋容疑者は捜査本部がある市川市の行徳警察署で取り調べを受けています。逮捕されて以来、2週間近く食事をとらない状態が続いていましたが、警察によりますと、24日に警察署で出された昼食を初めて食べたということです。また、市橋容疑者は24日午後、こう留場所を行徳警察署から千葉市内にある拘置施設に移されました。市橋容疑者が食事をとらない状態が続いていたことから、体調の変化があったときに対応するための措置だということです。警察によりますと、市橋容疑者は事件については依然として何も話さない状態が続いているということです。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/t10013980331000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放火と殺人容疑、死亡男性の娘逮捕 広島4人死傷火災(24日)

 広島市西区の4階建てビルから23日早朝に出火し、ビルの住人で会社役員の坂井幹明(まさあき)さん(72)が死亡し、女性3人が意識不明の重体になるなどした火事で、広島中央署は24日、坂井さんと同居する長女(41)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。 Logo3_6 http://www.asahi.com/national/update/1124/OSK200911240093.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性恐喝、性的暴行した疑いで男逮捕(24日)

「バッグをあげる」などと女性に声をかけたうえで、現金を脅し取り性的暴行を加えたとして、警視庁は42歳の男を逮捕しました。

 強姦などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の永井直明容疑者(42)です。

 警視庁によりますと、永井容疑者はおととし9月、東京の上野公園で20代の女性に「バッグをあげる」などと声をかけて近づきました。

 しかし、その後、態度を急変させ、現金364万円を脅し取った上、女性をホテルに連れ込み、2日間にわたって性的暴行を加えるなどした疑いが持たれています。

 取調べに対し永井容疑者は、「金はだまし取ったが、無理矢理乱暴はしていない」と容疑を否認しています。同様の手口の被害は都内で数件あるということで、警視庁は関連を調べています。(24日15:15) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4291573.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋容疑者逮捕 拘置施設に移送 断食で健康面に配慮(24日)

英国人女性死体遺棄事件で、千葉県警行徳署捜査本部は24日、逮捕された市橋達也容疑者(30)を同署から、千葉刑務所内にある拘置施設に移送した。市橋容疑者は逮捕された10日午後以降、2週間以上食事に一切手を付けておらず、捜査本部は市橋容疑者の健康面に配慮し、医師が常駐する拘置施設で引き続き取り調べを行う方針。

 捜査本部によると、移送が決定されたのは同日午後で、市橋容疑者は午後3時ごろ、拘置施設のある千葉市内の刑務所に到着した。市橋容疑者は10日の逮捕以降、水分を補給するのみで食事には手を付けていないが、移送の際は自分で歩いて車に乗り込んだというBanner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328118/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり:名古屋市内5区で10件 原付きバイクの男(24日)

23日夜から24日未明にかけて名古屋市内の港、熱田、瑞穂、東、中の5区で女性を狙ったひったくり事件が10件相次いだ。このうち既遂は8件で、被害額は現金で約10万円に上る。一部は同一犯の可能性があるとみて、愛知県警が調べている。

 10件はいずれも原付きバイクに乗った男1人の犯行。追い抜きざまに自転車前かごにあったバッグや、被害者が手に提げていたバッグをひったくる手口。原付きバイクや、着衣の色などが異なっている場合もあった。【稲垣衆史】Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091124k0000e040087000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足利事件再審第2回公判 DNA再鑑定行った大学教授が菅家さんの型とは一致しないと証言(24日)

足利事件の再審第2回公判が、宇都宮地方裁判所で開かれ、DNAの再鑑定を行った大学教授が、犯人のものとされるDNAの型と菅家利和さんのDNAの型は一致しないと証言した。
菅家さんは、自らの無実を証明する鑑定の結果を、身じろぎもせずじっと聞き入っていた。法廷では、午前11時35分現在、弁護側の反対尋問が行われている。
菅家さんは「当時のDNA鑑定は間違っておりましたから。自分の潔白を解明してもらいたいと思っておりますが」と述べた。
午前の法廷では、検察側の鑑定人である鈴木広一大阪医科大教授が、被害者の衣服についていた体液のDNAの型と、菅家さんの型は一致しないと証言した。
午後には、弁護側の鑑定人が出廷し、当時の科学警察研究所が犯人のものとしたDNAは、被害者のDNAを誤って増幅したものの可能性があると証言する予定。
同じ手法の鑑定を証拠に有罪となり、死刑が執行されたいわゆる「飯塚事件」の弁護士が、足利事件の弁護団に今回から参加していることから、当時の科警研の鑑定の信用性について、検察側と激しいやり取りが行われるとみられる。
また、菅家さんへの取り調べを録音したテープを法廷で再生するのかどうか、裁判所が何らかの判断を示すとみられる。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167148.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「詐欺やれば報酬」でカード詐取 容疑の映画監督ら逮捕 被害5千万円か (24日)

インターネット上で「一緒に詐欺をやれば報酬を渡す」とうそのもうけ話を持ちかけ、カードをだまし取って現金を引き出したなどとして、警視庁組織犯罪対策2課は詐欺と窃盗の疑いで、東京都品川区東五反田の自称映画監督、矢嶋佑(27)、妻の香枝(23)の両容疑者と、神奈川県綾瀬市の高校3年の少年(18)を逮捕した。組対2課は押収したカードなどから、昨年11月から全国の65人が被害にあい、被害総額約5千万円に上るとみている。

 組対2課によると、佑容疑者は「かかわった部分と、かかわっていない部分がある」と供述、残り2人は容疑を認めている。佑容疑者と香枝容疑者はラスベガスに10日間の旅行に行ったり、高級外車を購入するなどしていた。少年は出し子で、1回につき1、2万円の報酬を受け取っていた。

 組対2課の調べによると、佑容疑者らはネットオークションの出品者だった被害者に「オークションのIDを盗み取られたことにしてもらえれば、こちらで架空出品をして利益を得る。1週間で報酬60万円以上を渡す」などとメールで誘い、信じ込ませていた。

 架空出品による詐欺は実際には行わないが、被害者に犯罪収益が入った口座から金を引き出す役を行わせるとして、残高がない口座のキャッシュカードを渡していた。その際に「あなたが持ち逃げしないように荷物を預からせてほしい」と持ちかけ、財布などをだまし取り、カードの暗証番号を聞き出していたという。

 被害者とは会わずにメールやチャットで連絡を取り合い、品川区東五反田のビルの配電盤などをキャッシュカードや荷物の置き場所に指定していた。逮捕容疑は今月1日、神奈川県川崎市の板前の男性(28)から1万3千円やキャッシュカードが入った財布などをだまし取り、口座から40万円を引き出すなどしたとしている。

 佑容疑者は平成17年、北海道苫小牧市有志が作った自主製作映画「かな夏に跳ぶ」で総監督と脚本を務め、自身も出演していた。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328093/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性刺され重傷、元交際相手の男性飛び降り死亡 福岡(24日)

24日午前0時20分ごろ、福岡市博多区神屋町のマンション住人から「マンションのエントランスに血痕がある」と110番通報があった。

 警察官が駆けつけたところ、マンションのエントランスから9階まで血痕を発見。同階902号室から男の大声が聞こえたため、警察官が隣のベランダから部屋に入ると女性が倒れていた。男はマンション下に倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。

 女性は、背中や足など数カ所を刺される大けがをしたが命に別条はなく、「男に刺された」と話しており、県警は男が女性を刺した後に飛び降り自殺をしたとみている。部屋からは凶器とみられる小型ナイフが見つかった。県警は殺人未遂事件とみて調べている。

 博多署によると、飛び降りたのはこの部屋に住んでいる専門学校生、湯田直基容疑者(21)。女性(23)は福岡市東区の専門学校生で、以前男と交際していたといい、女性は今年9月中旬、「元交際相手から暴行を受けて困っている」と同署に相談していた。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/1124/SEB200911240005.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

調停調書偽造の疑いで女を逮捕 大阪地検特捜部(24日)

銀行から5700万円が自らに支払われるとした民事調停が大阪地裁で成立したように装った偽の調書をつくり、借入先の知人に示したとして、大阪地検特捜部は24日、無職石本千衣子(ちいこ)容疑者(59)=大阪市生野区=を有印公文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。石本容疑者は「知人から借金返済を迫られ、金が入るあてがあるように装った」と容疑を認めているという。

 捜査関係者らによると、石本容疑者は約6年前、大阪簡裁での調停に家族の代理で出廷したことがあるとされる。調べに対し、その際に手に入れた調停調書をまねてワープロで偽造したと説明。公印は本物の調書から切り取って張り付けていたが、地裁の調書を装っているのに「大阪簡易裁判所書記官」という公印になっていたという。

 特捜部の調べによると、石本容疑者は、数千万円を借り入れた知人女性から返済を迫られ、返済を引き延ばすことを計画。昨年8月、大手都銀が自らに5700万円を支払う義務があると認める内容の民事調停が大阪地裁で成立したとする調書を偽造し、知人女性に渡した疑いがある。

 捜査関係者らによると、偽の調書はA4判3枚。実在する裁判官(現在は退官)や書記官の名前も記されていた。事件番号や期日は架空で、本物にはある「申し立ての趣旨」などの記述はなかったという。

 大阪地裁によると、知人女性から今年6月、調書の真偽を確かめる問い合わせがあり、偽造が発覚した。調停調書は判決文と同じ法的効力のある公文書であり、10月に特捜部に告発していた。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/1124/OSK200911240077.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴金属店に強盗、女性縛り現金60万円など奪って逃走 大阪(24日)

24日午前9時45分ごろ、大阪市浪速区浪速東の貴金属買い取り店「MIYABI」に男が押し入り、経営者の女性(60)を羽交い締めにして「マネー、マネー」などと脅迫。店内の金庫から現金約60万円や貴金属類約100点を奪ったうえ、女性の手足に手錠をかけるなどして、逃走した。女性にけがはなかった。浪速署は強盗事件として捜査している。

 浪速署によると、女性は警備システムを解除し、シャッターを開けて店内に入った直後に襲われたという。男は金庫内の現金や指輪、時計などをすべて奪った後、女性を椅子(いす)に座らせて後ろ手に手錠をかけ、足首にも手錠をかけた。口も粘着テープでふさいだという。

 女性の知人で店の経営を手伝っている男性(51)が約20分後、手足を縛られている女性を見つけ、110番した。男は身長約175センチでグレーの上着にジーパン姿。帽子と手袋、マスクを着用していた。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328080/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告の有罪確定へ 懲役1年6月、執行猶予3年(24日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた元女優、酒井法子被告(38)に対する懲役1年6月、執行猶予3年の東京地裁判決が、25日午前0時に確定する。検察、弁護側ともに控訴しない方針を固めている。

 9日に言い渡された判決では、酒井被告について「4年前に初めて夫に勧められて覚醒(かくせい)剤を使った後、昨年夏ごろからは毎月のように使うようになった」と常習性や依存性を認めた。一方で「反省を深め、覚醒剤との縁を絶つ決意をして夫との離婚も考えている」と、執行猶予を付けた。

 判決によると、酒井被告は7月30日に家族で訪れた奄美大島のホテル客室で覚醒剤を吸引、8月3日には東京都港区南青山の自宅マンションで、覚醒剤0・008グラムを所持した。同法違反罪に問われた夫で自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)は10月21日の初公判で懲役2年を求刑されており、判決は今月27日に東京地裁で言い渡されるBanner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/328114/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バッグには2体の乳児遺体と鍋 神奈川・河川敷(24日)

神奈川県松田町の河川敷で発見されたスポーツバッグの中に、乳児とみられる複数の遺体が見つかった事件で、遺体は2体だったことが24日、県警松田署の調べで分かった。

 同署によると、青いビニール製のスポーツバッグの中に鍋とポリ袋が入っており、鍋の中には体長30~40センチの遺体が、ポリ袋の中にも遺体が入っていた。死後数週間経っているとみられ、一部は白骨化しているという。性別などは不明。

 同署は死体遺棄事件として捜査しており、司法解剖して死亡時期や性別、死因などを調べる。

 スポーツバッグはこの日午前7時40分ごろ、松田町松田惣領の川音川にある文久橋下の河川敷で、清掃作業をしていた近くの私立高校2年の男子生徒(17)が発見。分別のため学校に持ち帰って開けたところ、中に乳児とみられる遺体が入っており、県警松田署に通報した。現場はJR小田急小田原線新松田駅から南に約300メートルで、近くには学校や住宅がある。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/328083/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足利事件再審 鑑定巡り質問へ(24日)

足利事件で釈放された菅家利和さんの再審の2回目の審理が24日、宇都宮地方裁判所で行われます。DNAの再鑑定を実施した2人の大学教授への質問が行われ、当時の警察の鑑定に問題がなかったかどうかが焦点となる見通しです。

平成2年に栃木県で当時4歳の女の子が殺害された足利事件では、無期懲役が確定した菅家利和さん(63)がDNAの再鑑定の結果、犯人ではない可能性が高いとしてことし6月に釈放されました。菅家さんの有罪を取り消すための再審が先月10月から始まり、24日、2回目の審理が行われます。審理ではDNAの再鑑定を行った2人の大学教授が「菅家さんと犯人のDNAの型は一致しない」とした鑑定結果について証言し、検察側と弁護側がそれぞれ質問することになっています。このうち弁護側は、当時のDNA鑑定は技術レベルが低く、菅家さんは誤った鑑定で犯人にされたとしていて、当時の警察の鑑定に問題が無かったかどうかが焦点となる見通しです。また、菅家さんが取り調べを受けた際の録音テープについて裁判所は、すでに検察側から提供を受けていて、証拠として採用するかどうかも注目されます。審理は24日午前10時から宇都宮地方裁判所で開かれます。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10013963042000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死因究明:体制強化 警察庁「研究会」設置へ(24日)

犯罪の見落としを防ぐ死因究明制度のあり方について検討するため、警察庁は来年度、有識者による調査研究会を発足させる。埼玉や鳥取で、複数の男性の遺体から後になって睡眠導入剤が検出されるなど、不審死への対応の強化が改めて課題として浮上している。同庁は研究会を通じ、先進地の視察や法医学関係者らからの意見聴取などを行い、体制を強化したい考えだ。【長野宏美】

 「きちんとしたシステムを導入しないと、事件性を見逃しかねない」。中井洽国家公安委員長は10日、取材に対し、死因究明制度の見直しの必要性を強調した。

 ポイントの一つは、変死体発見時に、遺体や周辺の状況から事件性の有無を判断する検視の体制だ。千葉大大学院法医学教室の岩瀬博太郎教授は「埼玉や鳥取のケースは、検視制度の不備が表れた。今のシステムでは、事件が隠れていても見つけられない。特に薬物は見た目では容易に分からず、法医学的な診断が必要」と指摘する。

 検視は本来検察官の仕事だが、実際は10年以上の刑事経験を積み、法医学の専門教育を受けた警察官が代行している。しかし、実際は、こうした経験のある検視官が必ずしも事件の現場に駆け付けるわけではない。07年の大相撲時津風部屋の力士急死事件では、愛知県警が事件性はないと判断し、検視官の臨場を要請しなかったため、捜査が遅れた。

 背景には検視官の不足という事情もあり、警察庁はこの事件などを受け、増員を進めている。現在の検視官は、08年比36人増の196人。臨場率も昨年の14.1%から、今年上半期は17.2%とやや上がった。それでも約8割は、担当署の警察官と法医学が専門ではない医師が事件性や死因を判断しているのが現状だ。

 解剖率の低さも大きな課題だ。死因が明らかでない遺体について、欧米では50%前後が解剖されるのに対し、日本では08年の場合、警察が扱った遺体16万1838体のうち、解剖されたのはわずか9.7%に過ぎない。ここでも解剖医の不足が背景にある。

 警察庁は研究会を通じ、約1年かけて検視先進国の視察をしたり、法医学や監察医関係者らから意見を聴取をする方針だ。

 岩瀬教授は「解剖医の養成が追い付かない現状をはじめ、問題が各省庁にまたがり、責任の所在があいまいになっている。警察とは別に、解剖などは専門機関を設立して所管させるなど、捜査と医学部門が相互監視できるシステムが必要だろう」と話している。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20091124k0000m040118000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

島根女子大生遺棄:先月末までに遺棄か 死亡推定時と一致(24日)

広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)で島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった死体遺棄・損壊容疑事件で、遺体が捨てられたのは、遺体の状態から分析して10月26~31日である可能性が高いことが、捜査関係者への取材で分かった。平岡さんの死亡推定時期は、行方不明になった26日から31日までの間と発表されていたが、遺棄時期は明らかになっていなかった。

 島根・広島両県警の合同捜査本部は、同山に通じる各道路や近隣集落、平岡さんが行方不明になった浜田市中心部などで聞き込みや防犯カメラの映像の解析などをもとに不審人物や不審車両の割り出しを続けているが、26~31日の情報を重点的に探している。

 捜査関係者によると、屋外に放置した場合に生じる遺体の傷み方の特徴から、遺棄されてから11月6日に頭部が発見されるまでに、約1週間は経過していることが推定されるという。このため、遺棄時期も死亡推定時期と同じ10月26~31日の可能性が高いという。

 犯人は平岡さんを殺害後、手足などを切り離し車で同山へ運んで各部位を別々に捨てた可能性があるという。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091124k0000m040117000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネクタイで夫を絞殺容疑 逮捕の妻「夫婦げんかで逆上」(24日)痛ましいかぎりです

 夫婦げんかの末に夫を殺害したとして、大阪府警平野署は23日、大阪市平野区加美北5丁目の浜田佐恵子容疑者(68)を殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。浜田容疑者は「ささいなことで夫婦げんかをしていて、夫に殴られたり、首を絞められたりして逆上した」と話しているという。

 平野署によると、浜田容疑者は23日午後0時半ごろ、自宅マンションで夫の直幸さん(69)の首を後ろからネクタイで絞め、殺害した疑いが持たれている。浜田容疑者から「けんかをしていて、気がついたら死んだかもしれない」と連絡を受けた知人男性が午後7時半ごろに119番通報。消防からの連絡で平野署員が駆けつけたところ、直幸さんが居間で倒れており、浜田容疑者が「自分が殺した」と認めたという。 http://www.asahi.com/national/update/1124/OSK200911230108.html

妻子殺害容疑、「心中図った」と自首の夫を逮捕 兵庫

23日午後2時すぎ、兵庫県警加古川署に「妻子の首を絞めて心中しようとしたが自分は死にきれなかった」として加古川市加古川町備後の無職川村敏行容疑者(49)が自首してきた。署員が自宅マンションを調べたところ、川村容疑者の妻しのぶさん(40)と小学1年の長女雪奈さん(6)が居間兼寝室で死亡しており、同署は川村容疑者を殺人の疑いで逮捕した。発表によると、川村容疑者は23日未明、ひも状のもので2人の首を絞めて殺害した疑いがある。遺体は布団の中で並んだ状態で見つかり、川村容疑者の両手首には刃物で切った跡があるという。川村容疑者は妻子と3人暮らしだった。Logo3_3  http://www.asahi.com/national/update/1123/OSK200911230053.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

非常口の前に座布団、防火管理調査へ 居酒屋火災(24日)

東京都杉並区高円寺南4丁目のビル2階の居酒屋「石狩亭」が焼け、4人が死亡、12人が重軽傷を負った火災で、店内の非常口の前に座布団が積まれていたことが、警視庁への取材でわかった。出火当時、非常口が近い座敷に多くの客がいたとみられるが、非常口から非常階段を使って避難した人は確認されていない。同庁は、避難路の一つがふさがれる形になっていなかったかなど、店側の防火管理の実態を調べている。

 同庁によると、死亡した4人のうち同店従業員の2人は黒河裕介さん(43)=埼玉県伊奈町本町=と草野雄二さん(60)=杉並区=とわかった。客で飲食店従業員の竹井努さん(31)=北区東十条=、明田大悟さん(30)=杉並区高井戸東=とともに、死因は一酸化炭素中毒だった。

 捜査1課などによると、同店では、奥の座敷の角に非常口があり、扉を開けると非常階段に出られる。捜査関係者によると、非常口のそばには、店で使う座布団が積み上げられていたという。同課が客らから事情を聴いたところ、非常階段を使って避難した人はおらず、出入り口から出て通常の階段で地上に下りた人が多かった。

 非常口の位置を示す誘導灯は座敷付近に設置されていたが、火災の熱で溶けており、当時点灯していたかどうかはわからないという。竹井さんと明田さんは、座敷の窓に近い所と、座敷の出入り口に近い地点に倒れていた。

 火元の近くにいたとみられる黒河さんと草野さんは顔や腕などにやけどを負っていたが、竹井さんと明田さんは目立ったやけどはなかった。

 竹井さんと明田さんの勤務先の焼き鳥チェーン会社の上司(36)によると、当時竹井さんらは同僚ら約15人と懇親会を開いていた。

 上司が参加した人から聞いたところでは、火は壁と天井伝いに一瞬で燃え広がった。座敷は壁で仕切られているため火元の方は見えず、明田さんらはすぐには気づかなかった可能性があるという。少なくとも3人が窓から飛び降りて足を骨折するなどした。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1123/TKY200911230258.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山献金、元秘書を立件へ 総額2億円超の虚偽記載容疑(24日)

鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金問題で、東京地検特捜部が、小口の匿名献金の大半を含む総額2億円超を偽装と認定し、政治資金収支報告書の作成担当だった元公設第1秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で立件する方向で詰めの捜査に入ったことがわかった。臨時国会の閉会後、在宅起訴を視野に検討するとみられる。元公設秘書は任意の事情聴取で容疑を認めている模様だ。

 ほかに同法違反容疑で刑事告発された首相本人と、会計責任者だった元政策秘書については、虚偽記載への直接の関与を示す証拠はこれまでのところ浮上していないとされる。特捜部は引き続き捜査し、年内をめどに首相らについても最終判断する見通しだ。

 同法は、団体内部の会計帳簿には全収入の寄付者名や献金額を記載したうえで、5万円超は収支報告書に転載して寄付者名を公開するよう規定。5万円以下の小口献金は、収支報告書には匿名のまま総額だけを記載すればよい。

 特捜部が偽装献金と判断したのは、(1)05~08年分の同懇話会の収支報告書のうち、「寄付者」名の記載分で、故人ら約90人の名前を勝手に使ったとされる計約2177万円分(2)04~08年分の収支報告書で、匿名の小口献金として記載された各年約2600万~約4600万円、計約1億7717万円分の大半。(1)の「故人献金」はさらに04年分もあって増える見込みのため、(2)と合わせた偽装献金の総額は2億円超に上る。

 (2)の小口献金については、会計帳簿に実名が載っているのは毎年、数十万円分程度だけであることが判明。その他の大半については、複数の相手からの収入をまとめた「諸口」という勘定科目で、総額のみが記載されていた。この「諸口」扱いの匿名献金と故人らの名前が使われた献金の原資は、いずれも鳩山家の資産管理会社「六幸商会」の管理資金だったことがわかっている。

 元公設第1秘書は収支報告書を作成する際、六幸商会からの資金について、故人名義を使ったり、匿名分の総額欄に潜り込ませたりした疑いが持たれている。

 一方、首相は国会で、元秘書が六幸商会から「(個人的な使途も含めて)年平均5千万円」を引き出す際、自ら指示書に署名して了承していたと答弁。資金管理団体への献金上限は政治家本人が1千万円、一般個人は150万円だが、首相は「1千万円までは寄付、超えた部分は貸し出し(貸付金)」と説明した。

 六幸商会は首相や母親ら鳩山家全般の資産を管理している。特捜部は偽装献金の原資の詳細の解明をさらに進め、首相自身がどの程度事情を把握していたかについても調べるとみられる。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1123/TKY200911230280.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

運送会社社長を逮捕 「過労運転」命じた疑い(24日)

福島県本宮市の国道4号で10月に起きた2人死亡の玉突き事故で、本宮署は23日、事故を起こした大型トラック運転手に過労状態で運転させたとして、道交法違反(過労運転下命)の疑いで、茨城県石岡市の運送会社「昇運輸」社長、萩原昇容疑者(60)=石岡市上曽=を逮捕した。

 逮捕容疑は、過密な運行計画を立て、事故を起こした御崎(みさき)春彦被告(44)=秋田県仙北市田沢湖生保内野村、自動車運転過失致死罪で起訴=に無理な運転をさせた疑い。

 事故は10月22日午後11時ごろ、福島県本宮市の国道4号で同社の大型トラックが軽トラックなどに追突し、2人が死亡した。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/327825/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

イエメンで拉致された邦人解放(24日)

 外務省に24日入った連絡によると、イエメンの首都・サヌア近郊で、東京都板橋区のコンサルタント会社社員、真下(ましも)武男さん(63)が地元部族民に拉致された事件で、23日午後8時(日本時間24日午前2時)ごろ、真下さんが無事解放された。真下さんはイエメン政府が保護しており、解放後、真下さんと電話で話した駐イエメン日本大使によると、「無事で元気な様子だった」という。解放は8日ぶり。

 国際協力機構(JICA)イエメン支所も在イエメン日本大使館から解放の連絡を受けたという。

 真下さんは、JICAがイエメンで実施している教育分野での援助プロジェクトに従事。今月15日、サヌアの北数十キロにあるアルハブの小学校建設現場に車で向かう途中、イエメン人運転手とともに部族民の武装グループに拉致された。

 部族民側はイエメン政府に対し、真下さんの解放と引き換えに、獄中にいる親族の男を釈放するよう要求。日本側は、イエメン内務省や部族関係者を通じて解放交渉を続けていた。

 17日にはいったん解放の情報が流れたものの、部族民側が「男の釈放が優先」などと態度を硬化させ、交渉が難航していた。

 現地からの報道によると、男はフセイン政権崩壊後のイラクで約2年間、国際テロ組織アルカーイダ系組織で反米闘争に参加したとされる人物。イエメン政府は、国際社会から「テロの温床」と非難されていることもあり、釈放に慎重姿勢を崩していなかった。

 イエメンでは近年、政府に不満を持つ部族民らによる外国人拉致事件が頻発している。

◇ イエメンでの日本人男性拉致事件はこれまで、解放交渉への影響などを考慮して被害者を匿名で報じてきましたが、解放が確認されたため、実名に切り替えます。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/327850/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月23日 | トップページ | 2009年11月25日 »