« 16人死傷の居酒屋火災、経営者の自宅など捜索(25日) | トップページ | 仏像に隠して覚せい剤7キロ密輸(26日) »

2009年11月25日 (水)

島根・女子大学生遺体事件 広島・臥龍山で2度にわたり黒っぽい不審な車目撃(25日)

島根・浜田市の女子大学生・平岡 都さん(19)の遺体が切断された状態で発見された事件は、26日で行方不明から1カ月になる。こうした中、遺体が発見された広島県の臥龍山で、2度にわたり、黒っぽい不審な車が目撃されていたことがわかった。
26日で、平岡さんが行方不明になってから1カ月を迎える。
平岡さんの親族は「悔しい思いですね。ただただ悔しいだけです。バラバラにまでせんでもええのに。(平岡さんの家族の心境は?)わたしたちよりも、もっとつらい、歯がゆい思いをしていると思います。将来ある子。夢半ばであんなになったら、つらかったやろうなと思います」と語った。
そして25日も、150人態勢で捜索が行われている臥龍山では、新たな目撃情報が浮上した。
10月29日昼前、臥龍山を訪れていた男性が、9合目付近で不審な黒っぽい色の車を目撃していたという。
男性が、目撃された黒っぽい車に目をやると、運転手は顔を隠すようにして、車を急発進させたという。
さらに、男性は下山中に、再びこの黒い車を目撃したという。
目撃した男性は「細身の男性が車を降りて、林道沿いに立っていた」と証言している。
警察は、目撃した男性とともに臥龍山を訪れ、車がどこにいたのか確認したという。
さらに警察では、島根・浜田市内から臥龍山へ続く、国道186号線を通った車のナンバーをチェックしているが、特に10月27日から31日のデータに注目しているという。
警察は、平岡さんの遺体を遺棄した時期が、10月27日から31日の可能性が高いとみている。
そして、浜田市内では連日、警察の聞き込みが続いている。
また駅前には、子どもを迎えに来る車が増えたという。
女子学生は「(迎えに来だしたのは事件後から?)それもあります。いつもはバスで帰ります」と語った。
タクシー運転手は「かなり駅の周りに、車で迎えに来ますね。迎えに来るのが、親御さんとか兄弟とか」と語った。
こうした中、駅前の商店街では、500メートルにわたり、イルミネーションが設置された。
商店街の人は「やはり、大学の学生さんが、アルバイトを早めに切り上げるので、(夜は街に)少なくなっていると思います。(イルミネーションで)気持ちを少しでも明るくもってもらえれば。一助にはなっているのではないかと」と語った。
そして、10月26日の平岡さんが行方不明になる直前の様子が明らかになった。
午後8時30分ごろ、平岡さんのアルバイト先にアイスクリームを買いに行った男性は、「友達と2人で、アイスのコーンを買いに行った。(アイスを)1つしか買ってないのに、(平岡さんに)『スプーン2本いりますか?』と言われて、『男とそんな仲良くねーよ』と言ったら、笑ってましたね」と語った。
行方不明から1カ月を前に、平岡さんの父親は、今の心境について、「落ち着いたというより、まだ夢の中みたいな感じです。もう何から手をつけていいのか、周りの方に言われた通りやっている感じですかね。自分で考えて動くのは難しいです。いくら話しても娘は帰ってこない」と語った。
(11/25 17:24 山陰中央テレビ)Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167225.html

 

« 16人死傷の居酒屋火災、経営者の自宅など捜索(25日) | トップページ | 仏像に隠して覚せい剤7キロ密輸(26日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島根・女子大学生遺体事件 広島・臥龍山で2度にわたり黒っぽい不審な車目撃(25日):

« 16人死傷の居酒屋火災、経営者の自宅など捜索(25日) | トップページ | 仏像に隠して覚せい剤7キロ密輸(26日) »