« 2009年11月6日 | トップページ | 2009年11月8日 »

2009年11月7日

2009年11月 7日 (土)

アルカイダ:日本が標的? 仏テロ専門家が推測(7日)

国際的に知られるテロ捜査の第一人者でフランスの元テロ対策予審判事、ジャンルイ・ブリュギエール氏は、イスラム武装勢力によるテロが相次ぐパキスタン情勢に警鐘を鳴らした上で、日本が国際テロ組織アルカイダの標的になっているとの推測を示した。フランス公共ラジオが6日伝えた。

 同氏は「2006年に実施した捜査で、日本はアルカイダの重要な標的になっていることが分かった」と述べた。具体的な根拠は示さなかったが「地理的な条件、重要なパキスタン人コミュニティーが脅かされていること、安全保障の観点でみた脆弱(ぜいじゃく)さ」などを推測の理由に挙げた。

 ブリュギエール氏は既に、アルカイダの脅威を日本側に伝えたという。同氏によると、米同時多発テロが発生する前にも、同氏は米国へのテロの脅威を予告していたという。(共同)Logo_mainichi1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20091108k0000m030037000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取県警が警察官の自殺場所訂正 「署内」を「山中」に(7日)

鳥取県で男性の不審死が相次いでいる問題で、鳥取県警は、詐欺容疑で逮捕した元スナック従業員の女(35)と交際していて、08年2月に死亡した同県警の男性警察官の遺体発見現場を「警察署内」と説明していたが、7日、県内の「山中」と訂正した。発見当時、山には雪が積もっており、警察官が首をつった状態で見つかった場所まで、この警察官のものとみられる足跡しかなかったことから、「自殺」と判断したという。 http://www.asahi.com/national/update/1107/OSK200911070079.htmlLogo3_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜立てこもり 稲川会系事務所を家宅捜索(7日)

横浜市南区の不動産会社事務所で暴力団幹部の男が拳銃を発砲し、男性3人が負傷した事件で、神奈川県警は7日、殺人未遂と銃刀法違反容疑で、同市西区の指定暴力団稲川会系一ノ瀬一家の事務所など3カ所を家宅捜索した。

 事務所には午後1時ごろ捜査員十数人が入り、段ボール1箱分の資料を押収した。事件は6日午後2時半ごろ、南区吉野町3丁目の不動産会社事務所で、同一家幹部の林賢二容疑者(62)が原晃一さん(64)ら3人を拳銃で撃ち、けがを負わせた。林容疑者はその後、自分で頭を撃って自殺したとみられる。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321824/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日 単位・レベル)

事件の見方が変わる

【治安解説】 千葉県松戸市のマンションで女子大生が殺害され、放火された事件で、ベ21 ランダのアルミサッシが開けられていたことから、犯人が逃走用に利用したと思われていたが、一部報道によると、そのサッシが外からドライバーでこじ開けられた様な跡があったという。

 これは捜査中のひとつの情報にすぎないが、もしそれが事実なら、流しの犯行説も捨てきれなくなり、事件の組み立てが違ってくる。

 事件には前兆があるが、周辺の治安環境はどうだったのだろう。公開された犯人の写真のイメージが、どうみても「女子大生」と繋がらないので疑問に思えてならないのである。

 日本の体感治安は「レベル3(イエロー)」だが、首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする
 「日本列島振り込め詐欺」は6件を掲載した。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【警視庁管内不審者情報】
★『東京』

new【事件】強盗/墨田区 東向島2丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:04:20頃、包丁を持った男が店内に押し入り、現金約45万円を奪って逃走した。犯人は、20歳代、165cm位、やせ型、黒ニット帽、白色タオル様で顔を隠し、黒色ウインドブレーカー上下着用。
○投稿日時2009-11-08 08:57:27
new【事件】ひったくり/江東区 篠崎町7丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:0:20頃、スクーターに乗った男による。黒っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2009-11-08 03:24:22
new【事件】
ひったくり/あきる野市 瀬戸岡付近
○発生日時:少し前
○詳細:19:10頃、自転車の男による。20歳代、白色っぽいトレーナー、白色っぽいズボン。
○投稿日時2009-11-07 20:06:49
【事件】ひったくり/杉並区 荻窪5丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:17:20頃、バイクに乗った男による。特徴など不明。
○投稿者
○投稿日時2009-11-07 18:34:29
【不審者】声かけ/練馬区 田柄2丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:児童
○詳細:11持頃、40歳代の男による。やせ型、短髪、サングラス、黒っぽい普通乗用車利用。
○投稿日時2009-11-07 14:28:13
【事件】ひったくり/葛飾区 水元3丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:50頃、黒っぽい原付スクーターに乗った太めの男による。
○投稿日時2009-11-07 06:07:09
【事件】ひったくり/西東京市 下保谷3丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:30頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。若い感じ、黒色っぽい上衣、白色っぽいヘルメット。
○投稿日時2009-11-07 06:10:00
【事件】ひったくり/新宿区 北新宿4丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:18:10頃、またがり式バイクに乗った犯人による。青っぽいジャンパー、グレー色っぽいズボン、青っぽいフルフェイス型ヘルメット。
○投稿日時2009-11-06 21:57:102009-11-07 06:10:00

【事件】ひったくり/足立区 綾瀬5丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:16:50頃、自転車の男による。若い感じ、短髪。
○投稿日時2009-11-06 18:25:43
【事件】ひったくり/足立区 東綾瀬1丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:16:40頃、自転車に乗った男による。若い感じ、短髪、茶色っぽいジャンパー、学生風。
○投稿日時2009-11-06 18:19:15
【不審者】公然わいせつ/世田谷区 成城7丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:
○詳細:11:30頃、黒っぽいスクーター利用の40歳代男による。中肉、黒っぽい上衣、黒っぽいズボン。
○投稿日時2009-11-06 14:47:06
【事件】ひったくり/足立区 古千谷本町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:20頃、徒歩で若い感じの男による。
○投稿日時 2009-11-06 00:47:43
【事件】ひったくり/練馬区 富士見台2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:40頃、バイクの男による。若い感じ、中肉、黒っぽいジャンパー、黒っぽいヘルメット。
○投稿日時2009-11-05 18:47:01
【火災】北区 東十条5丁目と6丁目付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:
○火の状態:
○消火作業:
○詳細:16時頃から不審火が2件発生したようです。
○投稿日時2009-11-05 18:21:35
【事件】ひったくり/墨田区 亀沢2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:10頃、バイクに乗った2人組みで若い感じの男による。1人は、白色っぽい上衣、軍手。
○投稿日時2009-11-04 22:57:16
【火災】大田区矢口1丁目 矢口1丁目付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:その他/不明
○火の状態:白い煙
○消火作業:消防員消火済
○詳細:サイレンがすぐ近くで聞こえ、数百メートル離れた所から煙が見えました。風向きの関係で、自宅にも煙の臭いがしばらく流れてきていました。現在、煙は見えないので消火した模様です。
○投稿日時2009-11-05 01:38:47
【事件】ひったくり/中央区 日本橋箱崎町付近
○発生日時:本日午後
○詳細:16:20頃、スクーターに乗った若い感じの男2人組みによる。うち1人は、赤っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-04 18:51:54
【事件】ひったくり/東久留米市 浅間町2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:10頃、自転車に乗った男による。中年、黒色っぽい服、黒色っぽいズボン着用。
○投稿日時2009-11-03 23:39:04
【不審者】つきまとい/東村山市 萩山町5丁目の公園内
○発生日時:本日午前
○被害者:児童
○詳細:11:50頃、シルバー色っぽいワゴン車を利用した男による。
○投稿日時 2009-11-03 14:19:30
【事件】ひったくり/大田区 田園調布3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:11:50頃、バイクに乗った犯人による。黒色っぽいジャンパー、色不明フルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-03 13:40:25
【事件】ひったくり/杉並区 梅里1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:10:30頃、またがり式バイクに乗った若い感じの男2人組みによる。どちらもフルフェイス着用。
○投稿日時2009-11-03 11:01:19
【事件】ひったくり/葛飾区 青戸1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:20頃、黒っぽい自転車に乗った男による。
○投稿日時2009-11-02 18:31:12
【事件】ひったくり/葛飾区 堀切6丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:20:10頃、自転車に乗った犯人による。
○投稿日時2009-11-01 21:18:03
【事件】強盗/台東区北上野1丁目 セブンイレブン
○発生日時:本日午前
○詳細:06時頃、男が店員を包丁で脅し、現金を奪おうとしたが、店員と警官により逮捕された。
○投稿日時2009-11-01 12:13:37

★『横浜市内』
new【事件】殺人・殺人未遂/横浜市南区 吉野町の路上
○発生日時:少し前
○詳細:14時頃、発砲事件があり、3人が撃たれたようです。詳細は不明です。犯人は男のようです。
○投稿日時2009-11-06 15:28:22
【不審者】暴行/横浜市保土ケ谷区 横浜市保土ケ谷区
○発生日時:おととい以前
○被害者:女子学生
○詳細:31日20時25分頃、帰宅途中の女子生徒がエレベーター内で見知らぬ男から卑わいな言葉をかけられ、服を掴まれる暴行事案が発生した。
男は年齢40~50歳位、身長175センチ位、体格痩せ型、頭髪短め。ベージュ色の服を着用。
○投稿日時2009-11-02 17:22:32
【不審者】露出/横浜市保土ケ谷区 保土ケ谷区狩場町
○発生日時:おととい以前
○被害者:女子学生
○詳細:31日8時20分頃、狩場町付近を通学途中の女子生徒に対して、近づいてきた男が下半身を露出する事案が発生した。
男は年齢20~30歳位、身長170センチ位、体格痩せ型。上衣は白色ジャージ、下衣は黒色系のズボンを着用。黒色系の原付バイクに乗車。
○投稿日時2009-11-02 17:29:51
★『さいたま市内』情報なし
★『千葉市内』情報なし
注===
この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

島根女子大生殺害:遺棄現場に土地勘か 降雪前に運ぶ?(7日)

島根県浜田市で行方不明になった島根県立大1年、平岡都(みやこ)さん(19)の遺体の一部が見つかった広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)山頂付近は、土地勘のある人物以外はめったに通らない場所だったことが分かった。この場所を選んで遺棄したとすれば、犯人が以前、臥龍山に出入りしたことのある可能性が高く、合同捜査本部も注目している。

 臥龍山に出入りするという男性(68)や地元の男性(67)らによると、遺棄現場につながる林道にははっきりした標識もなく、知らない人は通らない場所という。

 一方で、この時期は昼間は紅葉狩りの行楽客が多く、広島、島根ナンバーなどの車が多数、道沿いなどに駐車。このため、人目につかないように夜間に遺体を遺棄しようとしても、土地勘がなければ発見現場までたどり着くのは難しいという。

 また、臥龍山は標高が1223メートルあり、夜間は気温が氷点下まで下がり、山頂付近は氷点下十数度にもなるという。今月2日には雪が降り、数十センチの積雪があり、3日も雪が残っていた。積雪がある時にはスノータイヤでなければ通れない場所のため、地元の人は「(通常のタイヤでは)山頂付近に行くのは無理だったと思う」と話しており、遺体が降雪の前に遺棄された可能性もあるという。Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20091107k0000e040055000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市橋容疑者、博多のネットカフェ宿泊か(7日)

千葉県市川市のマンションで2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で全国に指名手配されている市橋達也容疑者(30)とみられる男が10月中旬、偽名を使って福岡市博多区の大型商業施設「キャナルシティ博多」近くのインターネットカフェに1泊していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

 福岡県警が同店に確認したところ、偽名は名古屋市内の美容整形外科で市橋容疑者が利用したものと同じだったという。千葉県警は市橋容疑者が福岡県内に潜伏している可能性もあるとみて捜査員を派遣して行方を追っている。

 捜査関係者によると、市橋容疑者とみられる男が立ち寄ったのは博多区の会員制のネットカフェ。千葉県警に対し、福岡県内の病院関係者から「10月13日に市橋容疑者に似た男が来た」との情報が寄せられていたため、千葉、福岡県警が福岡市内の宿泊施設などを捜査した結果、似た男がこのネットカフェに来ていたことが判明したという。

 男は偽名でネットカフェで会員証を作っており、大阪府内に実在する男性の氏名を記入。この名前は市橋容疑者が名古屋市内の美容整形外科で使ったものだった。福岡県警の捜査員が、千葉県警が公開した整形手術後の市橋容疑者の写真を店員に示したところ、「よく似ている」と話したといい、千葉、福岡県警は、男が市橋容疑者だったとみている。(2009年11月7日14時45分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091107-OYT1T00621.htm?from=main2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女周辺で次々健康被害 鳥取不審死 薬や食事もらう(7日)

鳥取県で不審死を遂げた男性から相次いで睡眠導入剤が検出されるなどした問題で、男性たちとの関係が浮上している元スナック従業員の女(35)=詐欺容疑で逮捕=から受け取った薬を飲んだり、女が作った食事を食べたりした人たちが、意識を失うなどの健康被害を起こしていたことが、複数の知人の証言で分かった。県警も同様の情報を把握しており、一部の知人からは事情も聴いている。

 女と一時期同居していた20代の男性によると、女は頻繁に病院に出かけ、様々な薬を持ち帰った。睡眠導入剤ハルシオンなども含まれていた。この男性はある夜、「かぜ薬」として女から渡された粉末を飲んだところ意識を失い、深夜に気がつくと病院のベッドに寝ていた。翌日、女から「わたしが処方されている薬を飲んだから、あなたには合わなかったようだ」などと説明を受けたという。

 女と同居していた40代の男性も、女から渡された薬を飲んだ後に意識がもうろうとなったことがあった。男性はその後、病院に2カ月ほど入院したという。

 一方、女が約10年前に住んでいた鳥取県東部の町に住む女性(75)によると、女は当時、「おばちゃん、えらいやろ。一服飲む?」などといってジュースやコーヒーを持ってきたり、たこ焼きやから揚げなどをふるまったりしていたという。女の差し入れを食べているうち、女性は突然呼吸困難になり、一時は意識不明の状態になったとしている。

 その後、女は、近くに住む女の親類の女性宅を毎朝訪れるようになった。「朝ごはん作ってあげる」といい、この女性は断りきれずに食べ続けるうち、「このごろ眠たい」「フラフラする」と周囲に漏らすようになったという。

 女は最近もスナックで働いていた当時の客で、自宅近くのアパートに住んでいた田口和美さん(当時58)の食事を作っていた。田口さんは10月26日夜、意識がもうろうとしていたのを複数の人が見ており、27日に自室で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。県警によると、解剖したが、田口さんの死因は分からなかったという。

 女は周囲の人に睡眠導入剤を渡したり、「大阪で看護師をしていた」などと話したりしていたが、捜査関係者によると、女が看護師をしていた事実はないという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1107/OSK200911070069.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区でコンビニ強盗、約10万円奪う(7日)

7日未明、東京・墨田区のコンビニエンスストアに包丁を持った男が押し入り、現金およそ10万円を奪って逃げました。警視庁によりますと、7日午前3時前、墨田区八広のコンビニエンスストアで、客を装った男が突然、文化包丁を取り出し、男性店員(36)に突き付けました。店員は当時、本棚で雑誌などの整理をしていましたが、男は「金を出せ」などと脅しながら店員をレジまで連れていき、現金およそ10万円を奪ってそのまま逃げたということです。店員にけがはありませんでした。

 警視庁によりますと、男は身長165から170センチくらい、白いウィンドブレーカーの上下を着て、黒っぽいニット帽を目深にかぶり、白いタオルで口を顔を隠していたということです。
 警視庁は、強盗事件として、逃げた男の行方を追っています。(07日13:43) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4277481.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

時効まで17日 男を逮捕(7日)

7年前、茨城県下妻市の玩具店からゲームソフトを盗んだとして窃盗の疑いで警察が行方を追っていた男が、時効が17日後に迫った6日、警察に逮捕されました。警察の調べに対し、男は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは栃木県野木町の会社員、山田修司容疑者(35)です。警察の調べによりますと、山田容疑者は7年前の8月、仲間の男とともに下妻市の玩具店でゲームソフトおよそ300点、130万円相当を盗んだとして窃盗の疑いが持たれています。警察は、この事件で逮捕されすでに有罪判決を受けた仲間の供述などから、山田容疑者が事件にかかわった疑いが強いとみて逮捕状を取り、行方を捜査していたということです。そして、最近になって栃木県野木町に住民票を登録していたことがわかり、警察は事件の発生から7年3か月近くたち、時効まで17日に迫った6日、山田容疑者を逮捕しました。警察の調べに対し、山田容疑者は容疑を否認しているということです。窃盗罪の時効は本来7年ですが、共犯の仲間が起訴されてから刑が確定するまで時効が停止していた期間があり、山田容疑者の時効は発生から7年と107日後の今月23日になっていました。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/k10013630771000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

川に顔を押しつけられ殺害か(7日)

鳥取県内で不審な状態で死亡した3人の男性のうち、鳥取市内の川で遺体で見つかった男性の顔に激しくこすったような傷があることが、警察の調べでわかりました。男性の死因はでき死で、警察は川に顔を強く押しつけられて殺害された疑いがあるとみて本格的な捜査に乗り出すとともに、ほかの2人との関連についても調べを進めています。

鳥取県内で不審な状態で死亡した男性3人のうち、自営業の圓山秀樹さん(57)は先月7日、鳥取市内の川で、うつぶせの状態で死亡しているのが見つかりました。これまでの警察の調べで、遺体からは睡眠導入剤の成分が検出され、顔に殴られたような跡が残されていたほか、ほおや目の部分にも激しくこすったような傷があることがわかりました。現場の川は水深が20センチほどですが、圓山さんの死因は水を飲んだことによるでき死で、警察は圓山さんが川底に顔を押しつけられて殺害された疑いがあるとみて、本格的な捜査を始めました。鳥取県内では、ことし4月に日本海で遺体で見つかったトラック運転手の男性と、先月自宅のアパートで死亡した無職の男性の遺体からも睡眠導入剤の成分が検出されていて、警察は2人の死亡との関連についても調べを進めています。3人は、詐欺の疑いで逮捕されているスナックの元従業員の女と知り合いで、警察はこの元従業員や3人の周辺の人物からも話を聞いて捜査を進めることにしています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/t10013630881000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島県で発見の女性頭部、島根の不明女子大生と確認 残る遺体などを広範囲に捜索(7日)

広島県の山中で6日に見つかった女性の遺体の一部は、島根・浜田市で行方不明となっていた女子大学生・平岡 都さん(19)と確認された。警察は、遺体が別の場所で切断され捨てられたとみて、残る遺体などの捜索を行っている。
遺体が発見された広島・北広島町の臥龍山では、平岡さんの遺体のほかの部分や遺留品などを捜して、捜索は7日朝から広範囲に行われている。
6日に発見された頭部は、DNA鑑定の結果、行方不明になっていた平岡さんと確認された。
平岡さんの頭部が遺棄された場所は、行楽客などが頻繁に訪れる場所で、警察は7日午前9時すぎから、およそ200人態勢で臥龍山と浜田市に続く国道186号線の沿道など、広範囲に捜索している。また、遺体の司法解剖を行い、死因の特定を急いでいる。
(11/07 12:21 テレビ新広島)http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166177.htmlLogo1_3

広島県で発見の女性頭部、島根の不明女子大生と確認 女子大生の両親「言葉にならない」

広島県の山中で6日に見つかった女性の遺体の一部は、島根・浜田市で行方不明となっていた女子大学生・平岡 都さん(19)と確認された。
平岡さんが行方不明になって13日目、遺体の発見という最悪の結果となってしまった。
平岡さんの遺体の司法解剖は7日朝から始まっていて、死後何日たっているのかなど調べることにしている。
警察によると、現場周辺に血痕などがないことから、遺体は別のところで切断され、捨てられたとみている。
また、顔に目立った傷はなかったという。
一方、平岡さんが通う島根県立大学の本田学長が7日朝、記者会見し、「大変大きな驚きとともに、大きな衝撃を受けています。未来ある人生を突然断ち切られた無念さを思うと、胸が張り裂けるような思いがいたします」と話した。
また、平岡さんの両親は「娘が無事に帰ってくることを信じていたが、このような結果になり、大変ショックで言葉になりません」と、コメントを発表した。
今のところ、犯人に直接つながる手がかりはつかめていないということだが、警察は、平岡さんの交友関係も含め、何らかのトラブルがなかったか調べている。
(11/07 12:20 山陰中央テレビhttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166176.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・旭市で駐車中の車内で18歳少年が死亡 事件に巻き込まれた可能性も(7日)

千葉・旭市で7日未明、駐車中の車の中で18歳の少年が死亡しているのが見つかり、警察は、少年が事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べている。
7日午前4時すぎ、旭市の旭中央病院に「助けてください」と電話があり、警備員などが近くの路上に止めてあった車の運転席で、旭市の無職・木内克哉さん(18)が死亡しているのを発見した。
木内さんの顔には殴られたようなあとがあり、警察は、木内さんが何らかの事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166182.htmlLogo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

島根女子大生不明:女性の頭部は平岡さん DNA型で判明(7日)

広島県北広島町東八幡原の臥龍山(がりゅうざん)(標高1223メートル)山頂付近で見つかった女性の頭部の遺体について、広島県警は7日未明、先月26日から行方不明になっている島根県立大総合政策学部1年、平岡都(みやこ)さん(19)=島根県浜田市原井町=と断定した。同県警で鑑定した結果、DNA型が一致した。

 島根、広島両県警は同日、死体遺棄事件として合同捜査本部(捜査本部長・島根県警刑事部長)を設置した。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20091107k0000m040147000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

平岡さん、バイト後の足取り不明…不審者情報も(7日)

平岡都さん(19)は10月26日夜、島根県浜田市でアルバイトを終えて行方不明となり、その後の足取りはわかっていない。親元を離れ、寮で一人暮らしをしていた女子大生の身に何が起きたのか。県警は当日の行動の把握に全力を挙げている。

 平岡さんは10月26日、島根県立大学で授業に出席した後、約2キロ北にあるアルバイト先のショッピングセンターに向かった。友人らによると、平岡さんは普段、車やバイクには乗らず、センターとの往復は徒歩だったという。平岡さんが最後に確認されたのは、同日午後9時15分頃。同4時半からの勤務を終え、白と黒の横じまのワンピース姿で従業員通用口から出ていくのが防犯カメラに映っていた。しかし、その後、住んでいる大学そばの学生寮に戻らず、携帯電話の通信記録もそれ以降はないという。

 センターから徒歩で帰宅する場合、途中で国道9号を渡り、住宅街と神社の境内を抜けた後、街灯の少ない曲がりくねった山道を通って、約30分かかるという。神社の近くに住む女性(70)は「学生さんたちはほとんどが徒歩で、家の外で掃除しながら見守っていたけど、行方が分からないと聞いてから大変心配していた」と話す。

 ◆不審者情報も◆

 大学によると、大学と学生寮周辺では、女子学生が黒い軽自動車に乗った男らから声をかけられる不審者情報が今年4月~5月に2件、6月に10件、7月に3件の計15件あった。このため7月8日から教職員らが周辺をパトロールしていたが、夏休み明け以降は不審者情報がなくなり、実施していなかったという。

 一方、若い女性の遺体の一部が発見された広島県北広島町の臥龍山は、浜田市中心部から南へ直線で約25キロ。町役場などによると、浜田市からは車で40~50分かかる。国道186号を南下し、県道307号を経て、臥龍山ふもとの同町東八幡原へ出て、8合目まで上るルートが最短という。同山近くの寺の責任者(56)は「山道は車が行き違うのがぎりぎりで、こんな所まで来るのは、この地域を知っている人ぐらいではないか」と話した。(2009年11月7日04時03分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091107-OYT1T00161.htm?from=main2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取不審死、1人は他殺 首を背後から押しつけられた跡(7日)

Osk2009110601911 鳥取県で相次いで男性の不審死が起きていた問題で、10月に鳥取市の摩尼(まに)川で遺体で見つかった電気工事業円山(まるやま)秀樹さん(当時57)=鳥取市吉成=の首に背後から押さえつけられたような跡があったことが、捜査関係者への取材でわかった。円山さんの死因は水を飲んでおぼれたことによる窒息だったことから、県警は何者かが円山さんの顔を川に押しつけて殺害したと判断し、殺人事件として捜査を始めた。

 一方、県警が詐欺容疑で逮捕し、円山さんら不審死した男性たちとの関係が浮上している元スナック従業員の女(35)の周辺で、女をよく知る警備員の男性が07年に海でおぼれた後に死亡、08年には女と交際していた同県警の警察官が署内で死亡していたことなどが、捜査関係者への取材で新たにわかった。女の周辺で死亡した男性は、計6人となった。

 捜査関係者によると、円山さんの遺体は10月7日、川でうつぶせの状態で見つかった。県警が司法解剖したところ、気管や肺から水が検出されたが、現場の水深は約20センチしかなかった。このため、県警は、円山さんは何者かに睡眠導入剤を飲まされたうえ、川に顔を押しつけられた可能性があるとみている。

 また、別の捜査関係者によると、新たに死亡していたことが分かったのは、警備員だった古田新一さん(当時27)=鳥取市行徳3丁目。古田さんは07年8月18日、鳥取市の砂丘海水浴場の約200メートル沖で貝をとっていておぼれ、27日に死亡したという。

 古田さんの親族によると、古田さんは約10年前、鳥取市のスナックで働いていた女と知り合った。05年ごろから女の家で同居し、主に女の子どもの世話などをしていたという。熱湯をかけられるなど女から暴力を振るわれたといい、約100万円を女に渡したこともあったという。

県警によると、死亡した警察官は08年2月、署内で首をつった状態で見つかった。当時、女との交際に悩んでいたとの情報もあったが、県警は、署内の出来事で事件性がないと判断し、「自殺」として処理したという。

 このほか、読売新聞大阪本社広報宣伝部によると、女と接点があった鳥取支局の男性記者(当時41)が04年5月13日、鳥取市内で列車にひかれて死亡したという。

 捜査関係者によると、この男性は当時、女と交際しており、死亡した現場には女との関係をつづった遺書らしき文書があったという。男性の知人は「あのころ、男性は『お金がかかる』とこぼし、取材先などにもお金を無心していた」と話している。

 女の周辺では4月以降、電化製品の代金未払いでトラブルとなっていた円山さんのほか、トラック運転手矢部和実さん(当時47)、無職の田口和美さん(当時58)も不審な死を遂げている。県警の調べで、3人からは同じ睡眠導入剤が検出されたという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1107/OSK200911060185_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺女、知人男性と裏磐梯に旅行 遺体発見直後に(7日)

埼玉県警に詐欺容疑などで逮捕された無職女(34)=東京都豊島区=の知人男性が相次いで不審死した事件で、8月に会社員、大出嘉之さん=当時(41)=の遺体が発見された数日後、女が別の知人男性と観光地の福島県・裏磐梯に旅行していたことが6日、地元の観光関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 県警は、定職を持たなかった女が、ほかの男性たちから受け取っていた金をこうした遊興費に充てていたとみて、さらに詳しい使途の解明を進めている。

 観光関係者によると、女と男性は約5年前から頻繁に裏磐梯を訪れていた。男性には「吉川桜」という偽名を名乗っており、本名について男性は「(女が)逮捕されてから知った」と話したという。

 女は埼玉県富士見市の駐車場で大出さんの遺体が発見された4日後の8月10日、男性と2人で檜原湖(福島県北塩原村)を訪問。観光関係者は「同じ男性と年1回ペースで来ていた。どちらかといえば地味で、高価な貴金属などをつけている様子はなかった」と話している。男性は観光関係者に「旅行費用は折半」と話しており、女に多額の金を渡していた形跡はなかった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321568/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取不審死の中に読売記者も「子連れ女につかまった」 (7日)

■十八番は「あゝ無情」

 鳥取県警に詐欺容疑で逮捕された鳥取市に住む元ホステスの女(35)の周辺で男性3人が相次いで不審死した事件で、女と交際した別の男性2人も不審死し、このうち1人が同県在住の40代半ばの読売新聞記者だったことが分かった。5人もの男性の死に深くかかわったとみられる女。言葉巧みに結婚をちらつかせて金をせびる手口は、東京都豊島区の無職女(34)の結婚詐欺事件と類似している。一体、女は何者なのか-。

 県警や関係者によると、読売新聞の記者は数年前に列車にひかれて死亡。女に数百万円貸し、死亡直前に女と金をめぐりトラブルになっていたという。一部報道では、仕事仲間に「子連れの女につかまった」と語っていたという。

 記者は支局のデスククラスで、仲間内では「激しい性格で仕事はできる」と評価されていた。失踪後に列車にひかれ死亡しており、当時は自殺で処理され、女性関係が原因とみられていた。もう一人は約2年前に日本海で水死した同県内の男性と、数年前に列車事故で死亡した会社員男性も女と交際した形跡があり、他殺の可能性があるという。

 女は約4年前から鳥取市内のカラオケスナックに勤務していた。常連客は「色白でぽっちゃり。身長は150センチぐらいでピンクの服やミニスカートが好きだった。愛嬌があって人気だったが、気が強く、店内で怒鳴り散らすこともあった。十八番はアン・ルイスの『あゝ無情』」と話す。

 先月7日、市内の川で遺体となって見つかった自営業、円山秀樹さん(57)は約3年前にスナックで女と知り合った。女はスナックの常連客に「結婚しよう」と交際を持ちかけ、「入院費用がいる」「準備資金がほしい」と、さまざまな口実で借金をしていた。その総額は600万円以上にのぼっていたという。

 女は2007年冬、「好きな人ができた」と店を辞め、常連客だった無職男(46)と同居を始めた。この男はトラクター2台と田植機1台の代金を支払わずに転売した詐欺容疑で今月2日、県警に逮捕されている。

 女は数回の離婚歴があり、幼児から高校生までの5人の子供と家賃2万5000円のアパートに同居していた。間取りは8畳一間で風呂なし、部屋の周囲にはゴミや生活雑貨が散乱していた。昨年末から数カ月間、家賃を滞納したといい、「近くのつくしや山菜を採って食べていたこともあった」(近所の住人)ほど困窮した様子だったという。ところが、「今年4月ごろから羽振りがよくなり、家族全員で外食するようになった」(別の住人)との証言も。女は周囲に「大阪で看護師をしていた」と話し、市内の総合病院で処方された睡眠導入剤を持ち歩き、寝付きの悪い住人に配っていた。薬の扱いには慣れた様子だったという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321572/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官の汚職事件、元上司ら9人を処分(7日)

警視庁の元巡査部長が収賄容疑で逮捕・起訴され、同僚の警部補も風俗店から数千万円を受け取っていたとして懲戒免職処分を受けた事件で、警視庁は、2人の当時の上司だった元神田署長ら9人を処分しました。

 この事件は、当時、神田署の巡査部長だった林隆貴被告(47)が、韓国エステ店の経営者の女から取り締まり対象から外すなどした見返りに、67万円を受け取ったとして収賄の罪で起訴されたものです。

 また、神田署の同僚だった元警部補も、6年間にわたって風俗店に開業資金などを出し、売上金から数千万円を受け取っていたなどとして、8月に懲戒免職処分を受けています。

 警視庁は6日、この2人の上司だった当時、神田署の署長で、現在、赤坂署の署長(59)ら9人について、身上の把握が形骸化していたなどとして、監督責任を問う警視総監訓戒などの処分をしました。(06日19:39) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4277145.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄サリン事件 最高裁、実行犯の元オウム幹部2人の上告棄却 死刑確定へ(7日)

地下鉄サリン事件の実行役として、殺人罪などに問われた、元オウム真理教幹部・豊田 亨被告(41)と広瀬健一被告(45)に対し、最高裁判所は、1、2審の死刑判決を支持し、上告を棄却した。
2人の被告は、1995年3月20日、松本 智津夫死刑囚(54)らと共謀し、豊田被告が営団地下鉄日比谷線で、広瀬被告が丸ノ内線でそれぞれサリンを散布し、乗客や職員を殺害するなどした殺人などの罪に問われている。
2人は、1、2審で死刑判決を受け、上告していた。
弁護側は、「犯行当時はマインドコントロール下にあった」などとして、死刑回避を求め、「善悪を判断する能力を失っていた」などと述べ、ともに「深く反省し、後悔している」と訴えていた。
6日の判決で最高裁は、「教団の組織防衛を目的とし、極めて反社会性の強い法治国家に対する挑戦ともいうべき犯行で、犯行様態は残虐で、非人道的というほかなく、結果も極めて重大である」として上告を棄却した。
教団による一連の事件で、死刑が確定するのは、松本死刑囚らに続き、これで8人になる。
事件で夫を亡くした高橋 シズヱさんは「被害の大きさを考えれば、避けられない判決だったと思います」と話した。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166155.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生殺害:サッシにこじ開けた跡 ベランダから侵入か(7日)

千葉県松戸市のマンション自室で千葉大4年、荻野友花里さん(21)が殺害され放火された事件で、部屋のベランダのサッシに外側からドライバーのようなものでこじ開けられた跡があることが、捜査関係者への取材で分かった。県警松戸署捜査本部は犯人がベランダから侵入した可能性が高いとの見方を強めている。

 荻野さんの自室はマンション2階にあるが、外側からよじ登って侵入することが可能な位置にある。捜査関係者によると、荻野さんは音信不通となった10月21日午後には殺害されていたとみられ、捜査本部は同日の目撃者捜しに全力を挙げている。

 捜査本部などによると、事件は同月22日午後8時20分ごろ、荻野さんの知人がマンションを訪ねた際、火災に気づいて110番。焼け跡から刃物で胸などを刺された荻野さんの遺体が見つかった。【神足俊輔、中川聡子】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091107k0000m040129000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ公開の疑い、交換ソフト利用の10人書類送検(7日)

Ngy2009110600201 少女の裸の画像をファイル交換ソフトで公開したとして、愛知県警が同県春日井市の会社員の男(25)ら10人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の疑いで10月末までに書類送検していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。被害少女は1人の女子中学生で、男らは別の人物が撮影してインターネット上に流出させた画像をソフトを使って次々に入手し、公開していたという。ソフトによる児童の被害は急増しており、県警は事態を深刻と判断。ほかにも画像を公開している人物がいるとみて、捜査を続けている。

 特定のサーバーに画像を保存するホームページやネット掲示板とは違い、ファイル交換ソフトの場合、ソフトを導入した不特定多数のパソコンに連鎖的に画像が流出するため、回収は事実上不可能とされる。

 捜査関係者によると、書類送検されたのは、全国の10~50代の男。いずれも世界有数の利用者がいる「Cabos(カボス)」と呼ばれるファイル交換ソフトを使い、日本人の中学生の少女を写した同じ画像をネット上から入手して自宅などのパソコンに保存。他人が閲覧できるように公開していた疑いがある。カボスは、1人がパソコン内の特定の場所に画像などのファイルを保存することで、ネットワークでつながる他のソフト利用者も入手、保存できる仕組みになっているという。

 少年課が5月、児童ポルノの捜査にカボスを導入したところ、この少女の画像を多数の利用者が保存、公開しているのを確認。ネットへの接続履歴などから画像を入手していた人物を割り出す一方、少女の身元や撮影者を特定。撮影者は書類送検された10人とは別人で、画像は何らかの方法でネット上に流出し、カボスを通じて広まったという。

10人のうち3人は、すでに略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受けたが、7人については刑事処分が出ていない。男らは互いに面識がなく、多くは調べに対して、「カボスは初心者でも扱いやすかった。みんながダウンロード(入手)しているので捕まらないと思った」と話しているという。

 略式命令を受けた静岡県の会社員(37)の場合、約4年前に妻から「映画や音楽をダウンロードできるソフトがある」と頼まれ、カボスをパソコンに導入。児童ポルノやわいせつ画像を次々に入手して、パソコンに保存、公開していた。容疑になった少女の画像は今年2~3月ごろにカボスで入手したという。

 ファイル交換ソフトは、画像や音楽などのファイルをネット経由で自由に送受信できるソフト。欲しいファイルを検索して、持ち主から入手できる。国内では「ウィニー」が代表的だが、音楽やゲームソフトの違法コピーが出回ったり、個人情報が流出したりする問題も相次いでいる。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1107/NGY200911060019_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺女、知人男性と裏磐梯に旅行 遺体発見直後に(7日)

埼玉県警に詐欺容疑などで逮捕された無職女(34)=東京都豊島区=の知人男性が相次いで不審死した事件で、8月に会社員、大出嘉之さん=当時(41)=の遺体が発見された数日後、女が別の知人男性と観光地の福島県・裏磐梯に旅行していたことが6日、地元の観光関係者への取材で分かった。

 県警は、定職を持たなかった女が、ほかの男性たちから受け取っていた金をこうした遊興費に充てていたとみて、さらに詳しい使途の解明を進めている。観光関係者によると、女と男性は約5年前から頻繁に裏磐梯を訪れていた。男性には「吉川桜」という偽名を名乗っており、本名について男性は「(女が)逮捕されてから知った」と話したという。

 女は埼玉県富士見市の駐車場で大出さんの遺体が発見された4日後の8月10日、男性と2人で檜原湖(福島県北塩原村)を訪問。観光関係者は「同じ男性と年1回ペースで来ていた。どちらかといえば地味で、高価な貴金属などをつけている様子はなかった」と話している。男性は観光関係者に「旅行費用は折半」と話しており、女に多額の金を渡していた形跡はなかった。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321568/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠導入剤の“効果”とは? 医者も求められたら断れず(6日)

かかわりのあった6人の男性が不審死した東京都豊島区の無職女(34)と、金銭トラブルを抱えていた男性ら5人がやはり不審な死を遂げた鳥取市の元ホステス(35)。両ケースの共通点は、亡くなった男性らの遺体から睡眠導入剤が検出されていることだ。東京の無職女は医師の処方を受け、鳥取の元ホステスは元看護師と称していたが、実際には誰でも簡単に入手できるという。

 「通常、初診の患者にいきなり睡眠導入剤を処方することはありえません。まず精神安定剤を勧め、段階的に睡眠導入剤、抗うつ剤、抗てんかん薬と薬効を強めるのが一般的。ただ、患者側から求められれば、希望通り少量を処方して様子を見る場合もあります」

 都内の病院に勤務する内科医はこう語る。不眠など精神的な症状は患者の証言だけが頼り。そのため「この薬は効かない」「あの薬が欲しい」と患者に言われてしまえば、断る理由はなかなか見つからないという。

 結婚詐欺容疑で逮捕された無職女は今年1月、自宅近くの内科を訪れ、「精神科に通って薬をもらっているが遠いので、処方してほしい」と2種類の睡眠導入剤の名前を挙げた。女は7回通院。最後のころは診察を省き処方だけ受けていた。「ただ、男をだまして金をむしり取るような野心を持つ女性が、不眠症を患うことなど、まずないでしょう」という。

 睡眠導入剤の“効果”はどれほどか。鳥取で死亡した男性の1人は、ろれつが回らなくなった様子を知人に目撃された。「確かに、睡眠導入剤を服用すると30分以内に意識がもうろうとして、ろれつが回らなくなります」とした上で、この内科医はこう指摘する。

 「一緒に強いアルコールを摂取すると、前方性健忘を発症する可能性が高くなる。もし殺害目的で飲ませ、相手が数時間後に目が覚めたとしても、前後の記憶は抜け落ちている。殺害方法としては、抜け目がありませんね」Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/321573/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月6日 | トップページ | 2009年11月8日 »