« 「金総書記の情報収集強化を」警察庁長官が指示 (24日) | トップページ | 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) »

2009年10月24日 (土)

拉致認定ない特定失踪者も捜査徹底を(24日)

警察庁の安藤隆春長官は全国の警察の本部長が集まった会議で、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない「特定失踪者」について捜査を徹底するよう指示しました。

 会議は23日午後、東京・千代田区で行われ、全国の警察本部の本部長や警察庁の幹部らが出席しました。

 会議の冒頭、警察庁の安藤隆春長官は北朝鮮の拉致事件に触れ、政府による拉致認定を受けていない特定失踪者についても捜査を徹底するよう指示しました。

 「拉致の可能性を排除できない告訴・告発、相談などにかかわる事案についても全容を解明するとの信念の下、徹底した捜査・調査を推進し、各位自らの目でその推進状況を点検されたい」(安藤隆春長官)また、安藤長官は、キム・ジョンイル総書記の健康問題など北朝鮮の情勢についても情報収集や分析を強化するよう指示しました。(23日19:07) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4265877.html

 

« 「金総書記の情報収集強化を」警察庁長官が指示 (24日) | トップページ | 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46566770

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致認定ない特定失踪者も捜査徹底を(24日):

« 「金総書記の情報収集強化を」警察庁長官が指示 (24日) | トップページ | 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) »