« 不明女性:DNA鑑定で7年ぶり身元確認 愛知・瀬戸(10日) | トップページ | 5人組に襲われもらったばかりの給料26万円奪われる (10日) »

2009年10月10日 (土)

日本列島振り込め詐欺(10日)4件

手渡し詐欺:増加中 犯行グループがリスク覚悟で経費節減

Logo_mainichi1_3 会社の部下や上司などを装って自宅などに直接現金を受け取りに来る「手渡し詐欺」の被害が増加している。警視庁によると、東京都内で9月に33件を認知し、5月の6倍以上に増加。警視庁幹部は「取り締まり強化などで収益減に苦しむ振り込め詐欺グループが、手っ取り早く現金をだまし取ろうとしている」と警戒する。「会社の金を使い込んでしまった」「電車の網棚に会社の金を置き忘れた」などと、家族を装う人物が電話をかけて銀行口座などに現金を振り込ませる「オレオレ詐欺」。その変形版で、犯人が被害者宅を訪れたり、街中で待ち合わせをして現金を受け取るのが手渡し詐欺の手口だ。警察庁は振り込め詐欺の一種として、取り締まりを強化している。

 警視庁によると、手渡し詐欺の認知件数は今年1月は54件で振り込め詐欺に占める割合は36.7%だったが、5月には5件で7.1%に減少。しかし6月以降は増加に転じ、9月は1月に次ぐ33件で22.6%だった。全国的にも、5月は8.6%だったが、9月には17.1%を占めた。この背景には、捜査当局や金融機関による対策強化で、振り込め詐欺グループが不正に購入する銀行口座や携帯電話が入手困難になり価格が上昇したことがあるとみられる。警視庁は、手渡し詐欺は被害者に顔を見られるリスクはあるが、“犯行経費”を節減するために増加しているとみる。「6月にグループが設定する最低賃金保障がなくなり、報酬が月200万円から25万円に減った」。警視庁が7月に逮捕したグループの構成員はこう供述した。別のグループのメンバーも「以前はリーダーが焼き肉をごちそうしてくれたが、最近は食べていない」「基本給がなくなり、歩合も2割から1割になった」と供述する。

 警視庁は15日からの「振り込め詐欺撲滅月間」で、手渡し詐欺の検挙にも重点を置く。電話を受けた人がだまされたふりをして犯人をおびき出し、誘拐事件を担当する捜査1課特殊班らで編成する「ステルス(忍者)チーム」が待ち伏せて逮捕する作戦を実施する。【川辺康広】

振り込め詐欺:「被害経験あり」3% 「不審電話、訪問」44%--調査 /宮城

 ◇佐沼・登米署

Logo_mainichi1_4 佐沼、登米の両警察署は登米市内の高齢者(65歳以上)942人を対象に行った「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」に関する意識調査の結果を発表した。「オレオレ詐欺被害に遭ったことがあるか」との質問には、3%が「被害経験あり」と回答。不審な電話や訪問を受けたとの回答が半数近くに達したため、両署は不審な電話や訪問への警戒を呼び掛ける。「日ごろ不安を感じる事件は?」との質問には、37%の人が交通事故を挙げ、次いで19%が悪質商法と回答。オレオレ詐欺は18%で3番目となった。オレオレ詐欺の被害に遭った人は3%にとどまったが、「不審電話や不審な訪問を受けたことがある」との回答は44%に達した。「だまされない自信の有無」の設問では、「自信あり」が55%に対し、「自信ない」24%、「わからない」21%。「被害防止のための研修会へ参加する意思があるか」との質問には「参加する」が46%、「できれば参加したい」44%に対し、「参加しない」が10%あった。両署は調査結果を基に、(1)不審を感じたらすぐに警察へ通報する意識の啓発活動(2)被害防止の研修会の開催などを積極的に進める。【小原博人】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091010ddlk04040088000c.html

 

振り込め詐欺:4容疑者を逮捕--県警 /千葉

Logo_mainichi1_5 振り込め詐欺で現金をだまし取ったとして、県警捜査2課などは9日、市川市市川1、建築業、金子昌史容疑者(30)ら男4人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。同課によると、このグループによる被害は、07年12月~08年5月ごろ、県内や東京都内などで計45件、総額5000万円以上とみられる。ほかに逮捕されたのは、東京都江戸川区春江町2、無職、竹内勇太(28)=詐欺罪などで起訴▽船橋市二和西5、同、竹内昭太(26)=同▽市川市大洲2、会社員、松橋和幸(29)の3容疑者。容疑は、08年3月3日、東京都文京区の無職女性(32)に兄を装って電話し、「副業で浄水器の販売をしているが会社の金を100万円使った」などとうそを言って100万円を振り込ませ、だまし取ったとしている。【神足俊輔】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091010ddlk12040195000c.html

振り込め詐欺:防止へ、丸亀署員が寸劇で注意呼び掛け /香川

振り込め詐欺を防止するため、丸亀署の若手署員らが丸亀市大手町2の市生涯学習センターで教室を開き、高齢者約120人に注意を呼び掛けた。教室では、署員が寸劇を披露。電話口で孫息子と警察官の2人を装い、交通事故の慰謝料名目で高齢男性から金をだまし取る手口を紹介した。また「携帯電話を持ってATMに行って」「電話番号が変わった」「定額給付金の件で」など、振り込め詐欺でよく使われるセリフも解説した。「ちょっと待て、確認・相談、忘れずに」というスローガンを参加者全員で唱えた。同署によると、昨年の県内の被害は159件で被害総額は約1億7000万円。今年は9月末現在で62件計約3900万円の被害があり、同署管内は13件と県内ワースト1という。【馬渕晶子】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091009ddlk37040521000c.html

Logo_mainichi1_6

 

« 不明女性:DNA鑑定で7年ぶり身元確認 愛知・瀬戸(10日) | トップページ | 5人組に襲われもらったばかりの給料26万円奪われる (10日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(10日)4件:

« 不明女性:DNA鑑定で7年ぶり身元確認 愛知・瀬戸(10日) | トップページ | 5人組に襲われもらったばかりの給料26万円奪われる (10日) »