« 「火をつけてやる」“お礼参り”で脅迫、女を逮捕(24日) | トップページ | 会合中の自治会館に押し入り強盗 23歳男逮捕(25日) »

2009年10月24日 (土)

犯人がいつ放火したかが捜査の焦点(24日)

千葉県松戸市で火災現場から女性が遺体で見つかった事件は、殺人放火事件と断定されました。千葉県警・松戸警察署前からの報告です。

 千葉県警・松戸警察署では午後5時から捜査本部の設置にともなう捜査一課長ら捜査本部幹部の会見が行われています。その中で、捜査幹部は、現場のベランダの窓と出窓が開いていたことなどを新たに明らかにしています。

 今後の捜査ですが、犯人がいつ荻野さんを襲撃し、いつ部屋に火を放ったかが焦点となりそうです。荻野さんの部屋から火が出ているのが見つかったのは、22日午後8時20分ごろで、20日午後11時から連絡がとれなくなった荻野さんを心配した友人らが部屋を訪れた際に発見し、通報しました。

 捜査本部は友人らが部屋を訪れる直前の午後8時15分ごろに犯人が部屋に火を放ったとみて、この時間帯に付近で不審な人物や車の目撃がなかったか調べるなどして、犯人が荻野さんを襲撃した時間などの特定を進めるとともに、26日、遺体を司法解剖して、死因や死亡時期などについて詳しく調べる方針です。(24日17:37) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4266500.html

 

« 「火をつけてやる」“お礼参り”で脅迫、女を逮捕(24日) | トップページ | 会合中の自治会館に押し入り強盗 23歳男逮捕(25日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯人がいつ放火したかが捜査の焦点(24日):

« 「火をつけてやる」“お礼参り”で脅迫、女を逮捕(24日) | トップページ | 会合中の自治会館に押し入り強盗 23歳男逮捕(25日) »