« 警視庁公安部、中核派拠点を一斉捜索(2日) | トップページ | 鎌で2人にけが 殺人未遂容疑で逮捕の男、措置入院(3日) »

2009年10月 3日 (土)

五輪決定のリオ、14年にはW杯…治安維持が課題に(3日)

【コペンハーゲン=稲垣康介、忠鉢信一】2日(日本時間3日未明)に当地で行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会の投票で、16年夏季五輪の開催地はリオデジャネイロ(ブラジル)となり、東京の夢はかなわなかった。招致表明から4年、環境を前面に押し出したが、IOC委員の心はつかみきれなかった。日本の夏季五輪招致は名古屋、大阪に続いて3回連続で失敗した。 

 南米初の五輪開催という歴史に名を残すことになったリオデジャネイロだが、課題は少なくない。サッカーの14年W杯も控える中、最大のハードルは治安維持だろう。 犯罪の温床であるスラム街「ファベーラ」は市内各地に点在し、その数は1千程度。競技会場は海に近い場所、内陸部など主に四つの地域に分かれているが、会場の近くにもファベーラがある。リオ市の人口の6分の1に当たる100万人がその住人だ。

 そのため躍起になって治安回復に取り組んでいる。リオ当局は昨年11月から日本をモデルにしたリオ風の交番を設置。犯罪の多いファベーラでギャングを一掃し、24時間体制で警察官が常駐している。日本で1カ月、交番の研修を受けた者もいるという。

 警察官は住民と人間関係を築き、子供にサッカーなどのスポーツも指導。この試みは犯罪発生の抑制に一定の成果をあげ、IOCの評価報告書でも評価された。しかし08年にリオデジャネイロ州で起きた殺人事件は5717件、警察とギャングの撃ち合いの巻き添えなどで1137人が死亡するなど、治安がどこまで保障されるのか不透明だ。

 もう一つの宿泊施設の不足は、大型のホテルを三つ新設し、二つを拡張するなどして補うという。リオの招致委は「IOCから必要とされた4万部屋を30%上回る5万2800部屋が確保できる見通しになった」としている。交通アクセスも懸念され、開催期間中に学校を休校し、一般車両を制限、地下鉄の延長などで対応するという。インフラ整備も欠かせない。(リオデジャネイロ=平山亜理) Logo3 http://www.asahi.com/sports/update/1003/TKY200910030004.html

 

« 警視庁公安部、中核派拠点を一斉捜索(2日) | トップページ | 鎌で2人にけが 殺人未遂容疑で逮捕の男、措置入院(3日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪決定のリオ、14年にはW杯…治安維持が課題に(3日):

« 警視庁公安部、中核派拠点を一斉捜索(2日) | トップページ | 鎌で2人にけが 殺人未遂容疑で逮捕の男、措置入院(3日) »