« 「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ 捜査当局も警戒(21日) | トップページ | 強盗男の画像を公開 吉野家10品目食べた上に「金出さんかい」 (21日) »

2009年10月21日 (水)

高相被告、初公判で覚醒剤使用、所持の罪認める(21日)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)の夫で、同法違反罪(所持、使用)に問われた自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)の初公判が21日、東京地裁(稗田雅洋裁判官)で開かれた。高相被告は所持について「間違いありません」と述べる一方、使用については「公園ではなく、自宅マンションで吸引しました」と話し、起訴内容を大筋で認めた。

 一方、検察側は冒頭陳述で「高相被告は20歳のころ、初めて覚せい剤を使用した。(平成20年以降は)2週間に1回のペースで密売人から購入し、使用していた」と指摘した。高相被告が罪を認め、事実関係に争いがないことから争点は罪の重さになる。

 高相被告はこれまでの調べで、覚醒(かくせい)剤の入手ルートについて「外国人から買った」と供述。酒井被告については「4年ぐらい前に妻に覚醒剤を勧めた。妻はその後、使用していた」などと供述していた。高相被告は8月3日未明に東京都渋谷区の路上で、覚醒剤を所持したとして現行犯逮捕されていた。

 起訴状によると、高相被告は8月2日、東京都港区の青山公園で覚醒剤を吸引し、翌3日には渋谷区の路上に止めた車内で覚醒剤0・817グラムを所持、同月9日には千葉県勝浦市の別荘で覚醒剤0・097グラムを所持したとされる。酒井被告の初公判は26日に東京地裁で開かれる。酒井被告も捜査段階で罪を認めており、争点は罪の重さになる見通し。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/315235/

 

« 「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ 捜査当局も警戒(21日) | トップページ | 強盗男の画像を公開 吉野家10品目食べた上に「金出さんかい」 (21日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高相被告、初公判で覚醒剤使用、所持の罪認める(21日):

« 「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ 捜査当局も警戒(21日) | トップページ | 強盗男の画像を公開 吉野家10品目食べた上に「金出さんかい」 (21日) »