« 「食の安全」の検挙数、前年比55%増(1日) | トップページ | 京都府警はなぜサイバー犯罪に強いのか(1日) »

2009年10月 1日 (木)

僧侶を覚醒剤使用容疑で逮捕 新潟・佐渡、不審な言動で職質(1日)

新潟県警佐渡東署は1日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、新潟県佐渡市両津大川の照光寺僧侶、奥野俊英容疑者(48)を逮捕、新潟地検佐渡支部は同日起訴した。

 逮捕容疑、起訴内容は、9月上旬に自宅近くの車庫に止めた車の中で覚醒(かくせい)剤を使用したとしている。

 佐渡東署によると、奥野被告は覚醒剤を使ったと認めている。9月上旬に奥野被告に不審な言動が見られたことから同署員が職務質問。任意で尿検査を実施し、覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕した。同署は入手経路などの捜査を進める。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/307928/

 

« 「食の安全」の検挙数、前年比55%増(1日) | トップページ | 京都府警はなぜサイバー犯罪に強いのか(1日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46362511

この記事へのトラックバック一覧です: 僧侶を覚醒剤使用容疑で逮捕 新潟・佐渡、不審な言動で職質(1日):

« 「食の安全」の検挙数、前年比55%増(1日) | トップページ | 京都府警はなぜサイバー犯罪に強いのか(1日) »