« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 沈没零戦から砲弾収集容疑 趣味高じ「本物ほしくて」(22日) »

2009年10月22日 (木)

大阪市職員が覚醒剤の「運び屋」 1日5~6件マイカーで配達(22日)

覚醒(かくせい)剤の「運び屋」を務めていたとして、大阪市環境局城北環境事業センター職員、元山健次被告(44)=病気休職中、同市城東区古市=が覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪で大阪地検に起訴されていたことが22日、大阪府警浪速署への取材で分かった。

 起訴は今月9日付。浪速署の調べに対し、元山被告は「密売人から指示を受けて、1日5~6件、1件2千円で配達していた」と供述しているという。浪速署によると、警ら中のパトカーが9月21日未明、大阪市浪速区日本橋で、道路脇に止めた車の外で話をしていた元山被告と男に近づいたところ、男が逃走した。警察官が車に乗り込んだ元山被告を職務質問、所持していたポーチから覚醒剤入りの小型ポリ袋6袋(計約4グラム)と注射器を見つけ、同法違反(所持)の現行犯で逮捕した。

 その後の調べで、元山被告は4月に知り合った密売人から指示を受け、8月下旬から大阪市や堺市、岸和田市内の顧客に深夜、封筒に入れた覚醒剤をマイカーで配達していたと供述。「生活費に困り金がほしかった」と話しているという。さらに昨年12月ごろから覚醒剤を使用していたと供述し、尿検査で陽性反応が出たことから浪速署はこの日、使用容疑で追送検した。

 市環境局では5月にも職員1人が覚醒剤の使用と所持で摘発され、同局が職員約3500人を対象に再発防止の研修を実施したが、元山被告は2月から病気休職中で参加していなかった。今後、元山被告の懲戒処分を検討するとともに他の職員への聞き取り調査を進め、改めて研修などを徹底するという。Banner_logo_051_10 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/315895/

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 沈没零戦から砲弾収集容疑 趣味高じ「本物ほしくて」(22日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46556721

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市職員が覚醒剤の「運び屋」 1日5~6件マイカーで配達(22日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 沈没零戦から砲弾収集容疑 趣味高じ「本物ほしくて」(22日) »