« 少年ドラム缶遺体事件 少女数人も逮捕へ(6日) | トップページ | 大阪・中之島で男性刺される 出勤途中にトラブルか(6日) »

2009年10月 6日 (火)

首相側、架空寄付者の税控除手続き 水増し隠す工作か(6日)

鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の虚偽献金問題をめぐり、団体側が、架空名義とみられる「寄付者」延べ75人分について、総務省に税金控除を申請し、書類の交付を受けていたことがわかった。75人は、05~07年に交付を受けた寄付者の約3分の2にあたり、虚偽記載として政治資金収支報告書から削除されている。控除書類の申請状況は、総務省に対する朝日新聞の情報公開請求でわかった。

 鳩山首相はこれまで、虚偽の献金者を仕立てた理由について「公設秘書(解任)が個人献金数を多く見せかけるためだった」などと説明している。団体側が、水増しが不自然に見えないよう、架空の税金控除書類の申請という二重の工作をしていた疑いがある。収支報告書の修正後、総務省は交付済みの控除書類が悪用されないように首相側に「適切な対応」を求めたが、5日までに返還などの措置は取られていない。

 ただし、こうした控除書類は「寄付者」本人でなければ税金控除申請には使えないため、ただちに税金の不正減額が行われたとはいえない。 鳩山首相は6月の記者会見で05~08年に虚偽記載が計192件、総額2177万8千円にのぼることを認め、収支報告書を修正している。

 政治家の資金管理団体などに寄付した場合、一定の条件を満たせば、税金の控除を受けられる。控除書類は資金管理団体がまとめて総務省に申請して交付を受け、それぞれの寄付者に送付。寄付者は同省の確認印付きの書類を確定申告書に添付し、所得税の控除を受けられる。 朝日新聞が入手した資料によると、「懇話会」は記録の残る03年から5年間、総務省に「寄付金控除のための書類」(控除書類)を申請していた。

資料によると、告発対象の4年間では計160人分の控除書類が交付され、控除対象の寄付金総額は6148万円にのぼる。さらに、「懇話会」の記録が残る03年から5年間で見ると、計287人分の控除書類が交付され、控除対象の寄付金総額は8237万円。

 この問題では、04~07年の収支報告書に実際には寄付をしていない故人らの氏名が記載されていたとして、都内の団体が政治資金規正法違反容疑で告発し、東京地検特捜部が捜査している。特捜部も控除書類の交付を把握しており、実態の解明を目指す。

 「懇話会」をめぐる控除書類交付の実態について、首相側の弁護士は、朝日新聞の取材に対し、「政治資金規正法違反事件の捜査が開始されており、鳩山事務所は捜査に全面的に協力している。捜査中であり、個々の事項に関するお問い合わせについては鳩山事務所及び当職は一切お答えを控えさせていただきます」と回答している。 Logo3_3 http://www.asahi.com/politics/update/1006/TKY200910060195_01.html

 

« 少年ドラム缶遺体事件 少女数人も逮捕へ(6日) | トップページ | 大阪・中之島で男性刺される 出勤途中にトラブルか(6日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46412704

この記事へのトラックバック一覧です: 首相側、架空寄付者の税控除手続き 水増し隠す工作か(6日):

« 少年ドラム缶遺体事件 少女数人も逮捕へ(6日) | トップページ | 大阪・中之島で男性刺される 出勤途中にトラブルか(6日) »