« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 中川氏に自殺の証拠ない 谷津氏が強調(4日) »

2009年10月 3日 (土)

「国会で献金問題説明を」 自公幹部が参考人聴取で追及姿勢(3日)

 自民党の大島理森幹事長は3日、青森市内で記者会見し、鳩山由紀夫首相の資金管理団体の偽装献金問題について「首相自ら国民に説明するのが第一歩だ。そうしないなら、われわれは国会できちんと聞かなければならない」と述べ、秋の臨時国会で徹底追及する姿勢を示した。

 東京地検特捜部が献金問題で参考人聴取を開始したことに関し「法律を守るということに対する政治家としての責任感の在り方をきちんとしておかないといけない。まず全部オープンにして、国民の皆さんに説明したらいい」と指摘した。

 公明党の山口那津男代表は3日、党本部で記者団に対し「国民は鳩山首相の説明に十分納得していない。首相に就任してから、まだ説明の機会がない」と、臨時国会の早期召集を求めた。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/308678/

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 中川氏に自殺の証拠ない 谷津氏が強調(4日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46383672

この記事へのトラックバック一覧です: 「国会で献金問題説明を」 自公幹部が参考人聴取で追及姿勢(3日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 中川氏に自殺の証拠ない 谷津氏が強調(4日) »