« 北朝鮮住民11人が韓国に亡命 船で越境(5日) | トップページ | ”安心メール”運用開始(5日) »

2009年10月 5日 (月)

鳩山首相側、帳簿を地検に提出 故人献金問題で5年分(5日)

鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書の「故人献金」をめぐり、首相や元秘書らが政治資金規正法違反(虚偽記載など)容疑で告発された問題で、団体側が会計帳簿などを東京地検特捜部に任意提出したことが関係者の話でわかった。特捜部は収支報告書に名義が使われた「寄付者」らの参考人聴取を本格化させており、並行して帳簿類の分析を進めるとみられる。

 関係者によると、提出されたのは08年までの5年分の帳簿と関係資料。鳩山首相は6月30日の記者会見で、故人や献金していない人の名義を使った虚偽記載があったことを認めている。虚偽献金は05年からの4年間に計192件あり、総額は2177万8千円に上る。約90人が氏名を使われたという。

 この問題では鳩山首相と友愛政経懇話会の会計責任者の政策秘書、事務担当の元公設第1秘書が同法違反容疑で地検に告発された。 Logo3_2 http://www.asahi.com/politics/update/1004/TKY200910040275.html

 

« 北朝鮮住民11人が韓国に亡命 船で越境(5日) | トップページ | ”安心メール”運用開始(5日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46398518

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相側、帳簿を地検に提出 故人献金問題で5年分(5日):

« 北朝鮮住民11人が韓国に亡命 船で越境(5日) | トップページ | ”安心メール”運用開始(5日) »